ルンバ

ルンバ人気5機種比較ランキング。ルンバi7+・i7・960・e5・643はどれがいい?

ルンバ人気機種比較ランキング

こんにちはルンバ960ユーザーのうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

ルンバって種類が多いですよね。というか多すぎます。どうやって比較すればいいのか分かりにくいです。

細かく機能を比較をして、おすすめモデルを紹介しているサイトはあります。

確かに詳しくてありがたいのですが、比較が細かすぎて、結局何を選ぶべきか迷ってしまう

「吸引力を生み出す構造がこうなってるから、このルンバがおすすめです!」と説明されても、全然ピンとこない。

家電そんなに詳しくないし・・・。

という人も多いのではないでしょうか?少なくとも、私がルンバを比較・検討した時はそう思いました。

安心してください。

そんな人のために、この記事ではルンバユーザーである私の独断と偏見で、便利そうな機能のみを抽出してピックアップし、「感覚的に」比較していこうと思います。

ただ、やみくもに比較をしても仕方がないので、この記事では特に人気のある、ルンバ最新モデルを含む5機種をピックアップして、比較の上、おすすめモデルのランキング付けをしたいと思います。

ルンバ960ルンバ960

「え、でもルンバ960を使ってるんだったら、ルンバ960がおすすめなんでしょ?」

と思いましたよね?

はい、ルンバ960はおすすめです。ただ、1番ではないんですね。

じゃあなんで買ったのか?

買った後にいいモデルが出たんですよね。。。ルンバ960も良いんですけどね。

というわけで、ルンバ公式サイトで購入できて、かつネット(価格コムなど)でも人気の高いルンバの機種5種をピックアップして、私の独断と偏見で比較の上、おすすめモデルのランキング付けをしていきたいと思います。

価格・性能(スペック)などを総合的に判断したおすすめランキングです。価格コムで人気でも、個人的にオーバースペックじゃない?と思う機種は低めの順位となりました。

2019年2月に発売された最新モデルであり、最高性能モデルのルンバi7シリーズ(ルンバi7,ルンバi7+)も比較対象としています。

今回比較する機種は以下です

比較する人気・おすすめモデル
ルンバi7+/ルンバi7/ルンバ960/ルンバe5/ルンバ643

Contents

人気ルンバモデルの比較にあたって

ルンバにはいろいろな機種があり、比較しきれないほどです。

主なものでいえば、ルンバ900シリーズ、ルンバ800シリーズ、ルンバ600シリーズ、ルンバe5などでしょうか。

これらに加えて、2019年2月にはルンバi7シリーズも発表されました。ルンバi7シリーズは、ルンバシリーズ最高モデルの位置づけです。

また、シリーズの中でもいくつかのモデルが存在しており、例えばルンバ800シリーズであればルンバ890/885/880/876/875/871/870と7モデルも存在します。

そんなに比較しきれないですし、細かく比較しても家電好きくらいの方しかピンとこないと思います。

この記事では、思い切ってルンバ5機種に絞って比較をして、おすすめモデルを紹介していきます。

この5機種はルンバの公式サイトのトップページでも機能比較がされており、ルンバが今「イチオシ」のモデルだと考えられるからです

また今回比較する5機種は、価格比較サイト「価格コム」でも人気の高いモデルでもあります。

補足ですが、ルンバ890は価格コムでも人気の高いシリーズです。

しかし800シリーズの後継機としてルンバe5が発売され、価格もグっと抑えられていますので、今回は800シリーズは比較対象から外しています。

ルンバ各種モデルの価格、機能、人気比較の一覧

これは私の使っているルンバ960これは私の使っているルンバ960

私の独断と偏見で、必要と思われる機能を抽出しました。感覚的に分かりやすいように書いています。

 ルンバi7+  ルンバi7 ルンバ960 ルンバe5 ルンバ643
価格(定価) \129,880 \99,880 \69,880 \49,880 \29,880
価格コム
人気ランキング
2 6 3 1 4
発売日 2019.3.8   2019.2.22 2016.8.26 2018.10.26 2018.8.3
カメラ搭載  〇 × ×
動き方 直線的 直線的 直線的 ランダム ランダム
吸引力 10倍 10倍 5倍 5倍 1倍
稼働時間 75分 75分 75分 90分 60分
アプリ対応 ×
マップレポート × ×
ダスト容器 洗える 洗える 洗えない 洗える 洗えない

※価格コムでの人気ランキングは登録されているルンバ14製品の中のランキングです。(2019年4月現在)

本当はもっと細かいです。特にルンバi7シリーズなどは、値段なりに他の細かい機能とかあるんですが、使っていて特に実感が持てなそうな機能は端折っています。

おすすめルンバ機種の性能差と価格の関係

ルンバi7+ ルンバi7 ルンバ960 ルンバe5 ルンバ643
価格(定価) \129,880 \99,880 \69,880 \49,880 \29,880

かつてルンバの性能は、基本的に数字が大きくなるほど上がっていくと考えて差し支えありませんでしたが、最近の機種は分かりにくくなっています。

当然ながら、値段が高い順に性能(スペック)は高くなります。おすすめ5機種のスペック比較で言えば、

ルンバi7+>ルンバi7>ルンバ960>ルンバe5>ルンバ643

となります。

また、ルンバ960およびルンバ643は、ルンバi7シリーズが発売されたのに伴い、それぞれ定価が以下のように引き下げられました。

ルンバ643:¥39,880→¥29,880 ※1万円価格引き下げ
ルンバ960:¥89,880→¥69,880 ※2万円価格引き下げ

性能がダウングレードしたわけではないのにも関わらず、これだけ価格が下がりましたので、両機種とも魅力的な価格体系になったと言えます。

価格コムでの人気ランキングについて

ルンバi7+ ルンバi7 ルンバ960 ルンバe5 ルンバ643
価格コム
人気ランキング
2 6 3 1 4

価格コム人気ランクの数字は、価格コムに掲載されているルンバ14機種中のランキングを表示しています。(2019年4月時点)

価格コムの人気No.1|ルンバe5

価格コムにおいて、ルンバe5が一番人気です。ルンバ800シリーズの後継機として発売され、機能面、価格面ともにGoodということで人気を博しています。

機能面、価格面で松竹梅があったら真ん中の「竹」を選ぶという人間の心理的なところもあるのかもしれません。

価格コムの人気No.2|ルンバi7+

意外と言えば意外です。高いですからね。高すぎるともいえる。

私は買えません。ひがんでいないんですけど、よく買えますね、みなさん・・・。

発売したばかりだから家電好きの人が買ってるだけかもしれません。

いや。決してひがんでいるわけではない。

間違いなく最高スペックですからね。ルンバi7+は。

価格コムの人気No.3|ルンバ960

私が持っているルンバ960。やはり人気が高いです。

ルンバ900シリーズは、ルンバi7シリーズが発売される前はシリーズ最高モデルでした。

性能の高さは抜群です。性能はそのままで価格が引き下げられたのですから、お得感で人気があるのも納得です。

ナビゲーションテクノロジー(カメラ搭載の有無)

ルンバi7+ ルンバi7 ルンバ960 ルンバe5 ルンバ643
カメラ搭載  〇 × ×
動き方 直線的 直線的 直線的 ランダム ランダム

正確にはナビゲーションテクノロジーの種類ということになりますが、分かりにくいのでカメラ搭載の有無としました。

ルンバi7シリーズおよびルンバ900シリーズにはカメラが搭載されているため、ルンバ自身が位置を把握することができるので、効率的な動き方ができます。カメラが搭載されているモデルは直線的、カメラが搭載されていないモデルは動き方がランダムになります。

ルンバ960はカメラが搭載されていて直線的に動くルンバ960はカメラが搭載されていて直線的に動く

ルンバe5以下のモデルは、下の動画のようにランダムに動きます。同じところを何度も通るということですね。

なお、一応正確には、ナビゲーションテクノロジーはそれぞれ以下のテクノロジーを採用しています。これだけ見てもよくわからないですよね。

ルンバi7シリーズ:iAdapt3.0ビジュアルローカリゼーション
ルンバ960:iAdapt2.0ビジュアルローカリゼーション
ルンバe5・643:高速応答プロセスiAdapt

おすすめルンバ機種の吸引力

ルンバi7+ ルンバi7 ルンバ960 ルンバe5 ルンバ643
吸引力 10倍 10倍 5倍 5倍 1倍

600シリーズの吸引力を「1倍」とした場合の比較です。

はっきり言って基準の600シリーズがどの程度なんだよ。って話ですよね。

この記事は「感覚的な」機能比較をコンセプトにしているのでザックリ書きますが、他の方のレビューを見ると、600シリーズだと多少ゴミが拾いきれないという記事が散見されます。

私が使っているルンバ960はゴミが拾いきれていないと感じたことはないので、問題ないレベルです。

吸引力が同じのルンバe5もルンバ960と同等だと思います。

ルンバの吸引力の比較については以下の記事で詳しく検証しています。実際に私が持っているルンバ960で、色々なゴミ、色々な場所(フローリング、カーペット、畳)などで吸引力実験をしました。

ルンバ吸引力実験
【動画】ルンバ吸引力実験。カーペットや畳でゴミは吸い取れるのか?隅っこは?ルンバの吸引力ってどれくらいなの?カーペットや畳(たたみ)の上でもきちんとゴミを吸い取ることができるの?と思う方も多いでしょう。そんな方のためにルンバユーザーの私が様々な角度から実験を行いました。豊富に動画を使っています。...

稼働時間

ルンバi7+ ルンバi7 ルンバ960 ルンバe5 ルンバ643
稼働時間 75分 75分 75分 90分 60分

うちの場合はリビング+ダイニング+別部屋の20畳弱くらいを毎日掃除していますが、だいたい30分程度で掃除が終わります。

どのタイプも60分以上の稼働時間がありますので、豪邸でなければ、問題ないレベルかと思っています。

アプリ対応、Cleanマップレポートの有無

ルンバi7+ ルンバi7 ルンバ960 ルンバe5 ルンバ643
アプリ対応 ×
マップレポート × ×

ルンバ643以外はアプリ対応です。ルンバがWifi接続できる条件下という制約はありますが、アプリは非常に便利です。アプリでルンバを操作できたり、スケジュール設定も可能です。

毎日ルンバに掃除してもらうパターンのスケジュール。時間も指定可能毎日ルンバに掃除してもらうパターンのスケジュール。時間も指定可能

Cleanマップレポートは便利

特に、ルンバi7シリーズ、ルンバ900シリーズはCleanマップレポートが作成されて、部屋のどの部分を掃除したのかまで把握できます。これは地味に便利な機能です。

清掃マップ。ルンバが入れないところなどは白くなっている清掃マップ。ルンバが入れないところなどは白くなっている

うちはブラーバも持っているのですが、ブラーバはマッピング機能がありません。当然、ブラーバをいつも観察しているわけではないので、きちんと隅まで掃除しているかは把握できません。

きれいになっているから、おそらくやってるんだろうな~というレベルです。

その点、マップレポートが作成されるルンバ960はきちんと掃除した範囲が把握できて満足度も高くなります。

きちんと掃除されている感がある。

洗えるダスト容器

ルンバi7+ ルンバi7 ルンバ960 ルンバe5 ルンバ643
ダスト容器 洗える 洗える 洗えない 洗える 洗えない

かつてはルンバe5だけについている機能です。

ルンバi7シリーズにもこの機能がついて発売されることになりましたね。

これ、すごくいいと思うんです。

ルンバe5はダストボックスの丸洗いが可能(公式サイトより)ルンバe5はダストボックスの丸洗いが可能(公式サイトより)

ダスト容器ってやっぱりホコリまみれで汚くなるんですよね。でも、洗ったらだめなんです。モーターがついているので丸洗いできない。

ダストボックスはホコリまみれになりがちルンバのダストボックスはホコリまみれになりがち(写真はルンバ960)

まとまったゴミは捨てられるので、気持ちの問題なんですが、ちょっと気持ちが悪い

なので、(自己責任で)私はたまに、モーターに影響が出ない範囲で慎重に水洗いしたりするんですが、やっぱりすっきりしない。

いや、問題ないんですよ。ちょっとホコリが付いたままルンバに装着しても。ルンバの内側の話ですし、どうせ汚れるんで。

でも、どうせゴミ捨てるんなら、ダスト容器もきれいにしたい。

洗えるダスト容器は日本人ユーザーの要望で実現した機能のようですね。分かる。すごくわかる。

洗えるダスト容器、いいと思います。

ルンバおすすめ・比較ランキングの発表

果たして、ランキングNo.1のルンバは?果たして、ランキングNo.1のルンバは?

さて、ここまでおすすめモデルの機能比較を感覚的に行ってきましたが、いよいよ、私の独断と偏見による「おすすめ・比較ランキング」の発表を行っていきたいと思います。

機能比較では表面上のスペック比較しかしませんでしたが、以下では各機種ごとに特徴を詳しくまとめています。

それでは第5位から発表します。※番外編もあります。

ルンバおすすめ・比較ランキング|5位・ルンバ643

お手軽価格のルンバエントリーモデル

リーズナブルなルンバ643リーズナブルなルンバ643

■ルンバ643
お手頃価格のルンバエントリーモデル

価格:29,880円(税抜き)
吸引力:1倍
ゴミ除去量:1倍
稼働時間:最大60分

価格が魅力的なルンバ643。まずはロボット掃除機を試してみたい。という方向けのエントリーモデルです。

ルンバの各機種は「吸引力」、「ゴミ除去量」で比較されることも多いのですが、このルンバ643(600シリーズ)が吸引力、ゴミ除去量の基準となっています。

基準なので「1倍」なんですね。逆に言うと、今回比較する4種類の中では一番吸引力が弱いということになります。

では実際、吸引力はどれくらいなの?と思いますが、イメージはこの動画をご覧ください。

なお、ルンバ643は今回紹介する5機種中で唯一、アプリ非対応です。アプリはスマホからルンバを操作できるので便利なのですが、対応していのはちょっと残念ですね。

エントリーモデルで値段も比較的安くお得感はありますが、やはり他のモデルに比べると機能が劣るため5位としています。

「ルンバ643」を比較検討・購入する

ルンバおすすめ・比較ランキング|4位・ルンバi7

2019年2月発売。ルンバ最新モデル

2019年2月に発売。ルンバi72019年2月に発売。ルンバi7

■ルンバi7
ルンバ最新モデルであり、シリーズ最高級モデル

価格:99,880円(税抜き)
吸引力:10倍
ゴミ除去量:(未公表)
稼働時間:最大75分

2019年2月に販売が発表された最新モデルです。ルンバi7シリーズが発売される前は、ルンバ900シリーズが、ルンバシリーズ最高モデルでした。

しかし、このルンバi7シリーズが新たにシリーズ最高モデルの名を受け継ぎます

ルンバi7シリーズは、ルンバi7ルンバi7+の2機種になります。

ルンバi7シリーズの発売により、ルンバ980は生産中止、ルンバ960はルンバモデルの中ではミドルグレードモデル扱いとなり、価格も2万円引き下げられました。

ルンバi7シリーズの最大の特徴は、ナビゲーションシステムがアップデートされたこと。

ナビゲーションシステムがアップグレードされたルンバi7シリーズナビゲーションシステムがアップグレードされたルンバi7シリーズ

これにより、部屋の形状を記憶し、より効率よく部屋を掃除することができるようになりました。

また、このアップデートによりルンバのアプリを使って部屋を指定して掃除させることが可能になっています。

アプリで掃除する部屋を指定できるアプリで掃除する部屋を指定できる

さらに、吸引力はルンバ600シリーズの10倍。間違いなくルンバシリーズ最高スペックを誇るモデルです。

しかし、価格は高いです。私の主観ですがルンバ960と比較しても、そこまで大幅な性能差がないわりに費用が高いことから、第4位としています。

「ルンバi7」を比較検討・購入する

ルンバi7の性能についてさらに詳しく知りたい方はこちら

ルンバi7は買いか?評価・口コミ
「ルンバi7」は買いなのか?ルンバユーザーの完全主観による評価ルンバ900シリーズを超えるスペックを誇る「ルンバi7」果たしてルンバi7は買うべきなのか?ルンバ960ユーザーである私の完全主観による評価です。...

ルンバおすすめ・比較ランキング|番外編・ルンバ980

かつてルンバ史上最高性能を誇った

ルンバ980.ルンバ最高性能を誇るルンバ980。ルンバ最高性能を誇る

■ルンバ980
かつてルンバ史上最高スペックを誇ったモデル

価格:125,000円(税抜き)
吸引力:10倍(カーペットブースト時)
ゴミ除去量:2倍(カーペットブースト時)
稼働時間:最大120分

ここで突然ですが、番外編です。忘れてはならないのがルンバ980です。

ルンバi7シリーズが発売される以前は、このルンバ980がルンバ最高モデルでした。

残念ながら、ルンバi7シリーズの発売にあたり、ルンバ980は生産中止になります。

しかし在庫が残っている場合はまだ販売がされている場合があるので、「番外編」としてランキングに入れてみました。

おすすめレベルとしては、3位~4位の間くらいです。

吸引力は600シリーズの実に10倍。(カーペットブースト時)

カーペットブーストというのは、カーペットやラグの走行時に吸引力がアップする機能です。カーペットの繊維の奥に入り込んだホコリや髪の毛もしっかりと取り除くことができます。

カーペットやラグの上になると更に吸引力が上がるカーペットやラグの上になると更に吸引力が上がる

AeroForce(エアロフォース)クリーニングシステムを採用していて、特殊なローラーでゴミを浮き上がらせて、吸い取ることができます。

エアロフォースシステムイメージエアロフォースシステムイメージ

また、ルンバ960と同様、本体にカメラが内蔵されていて、ルンバ自身が今どこにいるのか、部屋のどこが掃除されていないかを判断することができます。

動きは効率的で無駄がありません。

内臓されているカメラで部屋全体を把握内臓されているカメラで部屋全体を把握

また、アプリでスマホからルンバの操作ができ、ルンバの起動、スケジュール管理なども簡単にでき便利です。

「ルンバ980」を比較検討・購入する

ルンバ980の性能についてさらに詳しく知りたい方はこちら

ルンバ980メイン
かつてのシリーズ最高モデル「ルンバ980」についてルンバユーザーが評価してみたルンバ史上最高性能を誇るルンバ980。高性能なのは間違いないのですが、値段もかなりお高め。よく比較されるルンバ960との違いについて、ルンバユーザーの目線で比較していきます。...

ルンバおすすめ・比較ランキング|3位・ルンバi7+

ロボット掃除機の常識を変えるルンバ最高モデル

2019年3月8日発売。ルンバi7+2019年3月8日発売。ルンバi7+

■ルンバi7+
ルンバ最高スペック、かつロボット掃除機の常識を変えるモデル

価格:129,880円(税抜き)
吸引力:10倍
ゴミ除去量:(未公表)
稼働時間:最大75分

ルンバ最高シリーズであるルンバi7シリーズ。その中でも最高スペックを誇るのがこのルンバi7+です。

ナビゲーションシステムや、吸引力などはルンバi7と違いはありません。

しかし、ルンバi7+の最大の特徴は、ゴミを捨てる手間が大幅に減る。ということ。

以下の動画をご覧ください。

すごいですね。私は感動しました。

ホームベースに「自動ゴミ収集機」がついていて、ルンバが吸取ってきたゴミをホームベース上で自動で吸い上げて、貯めることができます。

かつて、ゴミも勝手に捨ててきてくれないかな~なんて思ってたことがありましたが、これでほぼ実現したと言えます。

ルンバi7+の最大の特徴。なんか未来感すらある。ルンバi7+の最大の特徴。なんか未来感すらある。

収集できる(貯めることのできる)ゴミは、ダスト容器の30杯分。

ダスト容器は3~5日で満杯になるので、仮に3日だとしても、3日×30杯=90日。5日だとしたら、5日×30杯=150日間は、ゴミを捨てに行かなくてもいいことになります。

これこそまさに究極の自動掃除ロボット。現時点で、ロボット掃除機最高のモデルと言えます。

ただ、高い。ちょっと手が出ない。ということで3位にしています。

私もお金があったら買いたいです。

「ルンバi7+」を比較検討・購入する

ルンバi7+の性能についてさらに詳しく知りたい方はこちら

ルンバi7+はロボット掃除機の常識を変える
手間が激減「ルンバi7+」はロボット掃除機の常識を変える。評価は?ルンバi7+はロボット掃除機史上、最高の自動ロボットと言えます。ダスト容器に貯まったゴミを自動で収集できる機能。この発想はありませんでした。ルンバユーザによる評価です。...

ルンバおすすめ・比較ランキング|2位・ルンバ960

値下げしてお買い得に。性能は抜群のモデル

段差があっても問題なし段差があっても問題なし

■ルンバ960
値下げしてお買い得に。性能は抜群のモデル
価格:69,880円(税抜き)
吸引力:5倍
ゴミ除去量:1.5倍
稼働時間:最大75分

私が持っているルンバ960が第2位です。ルンバi7シリーズが出る前までは、ルンバ900シリーズがルンバシリーズ最高モデルであったことは何度か書いた通りです。

ルンバi7シリーズの発売に伴い、相対的にミドルグレードのモデルの扱いとなりましたが、価格も2万円引き下げられました。スペックが落ちたというわけではありません。

このレベルの性能で、価格が2万円も下がったというのは非常に大きいと思います。

稼働時間は75分ですが、十分です。よほど広い家でもない限りほぼ問題ないでしょう。うちの場合、いつも複数の部屋を合わせて20畳くらいを掃除しているのですが、だいたい30~40分で掃除が完了しています。

毎日ルンバに掃除してもらうパターンのスケジュール。時間も指定可能毎日ルンバに掃除してもらうパターンのスケジュール。時間も指定可能

吸引力はルンバ600シリーズの5倍です。ルンバi7シリーズと比較すると吸引力は劣りますが、特に問題を感じたことはありません。

「吸引力5倍」というのがどの程度か?ということを詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

糸、紙、綿、ビーズ(大小)などのゴミを対象に、フローリングやカーペット、畳の上でどの程度吸えるのか?という実験をしています。

ルンバ吸引力実験
【動画】ルンバ吸引力実験。カーペットや畳でゴミは吸い取れるのか?隅っこは?ルンバの吸引力ってどれくらいなの?カーペットや畳(たたみ)の上でもきちんとゴミを吸い取ることができるの?と思う方も多いでしょう。そんな方のためにルンバユーザーの私が様々な角度から実験を行いました。豊富に動画を使っています。...

掃除した範囲をMAPで示してくれる機能も個人的にはお気に入りです。

清掃マップ。ルンバが入れないところなどは白くなっている清掃マップ。ルンバが入れないところなどは白くなっている

「ルンバ960」を比較検討・購入する

ルンバ960の性能についてさらに詳しく知りたい方はこちら

ルンバ960使用レビュー
【値下げしてお手頃価格に】ルンバ960使用レビュー・感想・口コミ私はルンバ960ユーザーです。ルンバ960はルンバの中でも上から2番目の最上位に近いモデルなのですが、使用してみての感想、感じたメリット・デメリットについて口コミ的にレビューしていきたいと思います。...

ルンバおすすめ・比較ランキング|1位・ルンバe5

お値段以上。コストパフォーマンス・人気ともにNo.1のモデル

ルンバe5。2018年10月28日に発売されたルンバe5。2018年10月28日に発売された

■ルンバe5
お値段以上。コストパフォーマンス・人気ともにNo.1のモデル
価格:49,880円(税抜き)
吸引力:5倍
ゴミ除去量:1.5倍
稼働時間:最大90分

ルンバおすすめ・比較ランキングの第1位はルンバe5です。2018年10月に発売されて間もなく、人気機種になりました

理由は値段がリーズナブルなわりに高性能だからです。

ルンバe5はハイエンドモデルのルンバ800シリーズの後継機として発売されました。ルンバ800シリーズのうちの1つ、ルンバ890は69,880円(税抜き)で7万円程度でした。

ルンバe5はルンバ800シリーズの性能は引き継ぎつつ、いや、さらにアップグレードしたにも関わらず、値段が5万円程度と低めに設定されており、かなりお買い得モデルとなっています。

特に個人的にいいなと思っているのが、ダストボックスが丸洗いできること。

ダストボックスはホコリまみれになることが多く、気分的に嫌なんですが、丸洗いできるというのはかなり良い機能だと思います。

ルンバe5はダストボックスの丸洗いが可能(公式サイトより)ルンバe5はダストボックスの丸洗いが可能(公式サイトより)

これは使ってみてありがたみが分かる機能ですが、すばらしいと思います。

何より「ダストボックスを洗いたい」というのは、日本人ユーザーからの要望が多かったからだとか。

一つ上のルンバ960との性能比較をすると、

■ルンバe5とルンバ960の機能比較
吸引力、ゴミ除去量
→同等
稼働時間→ルンバe5の方が長い
アプリ→どちらも使える
カメラ→ルンバe5はついていない
CleanMapレポート→ルンバe5はついていない

という感じになります。

ルンバ960はルンバe5と比較すると、カメラが付いている分効率的に掃除ができ、かつ掃除した範囲が把握できる。というのがメリットです。

しかし、そこまでこだわらない場合はルンバe5で全く問題ないかな。と思います。

何より価格がリーズナブルですよね。

「ルンバe5」を比較検討・購入する

ルンバe5の性能についてさらに詳しく知りたい方はこちら

ルンバe5性能評価
お値段以上「ルンバe5」の性能をルンバユーザーがじっくり評価してみた発売直後から人気モデルになった「ルンバe5」それもそのはず。ハイエンドモデルのルンバ800シリーズの後継機でありながら、お値段は2万円も安くなっているという驚きの価格設定。そんなお値段以上のルンバe5の性能について詳しく見ていきます。...

ルンバおすすめ・比較ランキングまとめ

新品のルンバのお目見え(半年ぶり2度目)新品のルンバのお目見えした時の写真。この興奮もあなたに。

ルンバの人気5機種を比較しましたが、あえて5機種で比較するなら。ということで比較・ランキング付けを行いました。

5位のルンバ643でも性能が極端に劣るということはないでしょうし、何よりルンバを導入するメリットは、掃除に割く時間が大幅に減ること。

人間が掃除機をかけるより効率的ですし、毎日掃除をすることができて、よりよい生活を送ることができます。

デメリットと言えば、ルンバを導入すると、ルンバなしの生活には戻れなくなってしまうこと、くらいでしょうか。

私は一度、ルンバを修理に出したことがあるのですが、毎日床掃除をしてくれているルンバのありがたさを再確認しました。

早く帰ってきてほしい。と。

ルンバを購入する時、性能が良いものを買いたいと思えばその分高いですし、悩ましいですよね。

ただ、どこまでが必要な機能で、どこまでが不要な機能なのか?ということを比較・検討して、是非この機会にルンバ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめのルンバを購入する

おすすめ1位「ルンバe5」

コストパフォーマンスが高く、オススメNo.1のルンバe5

性能はミドルクラスモデルと遜色なく、価格帯も5万円台とかなりお手頃価格。さらにダストボックスが洗えるなど機能面でも優れています。

初めてルンバを買うならまずこのルンバe5が断然おすすめです!

おすすめ度
コストパフォーマンス  低価格ながら高機能
吸引力  吸引力は5倍
人気  価格コムでの人気No.1

詳細解説ページ >>「ルンバe5」公式サイト >>

おすすめ2位「ルンバ960」

かつてルンバ最高性能だったルンバ900シリーズ。

ルンバi7シリーズの発売によりミドルグレードモデルとなったものの、機能は未だ高性能レベル。

機能はそのままで定価が値下げされたため、お買い得なモデルになっています。

おすすめ度
コストパフォーマンス  定価が下がり、機能はそのまま
吸引力  吸引力は5倍
人気  ミドルグレードモデルで人気

詳細解説ページ >>「ルンバ960」公式サイト >>

おすすめ3位「ルンバi7+」

新発売のルンバi7シリーズの中でも最高性能を誇るルンバi7+。

その特徴は何といっても「自動ゴミ収集機能

かなりの高価格ではあるものの、未来感のあるこのモデルは持っているだけで満足度の高まる家電であることは間違いありません。

おすすめ度
コストパフォーマンス  値段はかなり高いものの、超高性能
吸引力  驚きの吸引力10倍!
人気  新発売ということもあり人気は高い

詳細解説ページ >>「ルンバi7+」公式サイト >>