ルンバ

手間が激減「ルンバi7+」はロボット掃除機の常識を変える。評価は?

ルンバi7+はロボット掃除機の常識を変える

こんにちは。ルンバ960ユーザーのうちたけです。

この前までルンバ900シリーズは「シリーズ最高」の名を欲しいままにしていましたが、ルンバi7シリーズの発売にあたり、ミドルモデルにグレードダウンしました。
※ルンバ960の機能が変わったわけではないです。ルンバシリーズの相対的な機能比較の中において、ということです。

ルンバ980は生産中止、ルンバ960は定価が2万円も下がります

高値づかみしたわ~。この前買ったんですよ。ルンバ960。嗚呼。

まあ、それだけルンバi7シリーズの性能と期待値が高いという証拠ですね。

ルンバi7シリーズは、ルンバi7ルンバi7+の2つのモデルが販売されます。

ルンバi7は2月22日、ルンバi7+は3月8日に発売開始予定です。

ルンバi7については以下で評価記事を書きました。

ルンバi7は買いか?評価・口コミ
「ルンバi7」は買いなのか?ルンバユーザーの完全主観による評価ルンバ900シリーズを超えるスペックを誇る「ルンバi7」果たしてルンバi7は買うべきなのか?ルンバ960ユーザーである私の完全主観による評価です。...

この記事ではルンバi7のさらに上をいく性能を誇る、ルンバi7+について評価をしたいと思います。

ルンバi7+、すごいですね。プロモーション動画を見たときは、思わず、すげえ!と声が出ました。

買いたい。お金があればね。

でも、高いんだ。ルンバi7+。

ルンバi7+|スペック、稼働時間、吸引力など

ルンバi7+の基本スペックはルンバi7と同じです。1点を除いて。

その1点については後述します。

ルンバi7+のスペック

2019年3月8日発売。ルンバi7+2019年3月8日発売。ルンバi7+
サイズ(本体) 最大幅351mm × 高さ92mm
サイズ(クリーンベース) 奥行き390mm×幅310mm×高さ490mm
重さ 約4.0kg(バッテリー含む)
電源方式 充電式リチウムイオン電池(充電時間:約3時間)
定価 129,880円(税抜)

なんといってもクリーンベース(ゴミを収集しておけるホームベース)がついているというのがルンバi7+の最大の特徴ですね。

ルンバi7+の稼働時間

最大75分です。大豪邸でない限り、この稼働時間であれば問題ありません。

仮に75分で掃除が終わらなくても、充電しに戻って、充電が終わったら勝手に続きから掃除を再開してくれます。

でも、そもそも75分で問題ありません。大豪邸でなければ。

参考までにお伝えすると、我が家はリビング+ダイニング+1部屋+αをルンバに掃除してもらってますが、30~40分で掃除が終わります。

そういうレベルです。

ルンバi7+の吸引力

吸引力はルンバ600シリーズの10倍です。

10倍と言われても・・・・という感じだと思います。

ちなみに私の持っているルンバ960の吸引力はルンバ600シリーズの5倍です。

結論、5倍で充分だと感じています。

ルンバ960フローリングの吸引力実験ルンバ960フローリングの吸引力実験

5倍で充分なのに、10倍って・・。という感じですが、5倍の吸引力でどのくらい吸えるの?という実験は以下の記事でまとめていますのでご参考までにご覧ください。

ルンバ吸引力実験
【動画】ルンバ吸引力実験。カーペットや畳でゴミは吸い取れるのか?隅っこは?ルンバの吸引力ってどれくらいなの?カーペットや畳(たたみ)の上でもきちんとゴミを吸い取ることができるの?と思う方も多いでしょう。そんな方のためにルンバユーザーの私が様々な角度から実験を行いました。豊富に動画を使っています。...

ルンバi7+はダスト容器が洗える

ルンバi7シリーズもダストボックスの丸洗いが可能ルンバi7シリーズもダストボックスの丸洗いが可能

これは地味にうれしい機能です。ダストボックスが洗えるのはルンバe5及びルンバi7シリーズのみです。

ルンバを持っているからこそありがたみを感じるんですが、ダスト容器って結構ホコリまみれになるんですね。

ダストボックスはホコリまみれになりがちダストボックスはホコリまみれになりがち(上はルンバ960)

ダスト容器のゴミだけ捨てれば、ホコリがついていても問題ないんですが、なんとなく気持ち悪い。

ダスト容器が洗える機能というのは、日本人ユーザーからの要望が多く実現した機能のようです

ルンバi7+の特徴①(ナビゲーションシステム)

ルンバi7+の特徴というよりは、ルンバi7シリーズの特徴ですが、ナビゲーションシステムがアップグレードされています。

正確には、iAdapt3.0ビジュアルローカリゼーションというシステムが採用されているのですが、ルンバ900シリーズは「2.0」でした。それが「3.0」にアップグレードされています。

これによって何ができるのかと言えば、ルンバ公式サイトによれば以下のように書かれています。

ルンバが部屋の状況を学習して記憶するので、リビングルームからキッチンへのルートなども賢く判断。どの部屋をいつ掃除するかも、自在にコントロールできます

部屋の構造を理解することで、掃除に無駄がなく、効率的に動くことができるということです。

さらに、部屋の構造を記憶するので、特定の部屋を指定して掃除をさせることができます。

アプリで掃除する部屋を指定できるアプリで掃除する部屋を指定できる

アプリでポチポチと「リビング」とか「キッチン」とか指定すると、その部分だけ掃除をしにいってくれます。

ルンバi7+の特徴②ダスト容器のゴミを自動で排出

ルンバi7+のみについてる唯一無二の機能であり、画期的なのが「自動ゴミ取集機」がついているということです。

見た方が早いと思うので、以下動画をご覧ください。

すばらしいですね。

私はこの動画を見たときに「すごい」と声をあげました。

ルンバを含め自動掃除ロボットは、「自動掃除」と名前がついているだけあって、勝手に掃除を始めてくれて、掃除が完了したら充電しに帰ります。

掃除の開始/終了に関しては人間の手間いらずだったわけです。

しかし、どうしてもたまったゴミは人間が捨てなければなりません

ズボラ人間だった私は、これすら面倒だな。と思っていました。

でも、これが改善されるなんて、思ってもいませんでした。

しかし。ルンバi7+、すごいですね。

まさかホームベースでゴミを貯めるなんて発想はなかったです。

ルンバi7+の最大の特徴。なんか未来感すらある。ルンバi7+の最大の特徴。なんか未来感すらある。

ま、ホームベースにたまったゴミは人間が捨てなければならないんですが、ためられる量がすごいですね。

ダスト容器30杯分もためられるとのこと。

ちなみに、どれくらいでダスト容器1杯がたまるのかというと、ルンバ960でいうと、大体5日くらいです。

以前、我が家では毛の長いカーペットを敷いていたので、3日程度でダストボックスが一杯になっていました。

だいたい、3~5日でダストボックスが一杯になると考えれば大きくぶれないかと思います。

つまり、毎日ルンバを稼働させた場合、

3日×30杯=90日
5日×30杯=150日

90~150日分のゴミは、捨てなくていいということです

なんて素晴らしいんでしょう。現時点では究極の自動掃除ロボットと言っても過言ではありません。

ルンバi7+は究極の自動掃除ロボット。しかし

高い。高いんですよね。

欲しいんですけどね。

定価で129,880円(税抜)もするんで、ちょっとやそっとの予算と気合では買えません。

間違いなくルンバ史上最高性能、いや、ロボット掃除機史上最も画期的な機能を備えていると思うんですけどね。

自分でいちいちダスト容器を捨てにいく手間と費用を天秤にかけたときどう考えるか?という問題になってくる気がします。

お金持ちの人は買ったらいいんじゃないかと思いますよ。ええ。

どうぞご自由に。間違いないですからね。

でも、私のような小庶民が今からルンバを買うなら・・・・ルンバe5かな・・。もしくは2万円安くなった、旧最高シリーズのルンバ960。

ルンバi7+は、お金持ちの人が買ってください。以下で買えます。どうぞ。

関連リンク

ルンバの人気モデルの比較をしたい方

ルンバおすすめ機種ランキング(1位~5位)

ルンバ人気機種比較ランキング
ルンバ人気5機種比較ランキング。ルンバi7+・i7・960・e5・643はどれがいい?【2019年最新】ルンバのどの機種を選んでいいのか分からない。そんな方向けに、ルンバユーザーの独断と偏見で、人気5機種の比較ランキングを発表します。最新モデルであるルンバi7シリーズも比較対象に入れました。果たしておすすめNo.1のモデルは?...

ルンバの購入を迷っている方

【動画多数あり】ルンバの吸引力チェック

ルンバ吸引力実験
【動画】ルンバ吸引力実験。カーペットや畳でゴミは吸い取れるのか?隅っこは?ルンバの吸引力ってどれくらいなの?カーペットや畳(たたみ)の上でもきちんとゴミを吸い取ることができるの?と思う方も多いでしょう。そんな方のためにルンバユーザーの私が様々な角度から実験を行いました。豊富に動画を使っています。...

ルンバの電気代が気になる方

ルンバの電気代は?
1カ月あたり約100円!ルンバの電気代は意外に安い。掃除機との比較ルンバを導入したいけど、電気代が気になりますよね?あれだけ高性能なんだから、掃除機より電気代がかかるんじゃないの?と心配されるかもしれません。しかし、比べてみると、断然ルンバの方が電気代がお得だということが分かりました。...

ルンバが複数の部屋を掃除できるのか気になる方

ルンバは複数の部屋を掃除できるのか?
ルンバ960は複数の部屋の掃除が可能。その理由とは?ルンバが複数の部屋を掃除できるのか?ということを気にしている人が多いことが分かりました。私はルンバ960のユーザーですが、問題なく複数の部屋を掃除できていますが、ルンバのモデルによっては違いがあるようですね。...

ルンバの音が気になる方

ルンバの音はうるさいのか?
ルンバの音はうるさい?騒音測定器で測ってみた。他の家電とも比較ルンバの音、どれくらいか購入する前は気になりますよね?客観的に判断するために、騒音測定器のアプリを用いて実験をしました。各家電(テレビ、洗濯機)などとも音の比較をしています。...

ルンバはどのくらいの段差を越えられるのか実験しました

ルンバは段差を超えられるのか?
ルンバは何cmまで段差を乗り越えられるのか?3段階で実験してみたルンバを購入しようと思ってるけど、うちのカーペットの段差を越えられるのかなあ。。そんな心配をする方も多いかもしれません。今回は、1.5cm,2.0cm,3.5cmの段差を用意して実験をしてみました。意外にも、薄いカーペットが一番対策をしなければならず、盲点でした。...

ルンバをレンタルするという方法もあります

ルンバをレンタルしよう
ルンバの購入に迷ったら。レンタルをして比較検討してみては?ルンバって結構高いですよね。失敗したくなくて購入するのに二の足を踏んでしまうのも無理はありません。そんな人にはルンバのレンタルがおすすめです。各社でいくつかのルンバレンタルサービスがあり、特徴も様々です。そんんなルンバレンタルについて紹介していきます。...

機種別に性能を詳しく見たい方(ルンバi7、980、960、e5)

コスパが最高で人気No.1の「ルンバe5」

ルンバe5性能評価
お値段以上「ルンバe5」の性能をルンバユーザーがじっくり評価してみた発売直後から人気モデルになった「ルンバe5」それもそのはず。ハイエンドモデルのルンバ800シリーズの後継機でありながら、お値段は2万円も安くなっているという驚きの価格設定。そんなお値段以上のルンバe5の性能について詳しく見ていきます。...

「新」ルンバ最高シリーズ「ルンバi7」

ルンバi7は買いか?評価・口コミ
「ルンバi7」は買いなのか?ルンバユーザーの完全主観による評価ルンバ900シリーズを超えるスペックを誇る「ルンバi7」果たしてルンバi7は買うべきなのか?ルンバ960ユーザーである私の完全主観による評価です。...

ルンバ980に次ぐスペックを誇る「ルンバ960」

ルンバ960使用レビュー
【値下げしてお手頃価格に】ルンバ960使用レビュー・感想・口コミ私はルンバ960ユーザーです。ルンバ960はルンバの中でも上から2番目の最上位に近いモデルなのですが、使用してみての感想、感じたメリット・デメリットについて口コミ的にレビューしていきたいと思います。...

かつてルンバ史上最高性能を誇った「ルンバ980」

ルンバ980メイン
かつてのシリーズ最高モデル「ルンバ980」についてルンバユーザーが評価してみたルンバ史上最高性能を誇るルンバ980。高性能なのは間違いないのですが、値段もかなりお高め。よく比較されるルンバ960との違いについて、ルンバユーザーの目線で比較していきます。...

ルンバ購入の理由を探したい方

掃除が苦手。やる気が出ない方向け

掃除のやる気が出ない人はルンバがおすすめ
掃除のやる気がでない。苦手。そんな人はルンバがおすすめ!【モチベーション不要】掃除ってやる気が出ないですよね。モチベーションが上がるのを待っていても部屋はきれいになりません。そんなあなたに、自動掃除ロボットルンバをおすすめします。モチベーションは不要。勝手に毎日掃除をしてくれます。床にゴミはなく、気持ちも晴れやかになりますよ。...

共働きの方は家事負担軽減のためにルンバ導入をおすすめします

共働き夫婦ルンバ導入メリット
共働き夫婦がルンバを導入すべき3つの理由。家事を時短して家庭円満!共働きをしていると家事の分担って大変ですよね。だいたい奥さんの方が家事負担が大きくなる傾向があるようです。そうなると次第に不満がたまり・・。そんな時はルンバの導入を検討してみてはいかがでしょうか?毎日自動で掃除をしてくれて、気分も晴れやかですよ...

家を新築した方もしくはする予定の方

新築にルンバがおすすめの理由
新築のきれいな状態を保ちたい!床掃除ならルンバがおすすめの3つの理由家を新築したらなるべくならピカピカの状態を保っておきたいですよね。でも日々の忙しさにかまけて段々とその気持ちは薄れていきます。しかし!ルンバを導入すれば、毎日床掃除を淡々とこなしてくれます。床もきれいで気分もさっぱり。そんな気持ちで新築ライフを謳歌したいですね。...

ルンバは検討したい・・でも赤ちゃんがいるし・・と迷っている方

赤ちゃんがいる家でルンバを導入するメリット・デメリット
ルンバは赤ちゃんがいる家で活躍できるか?メリット・デメリットを考える赤ちゃんがいるけど、ルンバを導入しようか迷っている方へ。1歳児がいる我が家ではルンバを導入しています。家事の時短ができ、育児の負担も軽減できます。赤ちゃんがいると拾い食いやハウスダストなども気になりますが、ルンバが解決してくれます。...

ルンバはちょっと高い・・他にいいものはないの?という方。床拭きロボット「ブラーバ」の紹介

ルンバとブラーバどちらを買うべき?

ルンバとブラーバ、どちらを買う?
ルンバとブラーバどちらを買うべき?6つのポイントで違いを徹底比較ルンバとブラーバ、どっちを買うかすごく迷いますよね。結局私はどちらも持っています。掃除のコンセプトが違うので一概にどちら、とは言えないのですが、家の状況やニーズ、予算などに合わせて、どちらを買うべきか検討してみました。...

ブラーバユーザーによるブラーバのレビュー

ブラーバ380jレビュー・感想・口コミメイン画像
床拭き掃除ロボット「ブラーバ」使用レビュー・感想・口コミ床拭き掃除ロボットのブラーバ380j。水拭きとから拭きをこの一台で済ますことができます。特にから拭きモードでは市販のクイックルワイパーを付けて掃除をさせることもでき、非常に便利です。食べかすや飲みこぼしの等の拭き掃除にも活躍します。...