ルンバ

ルンバ960レビュー・口コミ【値下げしてお手頃価格に】

ルンバ960レビュー・口コミ

こんにちは。ロボット掃除機を色々試しているうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

ルンバ960は私が最初に購入したルンバで思い入れがあります。

うちたけ
うちたけ
ルンバ960を使うとこんなにも掃除が楽になるのか!!と感動したものです
ルンバ960を導入すると掃除の手間が激減しますルンバ960を導入すると掃除の手間が激減します

現在ルンバ960は、ルンバi7シリーズが発売されたことによりミドルクラスモデルになりましたが、私が購入した当初は最高クラスのモデルでした。

うちたけ
うちたけ
そのため、ルンバ960の性能は申し分ありません

ルンバ960の吸引力は基準モデルの5倍を誇り、スマホアプリと連携できるなど、数々の機能が備わっています。

うちたけ
うちたけ
さらに2019年2月には価格(定価)は2万円も下がり、かなりお買い得なモデルになりました
ルンバ960は毛足の長いカーペットやラグの上でもきちんとゴミを吸い取りますルンバ960は毛足の長いカーペットやラグの上でもきちんとゴミを吸い取ります

この記事ではルンバ960を実際に使用してみたレビューや、口コミや評判を中心にまとめていきます。

ルンバ960のメリット・性能や特徴

ルンバ960の特徴や性能は?ルンバ960の特徴や性能は?

ルンバ960はルンバi7シリーズ(i7+,i7)に次ぐ性能を持つ、高性能なモデルです。

うちたけ
うちたけ
ルンバ960」は人気の高い「ルンバe5」より高性能なんですね

※以前はルンバ960の上のモデルとしてルンバ980がありましたが、生産終了となっています。

ルンバ960の大きさは最大幅353mm、高さが92mm、重さも3.9kgとそれなりの大きさと重量があります。

ルンバ960を持つとそれなりに重さを感じるルンバ960を持つとそれなりに重さを感じる
うちたけ
うちたけ
最初ルンバ960を持った時は「おおっ」という重さでしたが、持ち運ぶことはほとんどないので、重量は気にする必要もないですね

稼働時間は最大で75分、最大稼働面積は112畳あり、複数の部屋が掃除できます

ルンバ960が掃除をしている様子ルンバ960が掃除をしている様子
うちたけ
うちたけ
正直な話、普通の家であればここまでの稼働面積は必要なく、十分すぎるといえますね

ルンバ960の特徴

ルンバ960はゴム製のブラシが2つ備わっているルンバ960はゴム製のブラシが2つ備わっている

ルンバ960の吸引力を生み出すシステムとして、AeroForceクリーニングシステムを採用しており、吸引力は基準モデル(ルンバ643)の5倍になっています。

うちたけ
うちたけ
吸引力を生み出すポイントはルンバ960の「ブラシ」部分にあります

ルンバ960は2つの特殊ローラーでゴミを吸引していきます。

ブラシを動かしている様子ルンバ960のブラシを動かしている様子
うちたけ
うちたけ
2つの特殊ローラーは「AeroForce デュアルアクションブラシ」といって特殊なゴムでできています
ルンバ960のデュアルアクションブラシルンバ960のデュアルアクションブラシ

この2つのAeroForce デュアルアクションブラシによって、回転しながらゴミを外側から中央に効率よくかき寄せることができるんですね。

ルンバ960の吸引力は?

ルンバ960の吸引力は基準モデルであるルンバ643の5倍です。

うちたけ
うちたけ
でも、吸引力が5倍と言われてもピンとこないですよね

そこで、ルンバ960の吸引力の実験を行いました。

ルンバ960吸引力実験

ルンバ960吸引力実験結果

フローリングカーペット
紙片(小)紙片(大)綿ビーズ紙片(小)紙片(小)

※動画上では「カーペット×糸」も一回の走行で吸い取ったように見えていますが、実際は多少取りこぼしがありました。ですが、折り返しで吸い取っています。

一回の走行で吸いっとった場合・・◎
複数回の走行で吸引した場合・・〇
取りこぼしが目立った場合・・△

ご覧の通り、ほとんどのシチュエーションで問題なくゴミを吸い取ってくれています。

なお、基準モデルであるルンバ643のレビューは以下の記事をごらんください。

ルンバ643レビュー・口コミ。エントリーモデルでも性能・吸引力ともに十分です

段差は2cmまで登る

公式サイトにも、ルンバ960は2cmまでの段差は登れることになっています。

うちたけ
うちたけ
厚めのラグや絨毯でも問題ないですよね
ルンバ960の段差実験ルンバ960の段差実験

我が家でも1cm~1.5cmくらいの段差はラクラク登ってくれています。

複数の部屋が掃除できる

ルンバ960より下のモデル(ルンバe5以下)は基本的に1部屋の掃除が前提です。

一方、ルンバ960は複数の部屋が掃除可能です。

うちたけ
うちたけ
その秘密はルンバに内蔵されているカメラにあります
ルンバ960に内蔵されているカメラルンバ960に内蔵されているカメラ

ルンバ960はiAdapt2.0ビジュアルローカリゼーションというセンサーシステムを搭載しています。

簡単に言えば、ルンバ本体に搭載されたカメラやセンサーのことです。

うちたけ
うちたけ
ルンバ960自身も、自分が部屋のどこにいるのか分かって動くことができるんですね

この機能によって、ルンバ960はランダムに動くのではなく、効率的に(直線的に)掃除をすることができます。

ルンバ960は直線的に、無駄なく効率的に清掃しますルンバ960は直線的に、無駄なく効率的に清掃します

清掃時間も、カメラがついていないルンバe5に比べると約半分程度の時間で終了します。

スマホアプリと連動できる

ルンバ960はスマホアプリを使って動かすことができます。
※Wifi環境が必要です。

うちたけ
うちたけ
スケジュール設定ができたり、外からでもルンバ960を動かすことができます

スケジュールは曜日ごとに細かく時間設定ができますし、スマホ操作なので感覚的に、かつ簡単に扱えます。

ルンバ960はスマホアプリからスケジュール設定が可能ルンバ960はスマホアプリからスケジュール設定が可能
うちたけ
うちたけ
本体操作やリモコン操作をする必要があるロボット掃除機もある中で、スマホ連動は非常にありがたい機能です

また、Clean Mapレポートといって、ルンバ960が実際に掃除をしたエリアをエリア地図でみることができます。

清掃マップ。ルンバが入れないところなどは白くなっている清掃マップ。ルンバが入れないところなどは白くなっている

具体的に掃除をした箇所が一目瞭然なので「掃除した感じ」が実感できます

うちたけ
うちたけ
意外にチェックしてしまうんですよね。自分が掃除をしたわけでもないのに、なぜか「掃除してやった感」があり満足度も高いです。

ブラーバジェットm6と連動できる

ルンバ960(右)とブラーバジェットm6(左)は連動して動くことができるルンバ960(右)とブラーバジェットm6(左)は連動して動くことができる

ルンバの姉妹シリーズで床拭き掃除に特化したブラーバシリーズがあります。

ルンバ960は、ブラーバシリーズの中でも最高性能のモデル「ブラーバジェットm6」と連携して掃除ができます。

具体的には、ルンバ960が清掃を終えた後、ブラーバジェットm6が床拭き掃除を開始します。

ルンバ960とブラーバジェットm6の連動はスマホで設定するだけルンバ960とブラーバジェットm6の連動はスマホで設定するだけ

え?ルンバ960で掃除した直後にまた掃除するの?と思われるかもしれません。

うちたけ
うちたけ
でもルンバとブラーバは役割が違うんですよね

ルンバはゴミを吸引するのに特化しています。一方、ブラーバは雑巾がけのイメージ。目に見えない汚れもふき取ってくれます。

ブラーバジェットm6が水拭きモードで走行している様子ブラーバジェットm6が水拭きモードで走行している様子
うちたけ
うちたけ
床って意外に汚れているんですよ。
清掃が終わると、かなり床のよごれをふき取ってくれていることが分かりますブラーバジェットm6。清掃が終わると、かなり床のよごれをふき取ってくれていることが分かります

ということで、ブラーバジェットm6を購入するとなると予算が大変ですが、ゆくゆくはブラーバジェットm6と連携させることも視野に入れてルンバ960を購入する。というのもアリだと思います。

うちたけ
うちたけ
ブラーバジェットm6のレビューについては以下の記事でまとめています。→ブラーバジェットm6のレビュー・口コミ。最高に賢くなった床拭き掃除ロボット

バーチャルウォール設定やスマートスピーカーにも対応

ルンバ960はバーチャルウォールで進入禁止にすることができるルンバ960はバーチャルウォールで進入禁止にすることができる

そのほか、ルンバ960はバーチャルウォール設定で進入禁止エリアを作れたり、アレクサなどのスマートスピーカーに対応して動かすことができます。

ルンバ960のデメリット・気になるところ

ルンバ960の気になるところは?ルンバ960の気になるところは?

メリットの多いルンバ960ですが、多少気になる点もあります。

ダストボックスが洗えない

ルンバ960のダストボックスは洗えないルンバ960のダストボックスは洗えない

ルンバ960はダストボックスが洗えません。

もともと、ルンバe5が販売される前までは、ルンバシリーズのダストボックスは洗えないものが一般的でした。

個人的にもダストボックスが洗えないのはなんとなく「気持ち悪いな」と思っています。

ルンバ960のダストボックス。ゴミを捨ててもホコリが多少残るルンバ960のダストボックス。ゴミを捨ててもホコリが多少残る
うちたけ
うちたけ
洗ってもどうせすぐにホコリまみれになるので関係ないと言えば関係ないんですけどね・・・気分の問題です

ただ、実際にルンバe5を使った時は、やっぱりダストボックスが洗えるのはいいな。

ルンバe5はダストボックスが洗えて便利ルンバe5はダストボックスが洗えて便利

と思いましたので、ルンバ960がダストボックスを洗えないのはちょっと残念な点です。

それなりに音がする

ルンバ960の動作音はそれなりにうるさいです

うちたけ
うちたけ
掃除機をかけているイメージです

実際、掃除ロボットなのでそのくらいの音が出てもおかしくはないのですが、特にマンション住まいだと夜にルンバ960を動かすのはためらいます。

うちたけ
うちたけ
動作音と吸引力はある程度比例するので仕方がないんですけどね・・・

ルンバ960の口コミ・評判

ルンバ960の口コミや評判をTwitterから集めてみました。

ルンバ960のレビュー・口コミまとめ

ルンバ960はミドルクラスのモデルとはいえ、かつての最高性能モデルだったこともあり、性能は全く問題ありません

ルンバe5と迷っている方も多いかもしれませんが、予算があればルンバ960をおすすめします

ルンバ960は高性能でおすすめのモデルですルンバ960は高性能でおすすめのモデルです
うちたけ
うちたけ
マッピング機能があったり、ブラーバジェットm6と連動できるのも魅力です。

いずれにしてもルンバをはじめとするロボット掃除機を導入すると生活が劇的に変化します。

この機会にルンバ960を検討してみてはいかがでしょうか?

うちたけ
うちたけ
ルンバ960の購入を迷っている方はレンタルして試してみる。という選択もあります。

ルンバ960はレンティオというサイトからレンタル可能です。

→ルンバ960をレンティオでレンタルする場合はこちら

その他人気のあるルンバモデルとの比較はこちら

ルンバe5のレビュー・口コミ
ルンバe5レビュー・口コミ。リーズナブルな価格でWifiにも対応した高性能人気モデル人気モデル「ルンバe5」のレビュー・口コミ。ルンバe5は性能の高さと価格の安さで人気のあるルンバモデルです。シリーズで初めてダストボックスが洗えるようになりました。この記事ではルンバe5のメリットやデメリット、ルンバ643やルンバ960との比較をしています。...
ルンバi7+のレビュー・口コミ・評判
ルンバi7+のレビュー・口コミ。価格は高いけど性能は抜群ですルンバi7+のレビュー・口コミ。ルンバi7+はロボット掃除機史上、最高の自動ロボットと言えます。ダスト容器に貯まったゴミを自動で収集できる機能。この発想はありませんでした。ルンバi7+の使い方や、ブラーバジェットm6と連動する様子、ルンバi7との違いについてまとめました。...
ルンバi7+とルンバi7の違い
ルンバi7とルンバ960はどっちを買う?ルンバi7シリーズとルンバ900シリーズの違いルンバi7シリーズとルンバ900シリーズでどのモデルを買おうか迷っている方へ。ルンバi7シリーズ(ルンバi7プラス、ルンバi7)もルンバ900シリーズ(ルンバ980、ルンバ960)も高性能のモデルです。しかし価格に応じた性能差があります。この記事ではその違いについてまとめています。...