ルンバ

かつてのシリーズ最高モデル「ルンバ980」についてルンバユーザーが評価してみた

ルンバ980メイン

こんにちは。ルンバ960ユーザーのうちたけ(@uchitake_enjoy)です。私が使っているルンバ960はルンバ980の下位モデルです。なんか書いていて負けてる気がしてきました。

ルンバ960だって高性能なんですよ。ルンバは600、700、800シリーズとあって、900は最高位モデルですから。

でもね、ルンバ980にはかないません。トップof ザ・トップですからね。

でも値段もお高いです。定価は「ルンバ960」が89,880円(税抜)に対して、「ルンバ980」が125,000円(税抜)!!

ルンバ980も一瞬検討しましたが、値段を見てやめました。無理だわ、と。

この記事ではルンバ980がいかに高性能なのか?ということをルンバ960と比較して、ひがみながら書いていきたいと思います。
※上のメインビジュアルの写真はルンバ960です。

※2019年3月追記

2019年2月に、ルンバ900シリーズを超える「ルンバi7」シリーズが発売され、ルンバ980は生産中止になりました。残念ながら、ルンバ980はルンバi7シリーズの下位モデルとなりましたが、在庫が残っている場合は購入可能です。なお、900シリーズの「ルンバ960」は生産継続中です。性能は変わらないにも関わらず、定価が2万円もさがり、お買い得になっています。
■960のレビュー記事はこちら→【値下げしてお手頃価格に】ルンバ960使用レビュー・感想・口コミ
■現在の最高性能モデルルンバi7+の記事はこちら→手間が激減「ルンバi7+」はロボット掃除機の常識を変える。評価は?

この記事はルンバ980が最高性能だった当時の記事となりますのでご了承ください。

「ルンバ980」を公式サイトで購入する場合はこちら

ルンバ(Roomba)980|スペック

ルンバ980.ルンバ最高性能を誇るルンバ980.ルンバ最高性能を誇る
サイズ 最大幅353mm × 高さ92mm
重さ 約3.9kg(バッテリー含む)
電源方式 充電式リチウムイオン電池(充電時間:約3時間)

サイズ、重さともにルンバ960と違いはありません。なので、参考までにルンバ960とティッシュ箱のサイズ比較を載せておきます。割と大きいんですよ。ルンバって。

ルンバとティッシュ箱の大きさ比較ルンバ960とティッシュ箱の大きさ比較

ルンバ(Roomba)980|稼働時間

通常清掃時で最大120分です。ちなみにルンバ960は75分なので、稼働時間には相当な差があります。

ただ、この稼働時間。大豪邸でもない限り、オーバースペックだと思いますね。いや、ひがんでない。ひがんでないですよ。2重の意味で。

うちは、2部屋+αくらいで20畳弱なんですが、30~40分程度でルンバの掃除が終わります。75分で十分。

ルンバ導入の副次的な効果で床にモノを置かなくなりますルンバ導入の副次的な効果で床にモノを置かなくなります。映像はルンバ960です。

ルンバ(Roomba)980|稼働面積

稼働面積は112畳です。これはルンバ960と同じ。

112畳の家とか見たことないですけどね。十分すぎるんじゃないでしょうか?

ひがんでないですよ。

あ、体育館とかはいいかもしれない。

「ルンバ980」を公式サイトで購入する場合はこちら

ルンバ(Roomba)980|吸引力

ルンバの吸引力を決定するクリーニングシステムは「AeroForce(エアロフォース)クリーニングシステム」を採用しています。

エアロフォースシステムイメージエアロフォースシステムイメージ

これだけならルンバ960と変わらないんですが、カーペットブースト機能もついています。

ルンバ980では、カーペットやラグの上では、自動で吸引力が上がるようになっているんですね。

ルンバの吸引力というのは、エントリーモデルであるルンバ600シリーズの吸引力が基準になっています。ルンバ600シリーズの吸引力を1倍とすると、ルンバ980はカーペットブーストがない状態で、5倍。カーペットブースト時は10倍の吸引力になります。

カーペットやラグの上になると更に吸引力が上がるカーペットやラグの上になると更に吸引力が上がる

半端ないですね。

というか、1倍がどれくらいなのか分からないから5倍とか10倍とか言われてもさっぱり。と思われると思いますが、この動画を見ればすごさが分かると思います。

ちなみに、以下の動画は吸引力が5倍のルンバ960の吸引実験です。ルンバ980もカーペット以外ではこの吸引力になります。

吸引力実験:紙きれ編。1度の通過でほぼすべての紙片を吸い取り。吸い取れていないものは2回目の通過で吸い取りました。吸引力実験(ルンバ960):紙きれ編。1度の通過でほぼすべての紙片を吸い取り。吸い取れていないものは2回目の通過で吸い取りました。

「ルンバ980」を公式サイトで購入する場合はこちら

ルンバ(Roomba)980|ナビゲーションテクノロジー

iAdapt2.0ビジュアルローカリゼーションを採用しています。

何かといえば、ルンバのセンサーですね。ルンバ本体にカメラが搭載されていて、ルンバ自身が今どこにいるのか、部屋のどこがまだ清掃されていないのかを高精度に判断することができます。

内臓されているカメラで部屋全体を把握内臓されているカメラで部屋全体を把握

これはルンバ900シリーズのみの機能です。下位モデルはこの機能がないため、ランダムに掃除をして効率が悪い感じがしますが、900シリーズはこの機能により直線的に掃除ができ、効率的に動くことができます。

段差があっても問題なしまっすぐ進む。前方に段差があってもお構いなし。(映像はルンバ960)

「ルンバ980」を公式サイトで購入する場合はこちら

ルンバ(Roomba)980|その他機能

iRobot HOMEアプリ

スマホアプリで、ルンバの起動、スケジュール設定、CleanMapレポートの確認ができます。

毎日ルンバに掃除してもらうパターンのスケジュール。時間も指定可能毎日ルンバに掃除してもらうパターンのスケジュール。時間も指定可能

特にCleanMapレポートはルンバ900シリーズのみの機能です。掃除した範囲をMAPで示してくれるので、実感が持ちやすいですね。(※ルンバがWifi接続下にあることが条件です)

清掃マップ。ルンバが入れないところなどは白くなっている清掃マップ。ルンバが入れないところなどは白くなっている

 

スマートスピーカー

今流行りのスマートスピーカーにも対応しています。ルンバ960も対応していますが、私は・・・使ってません。

バーチャルウォールモード

ルンバがいると大抵床にモノを置かなくなるものですが、どうしても置いておかなきゃならないものはありますよね。コードとか、ペットのエサだとか。デュアルバーチャルウォールを使用すると、ルンバが入ってほしくないエリアを設定することができます。

バーチャルウォールを設置して、掃除してほしくない場所をガードバーチャルウォールを設置して、掃除してほしくない場所をガード

ちなみに、当然ながら、バーチャルウォールはルンバ960にも980にも付属されているのですが、980は2個付いてきます

エッジクリーン

家具の脚まわりや壁ぎわも、エッジクリーニングブラシが沿うように清掃していきます。

「ルンバ980」を公式サイトで購入する場合はこちら

ルンバ(Roomba)980|セット内容(付属品など)

ルンバ980本体以外で以下の付属品がついています。バーチャルウォール、フィルター、ブラシが2個ずつついているのが、ルンバ960の付属品との違いですね。

ルンバ980セット内容ルンバ980セット内容

バッテリー(内蔵)・ホーム ベース・デュアルバーチャルウォール×2・ 交換用ダストカットフィルター×2・交換用 エッジクリーニングブラシ×2・電源コード ・乾電池

「ルンバ980」を公式サイトで購入する場合はこちら

ルンバ(Roomba)980とルンバ960の違い

稼働時間が違う

ルンバ980が120分に対して、ルンバ960が75分

吸引力、ゴミ除去量が違う

ルンバ980の吸引力が10倍(カーペットブースト時)、ゴミ除去量が2倍なのに対してルンバ960は吸引力5倍、ゴミ除去量1.5倍。

※基準はルンバ600シリーズ。

付属品が違う

ルンバ960はバーチャルウォール、フィルター、ブラシが1個ずつしか付属されていないのに対して、ルンバ980は2個ずつ付属されている。

ちなみに、2個ずつついてくる部品を単品で購入しようとすると税込みで、

デュアルバーチャルウォール:8,100円
エッジクリーニングブラシ:2,160円
ダストカットフィルター(2個入り):3,240円 ※1個あたり1,620円

ということで、実質11,880円分が(勝手に)付属されているということですね。

いちいち注文する手間が省けていいと思うのか、勝手につけてくれるな。と思うのかは個人の考えですが。私は・・・。。これ以上の発言は控えます。

値段が違う

当然値段が違います。性能の違いの差を値段に反映させているわけですが、その性能の違いとコストの妥当性は?というところは要検討です。

■ルンバ980と960の値段の違い
ルンバ980:125,000円(税抜き)/135,000円(税込み)
ルンバ960:89,880円(税抜き)/97,070円(税込み)

ルンバ980は(勝手に)付属されている部品もあるので、ルンバ960と揃えて仮に部品が1個ずつだとすると、ルンバ980は135,000円-11,880円=123,120円ということになります。

ルンバ960との値段差は26,050円。約2.6万円です。

この値段差をどう考えるか?ということですね。稼働時間や吸引力を考えると当然ルンバ980の方が優れていますが・・。まあ豪邸に住んでいるようなお金持ちはルンバ980がいいんじゃないでしょうか?多分満足感は半端ないですよね。最高にいいもの買ったぜ!っていう。

ひがんでないですよ。ひがんでいない。

いいものはいい。そういうことです。

「ルンバ980」を公式サイトで購入する場合はこちら

関連リンク

ルンバの人気モデルの比較をしたい方

ルンバのおすすめ機種徹底比較(各機種の性能別比較)

ルンバざっくり比較
ルンバのおすすめ機種はどれ?ルンバユーザーがザックリと比較してみたルンバって種類が多すぎて選ぶのに苦労しますよね。私もそうでした。そこでルンバユーザーの私が、使ってみて必要そうな機能を抽出。人気のある機種をピックアップして感覚的にザックリと比較を行いました...

ルンバおすすめ機種ランキング(1位~4位)

ルンバ人気機種比較ランキング
ルンバ人気5機種比較ランキング。ルンバi7+・i7・960・e5・643はどれがいい?ルンバのどの機種を選んでいいのか分からない。そんな方向けに、ルンバユーザーの独断と偏見で、人気5機種の比較ランキングを発表します。最新モデルであるルンバi7シリーズも比較対象に入れました。果たしておすすめNo.1のモデルは?...

機種別に性能を詳しく見たい方(ルンバi7+、i7、980、960、e5)

コスパが最高で人気No.1の「ルンバe5」

ルンバe5性能評価
お値段以上「ルンバe5」の性能をルンバユーザーがじっくり評価してみた発売直後から人気モデルになった「ルンバe5」それもそのはず。ハイエンドモデルのルンバ800シリーズの後継機でありながら、お値段は2万円も安くなっているという驚きの価格設定。そんなお値段以上のルンバe5の性能について詳しく見ていきます。...

ルンバ980に次ぐスペックを誇る「ルンバ960」

ルンバ960使用レビュー
【値下げしてお手頃価格に】ルンバ960使用レビュー・感想・口コミ私はルンバ960ユーザーです。ルンバ960はルンバの中でも上から2番目の最上位に近いモデルなのですが、使用してみての感想、感じたメリット・デメリットについて口コミ的にレビューしていきたいと思います。...

シリーズ最高スペック、かつロボット掃除機の常識を変えた「ルンバi7+」

ルンバi7+はロボット掃除機の常識を変える
手間が激減「ルンバi7+」はロボット掃除機の常識を変える。評価は?ルンバi7+はロボット掃除機史上、最高の自動ロボットと言えます。ダスト容器に貯まったゴミを自動で収集できる機能。この発想はありませんでした。ルンバユーザによる評価です。...

ルンバ史上最高モデル「ルンバi7」

ルンバi7は買いか?評価・口コミ
「ルンバi7」は買いなのか?ルンバユーザーの完全主観による評価ルンバ900シリーズを超えるスペックを誇る「ルンバi7」果たしてルンバi7は買うべきなのか?ルンバ960ユーザーである私の完全主観による評価です。...

ルンバの購入を迷っている方

【動画多数あり】ルンバの吸引力チェック

ルンバ吸引力実験
【動画】ルンバ吸引力実験。カーペットや畳でゴミは吸い取れるのか?隅っこは?ルンバの吸引力ってどれくらいなの?カーペットや畳(たたみ)の上でもきちんとゴミを吸い取ることができるの?と思う方も多いでしょう。そんな方のためにルンバユーザーの私が様々な角度から実験を行いました。豊富に動画を使っています。...

ルンバの電気代が気になる方

ルンバの電気代は?
1カ月あたり約100円!ルンバの電気代は意外に安い。掃除機との比較ルンバを導入したいけど、電気代が気になりますよね?あれだけ高性能なんだから、掃除機より電気代がかかるんじゃないの?と心配されるかもしれません。しかし、比べてみると、断然ルンバの方が電気代がお得だということが分かりました。...

ルンバが複数の部屋を掃除できるのか気になる方

ルンバは複数の部屋を掃除できるのか?
ルンバ960は複数の部屋の掃除が可能。その理由とは?ルンバが複数の部屋を掃除できるのか?ということを気にしている人が多いことが分かりました。私はルンバ960のユーザーですが、問題なく複数の部屋を掃除できていますが、ルンバのモデルによっては違いがあるようですね。...

ルンバの音が気になる方

ルンバの音はうるさいのか?
ルンバの音はうるさい?騒音測定器で測ってみた。他の家電とも比較ルンバの音、どれくらいか購入する前は気になりますよね?客観的に判断するために、騒音測定器のアプリを用いて実験をしました。各家電(テレビ、洗濯機)などとも音の比較をしています。...

ルンバはどのくらいの段差を越えられるのか実験しました

ルンバは段差を超えられるのか?
ルンバは何cmまで段差を乗り越えられるのか?3段階で実験してみたルンバを購入しようと思ってるけど、うちのカーペットの段差を越えられるのかなあ。。そんな心配をする方も多いかもしれません。今回は、1.5cm,2.0cm,3.5cmの段差を用意して実験をしてみました。...

ルンバをレンタルするという方法もあります

ルンバをレンタルしよう
ルンバの購入に迷ったら。レンタルをして比較検討してみては?ルンバって結構高いですよね。失敗したくなくて購入するのに二の足を踏んでしまうのも無理はありません。そんな人にはルンバのレンタルがおすすめです。各社でいくつかのルンバレンタルサービスがあり、特徴も様々です。そんんなルンバレンタルについて紹介していきます。...

ルンバ購入の理由を探したい方

掃除が苦手。やる気が出ない方向け

掃除のやる気が出ない人はルンバがおすすめ
掃除のやる気がでない。苦手。そんな人はルンバがおすすめ!【モチベーション不要】掃除ってやる気が出ないですよね。モチベーションが上がるのを待っていても部屋はきれいになりません。そんなあなたに、自動掃除ロボットルンバをおすすめします。モチベーションは不要。勝手に毎日掃除をしてくれます。床にゴミはなく、気持ちも晴れやかになりますよ。...

共働きの方は家事負担軽減のためにルンバ導入をおすすめします

共働き夫婦ルンバ導入メリット
共働き夫婦がルンバを導入すべき3つの理由。家事を時短して家庭円満!共働きをしていると家事の分担って大変ですよね。だいたい奥さんの方が家事負担が大きくなる傾向があるようです。そうなると次第に不満がたまり・・。そんな時はルンバの導入を検討してみてはいかがでしょうか?毎日自動で掃除をしてくれて、気分も晴れやかですよ...

家を新築した方もしくはする予定の方

新築にルンバがおすすめの理由
新築のきれいな状態を保ちたい!床掃除ならルンバがおすすめの3つの理由家を新築したらなるべくならピカピカの状態を保っておきたいですよね。でも日々の忙しさにかまけて段々とその気持ちは薄れていきます。しかし!ルンバを導入すれば、毎日床掃除を淡々とこなしてくれます。床もきれいで気分もさっぱり。そんな気持ちで新築ライフを謳歌したいですね。...

ルンバは検討したい・・でも赤ちゃんがいるし・・と迷っている方

赤ちゃんがいる家でルンバを導入するメリット・デメリット
赤ちゃんがいる家でルンバは活躍できるか?メリット・デメリットを考える1歳児がいる我が家ではルンバを導入しています。家事の時短ができ、育児の負担も軽減できます。赤ちゃんがいると拾い食いなんかも気になりますが、ルンバが解決してくれます。...

ルンバはちょっと高い・・他にいいものはないの?という方。床拭きロボット「ブラーバ」の紹介

ルンバとブラーバどちらを買うべき?

ルンバとブラーバ、どちらを買う?
ルンバとブラーバどちらを買うべき?6つのポイントで違いを徹底比較ルンバとブラーバ、どっちを買うかすごく迷いますよね。結局私はどちらも持っています。掃除のコンセプトが違うので一概にどちら、とは言えないのですが、家の状況やニーズ、予算などに合わせて、どちらを買うべきか検討してみました。...

ブラーバユーザーによるブラーバのレビュー

ブラーバ380jレビュー・感想・口コミメイン画像
床拭き掃除ロボット「ブラーバ380j」使用レビュー・感想・口コミ床拭き掃除ロボットのブラーバ380j。水拭きとから拭きをこの一台で済ますことができます。特にから拭きモードでは市販のクイックルワイパーを付けて掃除をさせることもでき、非常に便利です。食べかすや飲みこぼしの等の拭き掃除にも活躍します。...
ABOUT ME
うちたけ
うちたけ
新卒時、社員5名のベンチャーに入社。その後、誘われて社員3名のベンチャーに入社。 新卒の頃、出社したら「明日で会社終わるから」と言われた経験が、私の社会人としての耐久性をアップさせてくれました。 人生100年時代と言われる今、どう備えるか、どう楽しく生きるかを模索中。仕事や子育てをしながら、日々気づいたこと、感じたことなどを綴っていきます。