ルンバ

ルンバs9+レビュー。進化したルンバに死角はなく、性能は史上最高に

ルンバs9+レビュー・口コミ・評判

こんにちは。ルンバユーザーのうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

吸引力40倍のすごいルンバが出ました。その名も「ルンバs9+」

うちたけ
うちたけ
吸引力が40倍って全然想像できないですよね

ルンバs9+は形状が今までのルンバとは違うのは一目瞭然です

ルンバs9+は今までのルンバと形が全然違うルンバs9+は今までのルンバと形が全然違う

これまでのルンバは円形でしたが、ルンバs9+は前方が角ばった形で「D」のような形をしています。

うちたけ
うちたけ
この形になったことで、今までルンバの唯一の弱点だった「スミ」の掃除が完璧にできるようになりました
従来のルンバでは届かなかった部屋のスミにもルンバs9+はアプローチできるようになった!従来のルンバでは届かなかった部屋のスミにもルンバs9+はアプローチできるようになった!

今回、アイロボット ファンプログラムの企画で「ルンバ s9+」のモニターとなる機会をいただきましたので、この記事ではルンバs9+のレビュー、性能や特徴についてまとめていきます。

ルンバs9+のメリット、性能や特徴

ルンバs9+の特徴や性能ルンバs9+の特徴や性能

ルンバs9+は数あるルンバシリーズの中でも最高性能のモデルです。

吸引力が40倍にアップしただけではなく、形そのものを進化させたことで、今まで苦手だった部屋のスミの掃除も得意になりました。

ルンバs9+は部屋のスミの掃除が得意になったルンバs9+は部屋のスミの掃除が得意になった

また、収集してきたゴミはクリーンベースと呼ばれる自動ゴミ収集機で再度吸い上げられて、ゴミ捨ての手間も激減します。

ルンバs9+のクリーンベースルンバs9+のクリーンベース

さらに、高度なナビゲーションテクノロジーを備えていて、スマホアプリから清掃範囲の指定や進入禁止エリアの設定まで自由自在です。

ルンバs9+はアプリから進入禁止エリアの設定ができる(複数)ルンバs9+はアプリから進入禁止エリアの設定ができる(複数)
うちたけ
うちたけ
ルンバs9+の特徴についてさらに詳しくみていきます

40倍の吸引力

ルンバs9+の吸引力は?ルンバs9+の吸引力は?

ルンバs9+の吸引力は、基準モデルであるルンバ600シリーズの40倍もあります。

うちたけ
うちたけ
一応、様々なシチュエーションで吸引力の実験を行いましたが、全く問題ないレベルですね。

ルンバs9+の吸引力実験

ルンバs9+吸引力実験結果

フローリングカーペット
紙片(小)紙片(大)綿ビーズ紙片(小)紙片(小)

一回の走行で吸いっとった場合・・◎
複数回の走行で吸引した場合・・〇
取りこぼしが目立った場合・・△

さらにルンバs9+はブラシの幅が従来より30%も広くなったことにより、一度に広い範囲を清掃することができるようになりました。

ルンバs9+は従来のルンバより回転ブラシの幅が30%広いルンバs9+は従来のルンバより回転ブラシの幅が30%広い
ルンバ960とルンバs9+のブラシ比較ルンバ960とルンバs9+のブラシ比較
うちたけ
うちたけ
それだけ効率的に部屋の掃除ができるようになったということですね

部屋のスミの掃除もしっかり

ルンバs9+は部屋のスミの掃除が得意になったルンバs9+は部屋のスミの掃除が得意になった

ルンバs9+はこれまでのルンバと見た目も違います。

うちたけ
うちたけ
円形から、D形に進化しました

ルンバs9+が発売される前までのルンバは、円形をしていたため、どうしても部屋のスミの掃除が苦手でした。

ルンバ960が部屋のスミを掃除している様子

うちたけ
うちたけ
サイドブラシがスミに届かないからですね

一方、ルンバs9+は全面が角ばった「D型」をしているため、部屋の四隅にしっかりフィットします

ルンバs9+が部屋のスミを掃除している様子

今回、ルンバs9+は設計そのものを見直し、形が変わっただけではなく、サイドブラシの本数もこれまでの3本から5本に増えています

サイドブラシの羽は3本から5本に増えたサイドブラシの羽は3本から5本に増えた
従来のルンバ(右)とルンバs9+(左)のサイドブラシ比較従来のルンバ(右)とルンバs9+(左)のサイドブラシ比較
うちたけ
うちたけ
よりきめ細やかにゴミをかきこむことができるようになっています
サイドブラシが回転している様子サイドブラシが回転している様子

自動ゴミ収集機がすごい

ルンバs9+はクリーンベース(自動ゴミ収集機)がついているルンバs9+はクリーンベース(自動ゴミ収集機)がついている

通常のロボット掃除機であれば、本体についているダストボックスにゴミを貯め、満杯になったらゴミを捨てるのが普通でした。

うちたけ
うちたけ
週に1~2回はダストボックスを空にする必要がありました
ルンバs9+のダストボックスは本体内部に内蔵されているルンバs9+のダストボックスは本体内部に内蔵されている

しかし、ルンバs9+は充電台が自動ゴミ収集機(クリーンベース)になっていて、ルンバs9+が持ち帰ったゴミを吸い上げることで掃除のたびにダストボックスを空にしてくれます

クリーンベースでゴミを吸い上げるイメージクリーンベースでゴミを吸い上げるイメージ

ルンバs9+のクリーンベースがゴミを吸い上げている様子

ゴミを吸い上げる穴ゴミを吸い上げる穴

クリーンベースには専用のパックが備え付けられていて、ダスト容器30杯分のゴミを収納可能です。

ルンバs9+のクリーンベースには専用パックが備え付けれらえているルンバs9+のクリーンベースには専用パックが備え付けれらえている
パックがいっぱいになったら取り外して捨てるだけパックがいっぱいになったら取り外して捨てるだけ
うちたけ
うちたけ
ゴミ捨ての頻度が激減しますね。 

なお、クリーンベースがあるため、ダスト容器は常にほぼゴミがない状態できれいなのですが、水洗いすることもできます。

ダストボックスを取り出してダストボックスを取り出して
ルンバs9+のダストボックスを水洗いすることができるルンバs9+のダストボックスを水洗いすることができる
うちたけ
うちたけ
多少ホコリは付いているので、たまに水洗いをすればスッキリしますね

スマートフォンアプリとの連携

ルンバs9+はスマホアプリと連動して様々なことができるルンバs9+はスマホアプリと連動して様々なことができる

ルンバs9+はスマートフォンのアプリと連携することで、さらに便利さが増します

マッピング機能

ルンバs9+はvSLAMナビゲーションという高度なナビゲーションシステムを搭載しています。

vSLAMナビゲーションテクノロジーのイメージvSLAMナビゲーションテクノロジーのイメージ

vSLAMナビゲーションは毎秒230,400以上のデータポイントを取得し、そのデータで家の中の環境を詳細にマッピングし学習することができます

うちたけ
うちたけ
ルンバs9+を2~3回動かすと、部屋を正確にマッピングしてくれます
ルンバs9+のカメラセンサールンバs9+のカメラセンサー

どこにいても現在位置を正しく認識し、清掃済みのエリアとこれから清掃するエリアも判別してくれるので、効率よく動いてくれます

清掃エリアの指定や進入禁止エリアの設定が可能

ルンバs9+はスマホアプリでエリア区分や進入禁止エリアの設定が可能ルンバs9+はスマホアプリでエリア区分や進入禁止エリアの設定が可能

ルンバs9+はスマホアプリから清掃エリアの指定や進入禁止エリアの設定が可能です。

うちたけ
うちたけ
設定は簡単です

エリアを区分けして、掃除してほしいエリアだけを指定したり、進入禁止エリアを任意の広さに設定することができます。

エリアの区分けや進入禁止エリアの設定エリアの区分けや進入禁止エリアの設定
うちたけ
うちたけ
進入禁止エリアは複数設定することができます

ブラーバジェットm6との連動

ルンバs9+はブラーバジェットm6と連動して動くことができるルンバs9+はブラーバジェットm6と連動して動くことができる

ルンバs9+は水拭き専用ロボットであるブラーバジェットm6と連携して動かすことができます。

ルンバs9+とブラーバジェットm6の連携は簡単にできるルンバs9+とブラーバジェットm6の連携は簡単にできる

スマホアプリで連動するように設定すれば、ルンバs9+が掃除を終えたあと、ブラーバジェットm6が水拭きをはじめてくれます。

アプリから簡単にルンバs9+とブラーバジェットm6のリンク設定ができるアプリから簡単にルンバs9+とブラーバジェットm6のリンク設定ができる

うちたけ
うちたけ
ゴミ取りはルンバ、水拭きはブラーバジェットに任せることで、部屋の掃除は完璧ですね

ブラーバジェットm6のレビューは以下でまとめています。

ブラーバジェットm6のレビュー・口コミ
ブラーバジェットm6のレビュー・口コミ。最高に賢くなった床拭き掃除ロボットブラーバジェットm6のレビュー・口コミ。従来のブラーバジェットに比べてだいぶ賢くなっています。スケジュール設定ができたり、ホームベースで自動充電ができたり。中でもルンバi7シリーズと連携して掃除ができるという点は革新的です。価格もそれなりにしますが、すばらしいロボット掃除機です。...

スマートスピーカーに対応

ルンバs9+はスマートスピーカーに対応しています。

うちたけ
うちたけ
Google アシスタントAmazon Alexaを使ってハンズフリーで操作可能になります
GoogleHomeを使ってルンバs9+を動かすところGoogleHomeを使ってルンバs9+を動かすところ

ルンバs9+のデメリット・気になるところ

ルンバs9+の気になるところルンバs9+の気になるところ

メリットも多いルンバs9+ですが、いくつかデメリットや気になることがあります。

価格が高い

ルンバs9+は気軽に買える価格帯ではないルンバs9+は気軽に買える価格帯ではない

ロボット掃除機として十分な性能と機能を誇るルンバs9+ですが、大きな課題があります。

それは・・

うちたけ
うちたけ
値段が半端なく高いことです

ルンバs9+の価格は定価で¥169,800(税抜)

軽い気持ちで買えるような金額感ではありません。

これだけの性能と機能が備わっていれば仕方がないといえば仕方がないですが、一般家庭だと手は出しづらいですね・・・・。

買ったら間違いないんですけどね・・・買えたらね・・・。買ったら間違いないんですけどね・・・買えたらね・・・。
うちたけ
うちたけ
例えば会社でオフィスの掃除用に購入するとかならいいかもしれないですね

オフィスは床にコード類が多いですし、進入禁止エリアを任意に設定できるルンバs9+は最適かもしれません。

音が気になる

ルンバs9+を動かすと、多少音が気になります。

テレビをつけながらルンバを動かすと、テレビの音はあまり聞こえません。

うちたけ
うちたけ
吸引力もありますからね。ある意味仕方がないのですが・・・

マンション暮らしだと夜に動かしたりするのは少しためらいますね。

クリーンベースが大きい

ルンバs9+のクリーンベースは大きいルンバs9+のクリーンベースは大きい

ルンバs9+のクリーンベースは「奥行き39× 幅31× 高さ49(cm)」ほどの大きさがあります。

2リットルのペットボトルと比べてもこの大きさ2リットルのペットボトルと比べてもこの大きさ
うちたけ
うちたけ
高さがあるので、置き場所に少し困るかもしれません

ルンバs9+を購入する際は、置き場所を決めてから買うといいですね。

ルンバs9+とルンバi7+の違い・比較

ルンバs9+とルンバi7+の違い・比較ルンバs9+とルンバi7+の違い・比較

ルンバs9+が発売される前までは、ルンバi7+が最高性能のモデルでした。

ルンバi7+もロボット掃除機としての性能は十分なのですが、比べると違いはあります。

ルンバs9+とルンバi7+比較表

ルンバi7+ルンバs9+
吸引力10倍40倍
部屋のスミの掃除苦手得意
最大稼働時間75分120分
クリーンベースあり
スマホアプリ機能同じ
ブラーバジェットm6連携できる
価格(定価)¥129,880(税抜)¥169,800(税抜)

吸引力はルンバs9+がルンバi7+の4倍あります。

うちたけ
うちたけ
4倍違うとはいえ、ルンバi7+も吸引力は十分ですけどね

ルンバi7+の吸引力実験

また、部屋のスミの掃除はルンバs9+に軍配が上がります。

最大稼働時間にも違いはありますが、日本の家であればルンバi7+の75分でも十分だと思います。

ルンバs9+とルンバi7+はどっちがいい?

うちたけ
うちたけ
部屋を丁寧に掃除したければルンバs9+ですが、ま~、ルンバi7+でも十分優秀ですけどね。

ただ、全てにおいて死角がないのはルンバs9+です。

ルンバi7+のレビューは以下でまとめています。

ルンバi7+のレビュー・口コミ・評判
ルンバi7+のレビュー・口コミ。価格は高いけど性能は抜群ですルンバi7+のレビュー・口コミ。ルンバi7+はロボット掃除機史上、最高の自動ロボットと言えます。ダスト容器に貯まったゴミを自動で収集できる機能。この発想はありませんでした。ルンバi7+の使い方や、ブラーバジェットm6と連動する様子、ルンバi7との違いについてまとめました。...

ルンバs9+レビュー・評価まとめ

ルンバs9+はこれまでのルンバが唯一苦手としていた部屋のスミの掃除が完璧にこなせるようになりました。

うちたけ
うちたけ
これにより、ルンバに死角はなくなったと言えます
ルンバs9+の価格は高いですが買えば間違いなく満足するモデルですルンバs9+の価格は高いですが買えば間違いなく満足するモデルです

しかし、一方でかなり価格は高いので、買うのは勇気がいりますよね。

ただ、買ったら確実に満足するモデルであることは間違いないですので、検討してみる価値はあります。

会社のオフィスで使うことも想定できますしね。

最高性能のルンバs9+、自宅やオフィスでの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

ルンバs9+の新作発表会の様子は以下でまとめています。ルンバs9+のコンセプトや、ルンバの未来について熱いプレゼンがありました。

アイロボット30周年特別イベント
新作ルンバ「ルンバs9+」発表会レポート。アイロボット社30周年の英知を凝縮した最高傑作2020年2月19日、アイロボット ファンプログラムにご招待いただき「アイロボット30周年特別イベント」に参加してきました。2月28日に発売される「ルンバs9+」のお披露目だけでなく、アイロボット社30年の歩みや、これからの未来についても語っていただきました。...

ルンバの比較は以下でまとめています。

ルンバ比較レビュー。主要全シリーズを使って分かった機種別の選び方
ルンバ比較レビュー。主要全シリーズを使って分かった機種別の選び方【2020年版】【2020年最新】ルンバ比較レビュー。ルンバs9+ルンバi7+、ルンバ960、ルンバe5、ルンバ643、ルンバ671という人気の高い全モデルを使用した筆者による評価をまとめました。コスパが良いものからロボット掃除機としての究極のモデルまで様々な角度からまとめています。【比較表一覧】...

吸引力の基準値ってどのくらい?と思ったら、基準モデル(吸引力1倍)であるルンバ600シリーズのレビューをご覧ください。

ルンバ643レビュー・口コミ
ルンバ643レビュー・口コミ。エントリーモデルでも性能・吸引力ともに十分ですルンバ643のレビュー・口コミ。ルンバ642やルンバ641との違い。ルンバ643は価格も3万円程度と、ルンバシリーズの中ではかなりリーズナブルで検討している人も多いと思います。一方、本当に性能は大丈夫なの?と思っている方も多いかもしれません。この記事では吸引力、段差実験などを通してルンバ643の性能評価をしています。...