エコバックス

エコバックス「DEEBOT OZMO Slim10」レビュー・口コミ。スリムなボディで吸引も水拭きもできる

エコバックス「DEEBOT OZMO Slim10」レビュー・口コミ

こんにちは。ロボット掃除機をいろいろ試しているうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

うちたけ
うちたけ
今回は ECOVACSエコバックス社の「DEEBOT OZMO Slimディーボットオズモスリム10」を試してみました

「DEEBOT OZMO Slim10」は「薄さ」が特徴のロボット掃除機です。

うちたけ
うちたけ
ルンバと比べるとこんなに違います。
ルンバ(左)とslim10(右)の高さ比較ルンバ(左)とslim10(右)の高さ比較

高さのないことろにもすいすいと入り込めますね。

さらに、「DEEBOT OZMO Slim10」は吸引も水拭きもできるロボット掃除機として1台で2役のお得な掃除機です。

専用のモップを付ければ水拭きも可能専用のモップを付ければ水拭きも可能

今回は、「DEEBOT OZMO Slim10」は実際にどのくらいの吸引力があるのか?といったところや、水拭きの実力はどの程度なのか?というところをレビューしていきます。

DEEBOT OZMO Slim10のメリット、特徴や性能

DEEBOT OZMO Slim10は掃除が終わると自動充電されるDEEBOT OZMO Slim10は掃除が終わると自動充電される

DEEBOT OZMO Slimディーボットオズモスリム10はエコバックス社が販売しているゴミの吸引も床の拭き掃除もできるロボット掃除機です。

DEEBOT OZMO Slim10が清掃している様子DEEBOT OZMO Slim10が清掃している様子
うちたけ
うちたけ
1台で2役の活躍ぶりです
DEEBOT OZMO Slim10はリモコン操作もスマホ操作も可能DEEBOT OZMO Slim10はリモコン操作もスマホ操作も可能

ロボット掃除機の操作は、本体操作やリモコン操作だけではなく、スマホアプリからも対応できます。

薄いボディ

ボディが薄いので狭い場所も潜りこめるボディが薄いので狭い場所も潜りこめる

DEEBOT OZMO Slimディーボットオズモスリム10は本体が薄いのが特徴です。

うちたけ
うちたけ
厚さは5.7cmです。色々なロボット掃除機を見てきた中では、最薄ですね。

こんなに低いキャスター付きの引き出しの下もきちんと掃除してくれました。

DEEBOT OZMO Slim10は狭い隙間でも入っていけるDEEBOT OZMO Slim10は狭い隙間でも入っていける

脚の短いソファーなどを持っている場合にも便利ですね。

吸引力はどれくらい?

DEEBOT OZMO Slim10はダイレクト吸引タイプのロボット掃除機です。

ルンバなどは、本体にローラータイプのブラシがあり、ゴミをからめとっていくのが特徴ですが、ダイレクト吸引タイプは本体に穴が開いていて、直接吸い込んでいくタイプです。

DEEBOT OZMO Slim10は本体中央に吸引口が空いていて、ここからゴミを吸引するDEEBOT OZMO Slim10は本体中央に吸引口が空いていて、ここからゴミを吸引する
うちたけ
うちたけ
毛が絡みにくいなどの特徴があります

実際、DEEBOT OZMO Slim10の吸引力はどれくらいでしょうか?

うちたけ
うちたけ
様々なシチュエーションで実験をしてみました

DEEBOT OZMO Slim10吸引力実験結果

フローリングカーペット
紙片(小)紙片(大)綿ビーズ紙片(小)紙片(小)

一回の走行で吸いっとった場合・・◎
複数回の走行で吸引した場合・・〇
取りこぼしが目立った場合・・△

フローリングのゴミ吸引はある程度しっかりやってくれることが分かりますが、ビーズなど多少重さのあるゴミは苦手です。

カーペット上の糸ゴミは、やはりダイレクト吸引だと多少厳しいですね。

水拭きの実力は?

DEEBOT OZMO Slim10吸水タンクDEEBOT OZMO Slim10吸水タンク

DEEBOT OZMO Slim10は専用のモップを付け、タンクに水を入れることで床の水拭きをすることができます。

DEEBOT OZMO Slim10に専用のモップを装着するところDEEBOT OZMO Slim10に専用のモップを装着するところ
吸水タンクに水を入れ吸水タンクに水を入れ
吸水タンクを装着します吸水タンクを装着します
うちたけ
うちたけ
モップを装着するだけで水拭きモードになります

実際に水拭きを試してみましたが、期待したほどではないかな・・?という印象です。

うちたけ
うちたけ
こびりつきの汚れなどは取れません。
水拭き掃除が終わった後。モップにそこまで大きな汚れの変化はない水拭き掃除が終わった後。モップにそこまで大きな汚れの変化はない

水拭き専用ロボット掃除機である「ブラーバジェット」を使ったことがありますが、さすがにそれに比べると実力は劣りますね。

ブラーバジェット250のレビュー・口コミ・評判
ブラーバジェット250のレビュー・口コミ。しつこい汚れもジェット噴射できれいにブラーバジェット250のレビュー・口コミ、評判。ブラーバジェットは床拭き掃除に特化したお掃除ロボットです。しつこい油汚れや、飲みこぼしなど、洗浄剤のついた専用パッドでさっとふき取ることができます。キッチン周りやダイニングで活躍すること間違いなしのお掃除ロボットです。...

ただ、それなりに雑巾がけはしてくれますので、吸引掃除のサブとしてたまに使う。という使い方になるかと思います。

段差はどれくらい登る?

DEEBOT OZMO Slim10は薄いので、カーペットなどの段差にはきちんと対応するか気になるかもしれません。

うちたけ
うちたけ
公式サイトによると、DEEBOT OZMO Slim10は1.3cmまでの段差は登れることになっています。

実際に実験してみたところ、1~1.5cmくらいはギリギリ登れるかな?という印象でした。

DEEBOT OZMO Slim10段差実験DEEBOT OZMO Slim10段差実験
うちたけ
うちたけ
厚さにもよりますが、カーペット程度であれば、ある程度乗り越えられそうです

スマホアプリにも対応

DEEBOT OZMO Slim10は低価格帯のロボット掃除機には珍しく、スマホアプリにも対応しています。

DEEBOT OZMO Slim10はスマホアプリにも対応DEEBOT OZMO Slim10はスマホアプリにも対応

スマホアプリから清掃を開始できたり、曜日ごとに清掃スケジュール設定も可能です。

スケジュール設定もアプリからスケジュール設定もアプリから
うちたけ
うちたけ
家にいなくても操作ができるのは便利ですね

また、スマホアプリから吸引力の調整ができたり、水拭きの水量も調整可能です。

3つの清掃モード

DEEBOT OZMO Slim10は通常モードの「オート清掃」以外に、「壁際清掃モード」や、ほこりやチリが極端に積もっている場所に最適な「スポットモード」が搭載されています。

DEEBOT OZMO Slim10は3つの清掃モードを選択できるDEEBOT OZMO Slim10は3つの清掃モードを選択できる

基本的にはオート清掃がメインになりますが、壁際のホコリなどが気になったら「壁際清掃モード」などを併用する形になると思います。

DEEBOT OZMO Slim10のデメリット、気になるところ

DEEBOT OZMO Slim10のダストボックスは蓋を開けたところに収納されているDEEBOT OZMO Slim10のダストボックスは蓋を開けたところに収納されている

メリットも多いDEEBOT OZMO Slimディーボットオズモスリム10ですが、気になるところもあります。

ダイレクト吸引は万能ではない

吸引力はどれくらい?でも触れましたが、DEEBOT OZMO Slim10はダイレクト吸引を採用しています。

ダイレクト吸引するための「口」は小さく、すべてのゴミを吸引しきれる感じではありません。

DEEBOT OZMO Slim10の吸引口は小さいDEEBOT OZMO Slim10の吸引口は小さい
うちたけ
うちたけ
清掃が終わった後、たまに少し大きめのゴミが残っているのを見かけますね
一回の掃除でとれるゴミの量一回の掃除でとれるゴミの量

ただ、基本的な清掃レベルはクリアしていると言えると思います。

水拭きはそこまででもない

水拭きには過度の期待はしすぎない方がよいかなと水拭きには過度の期待はしすぎない方がよいかなと

水拭きの実力は?でも触れた通り、DEEBOT OZMO Slim10の水拭きモードはこびりつき汚れを落とすほどの実力はありません。

うちたけ
うちたけ
やさしく雑巾がけをするイメージですね

とは言え、人が雑巾がけをすると非常に疲れますが、ロボット掃除機が自動で、しかもすみずみまで雑巾がけをしてくれるので便利なのは間違いありません。

水拭きモードはカーペットなどに乗り上げる

水拭きモードでもカーペットに乗り上げるのは難点水拭きモードでもカーペットに乗り上げるのは難点

吸引も水拭きもできるロボット掃除機のタイプでは「あるある」なのですが、水拭きモードでも段差に乗り上げます。

うちたけ
うちたけ
つまり、カーペットだろうが乗り上げて水拭きをしてしまうということです

なので、水拭きモードで掃除をする際は、カーペットを丸めて、乗り上げないようにしておくことを忘れないようにしましょう。

Slim11やSlim15との違い

公式WEBサイトでも仕様の詳細は比較できますが、「DEEBOT OZMO Slimディーボットオズモスリム10」,「DEEBOT OZMO Slimディーボットオズモスリム11」,「DEEBOT OZMO Slimディーボットオズモスリム15」間において性能の違いはありません。

公式サイトでの性能比較。色以外、性能に違いは見られない公式サイトでの性能比較。色以外、性能に違いは見られない

DEEBOT OZMO Slim11とDEEBOT OZMO Slim15はボディの色が白ですが、DEEBOT OZMO Slim10は黒という違いくらいです。

あとは付属されているサイドブラシの数が少しだけ違ったり、重さが多少違ったりと、その程度です。

DEEBOT OZMO Slim10の口コミや評判

DEEBOT OZMO Slimディーボットオズモスリム10の口コミや評判をTwitterから集めてきました。

DEEBOT OZMO Slim10のレビュー・口コミまとめ

DEEBOT OZMO Slimディーボットオズモスリム10は1台で水拭きも吸引もできるロボット掃除機です。

多少クセのあるロボット掃除機ではありますが、低価格のロボット掃除機にはめずらしくスマホにも対応していて操作性に優れています

DEEBOT OZMO Slim10は低価格帯の中では安定した性能のロボット掃除機ですDEEBOT OZMO Slim10は低価格帯の中では安定した性能のロボット掃除機です

何より、ここまで薄型のタイプのロボット掃除機は多くありません。

狭い場所にもすいすい入っていけますので、この機会にDEEBOT OZMO Slim10を検討してみてはいかがでしょうか?

うちたけ
うちたけ
「DEEBOT OZMO Slim10」の購入を迷っている方はレンタルして試してみる。という選択もあります。

「DEEBOT OZMO Slim10」はレンティオというサイトからレンタル可能です。私もここでレンタルしました。

→「DEEBOT OZMO Slim10」をレンタルする

ルンバ比較レビュー。主要全シリーズを使って分かった機種別の選び方
ルンバ比較レビュー。主要全シリーズを使って分かった機種別の選び方【2020年版】【2020年最新】ルンバ比較レビュー。ルンバs9+ルンバi7+、ルンバ960、ルンバe5、ルンバ643、ルンバ671という人気の高い全モデルを使用した筆者による評価をまとめました。コスパが良いものからロボット掃除機としての究極のモデルまで様々な角度からまとめています。【比較表一覧】...
ルンバとブラーバはどっちを買うべき?併用が正解?
ルンバとブラーバはどっちがいい?違いを比較。併用するのがベストなのか!?ルンバとブラーバ、どっちを買うかすごく迷いますよね。結局私は併用しています。掃除の役割が違うので一概にどっちがいいとは言えないのですが、家の状況やニーズ、予算などに合わせて、どちらを買うべきか検討してみました。...