ブラーバ

「ブラーバ」レビュー・口コミ。380jと390jの違い。クイックルワイパーも装着できて床拭きが劇的に楽に

床拭き掃除ロボット「ブラーバ」レビュー・口コミ

こんにちは。ブラーバユーザーのうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

ブラーバはルンバで有名なiRobot社が販売している床拭きに特化したロボット掃除機です。

うちたけ
うちたけ
ブラーバで掃除をすると、床ってこんなに汚れているんだ!といつも気づかされます
ブラーバで掃除をすると、床は意外に汚れていることに気づくブラーバで掃除をすると、床は意外に汚れていることに気づく

床掃除はルンバや掃除機だけで清掃を済ませてしまう場合も多いと思います。

うちたけ
うちたけ
ただ、それだけだと床掃除は不十分です

掃除機は床に落ちたゴミを吸い取ることはできますが、床についた「汚れ」まで落とすことはできません

特に我が家は幼児が2人いるため、食べこぼしや飲みこぼしが良くあります。

うちたけ
うちたけ
そんな時、ブラーバの出番です
ブラーバは部屋の隅々まで床掃除をしてくれるブラーバは部屋の隅々まで床掃除をしてくれる

ブラーバは雑巾がけをするように、部屋の隅々まで床拭きをしてくれます。

この記事ではブラーバのメリット・デメリットや口コミ・評判についてまとめていきます。

ブラーバのメリット・性能や特徴

ブラーバとは?ブラーバとは?

ブラーバは掃除機などでは取り切れない皮脂汚れや食べこぼしなどの汚れをふき取ってくれるロボット掃除機です。

うちたけ
うちたけ
床拭きをする場合モップ掃除が一般的ですが、結構大変ですよね・・

ブラーバはボタンを一つ押すだけで、自動的に部屋のすみずみまで床掃除をしてくれるのでとても楽です。

ブラーバはボタン一つで床掃除を行ってくれるブラーバはボタン一つで床掃除を行ってくれる

ブラーバは「iAdaptアイアダプト2.0 キューブナビゲーション」というシステムを搭載しているので、部屋の形状や家具の配置などを把握しながら、部屋全体をすみずみまでキレイにすることができます。

ブラーバに付属している「NorthStarノーススターキューブ」を使うと、より正確な位置情報が可能になります。

うちたけ
うちたけ
ノーススター、つまり北極星です。このキューブを基準としてブラーバが動き回ります
ブラーバに付属している「NorthStarキューブ」ブラーバに付属している「NorthStarキューブ」
うちたけ
うちたけ
掃除が終わったら、スタートした位置にきちんと戻るので、賢いな。と思いますね

水拭きとから拭き、2つの清掃モード

ブラーバ2つの清掃モードブラーバ2つの清掃モード

雑巾がけにも水拭きとから拭きがあるように、ブラーバでも2つの清掃モードがあります。

水拭き専用クロス(上:水色)とから拭き専用クロス(下:白色)水拭き専用クロス(上:水色)とから拭き専用クロス(下:白色)

モードによって、稼働面積が違います

水拭きモード

ブラーバの水拭きモードとはブラーバの水拭きモードとは

水拭きモードは専用パッドに水を入れ、水拭き用のクロスを取り付けて掃除をするモードです。

ブラーバの専用タンクに水を入れているところブラーバの専用タンクに水を入れているところ
専用タンクにクロスを取り付けます専用タンクにクロスを取り付けます
パッドをブラーバ本体に取り付けるところパッドをブラーバ本体に取り付けるところ
うちたけ
うちたけ
床にこびりついた目に見えない汚れを落とすのに向いているモードです

専用のクロスを湿らせながら、念入りに床掃除をしていきます。

うちたけ
うちたけ
枝分かれするように進むのが特徴です
ブラーバのウェットモード。実際に動いているところブラーバのウェットモード。実際に動いているところ

きれいに見えても、床は意外に汚れています

ブラーバの掃除が終わったあとクロスを見ると、黒く汚れていてびっくりすることも多いですね。

掃除が終わった後。きれいに見えても、床が汚れていたことが分かる掃除が終わった後。きれいに見えても、床が汚れていたことが分かる

ブラーバの水拭きモードの最大稼働面積は20畳です。

実験的に、床にコーヒーをこぼして掃除させてみました実験的に、床にコーヒーをこぼして掃除させてみました
うちたけ
うちたけ
1LDK+αくらいだったら十分な稼働面積ですね。

から拭きモード

ブラーバのから拭きモードブラーバのから拭きモード

ブラーバのから拭きモードは、ホコリや髪の毛をからめとるのに向いているモードです。

ブラーバは色々なところに入り込めるので、掃除機で掃除しきれないような場所のホコリを集めてきてくれます。

ブラーバは狭いところにも入り込めるブラーバは狭いところにも入り込める
うちたけ
うちたけ
椅子周りなんかも念入りに掃除をしてくれますね

ブラーバのから拭きモードの最大稼働面積は56畳です。

うちたけ
うちたけ
56畳あれば、十分すぎると言えますね

また、から拭きモードは専用のクロスだけではなく、市販のクイックルワイパーを装着することが可能です。

クイックルワイパーが装着可能

ブラーバはクイックルワイパーが装着できて便利ブラーバはクイックルワイパーが装着できて便利

ブラーバのから拭きモードでは、市販のクイックルワイパーのシートを装着できるので非常に便利です。

専用パッドにクイックルワイパーを付けるところ専用パッドにクイックルワイパーを付けるところ
ギザギザの隙間にクイックルワイパーを差し込んでギザギザの隙間にクイックルワイパーを差し込んで
本体に取り付けるだけ本体に取り付けるだけ
うちたけ
うちたけ
正直なところ、ブラーバに付属しているから拭きクロスはほとんど使わず、クイックルワイパーばかり使っています

吸着できるホコリやゴミもこの通り。

ブラーバジェット×クイックルワイパーのコンボは最強説ブラーバジェット×クイックルワイパーのコンボは最強説

自分でクイックルワイパーをかけるより、圧倒的に楽ですし、ブラーバの方が隅々まで掃除をしてくれます。

うちたけ
うちたけ
なお、クイックルワイパーの使用は公式サイトでも大々的に認められていて、裏技ではありません(笑)

音が静か

ルンバなどのロボット掃除機はモーター音がうるさいですが、ブラーバは非常に音が静かです。

深夜でも早朝でも、気兼ねなくブラーバを動かすことができます。

うちたけ
うちたけ
特にマンション暮らしなどでは隣近所を気にすることもないのでありがたいですね

ブラーバのデメリット

ブラーバのデメリット・気になる点は?ブラーバのデメリット・気になる点は?

便利なブラーバですが、少し気になる点もあります。

自動充電ではない

ブラーバは充電台に運んで充電させてあげる必要があるブラーバは充電台に運んで充電させてあげる必要がある

ブラーバは、掃除をさせたい位置に運んでいって、スタートボタンを押します。

掃除が終わるとスタート位置に戻ってくるので、ブラーバを回収して充電台に設置する必要があります。

何を当たり前のことを・・・と思うかもしれませんが、ルンバなどのロボット掃除機に慣れていると、わずらわしく感じることもあるんですね。

うちたけ
うちたけ
ルンバは自動帰還、自動充電です

なので、多少手間に感じることはあります。

アプリ非対応

アプリ対応だと何かと便利なんですが・・・アプリ対応だと何かと便利なんですが・・・

ブラーバはアプリ非対応です。

iRobot社のロボット掃除機はアプリに対応するモデルも比較的多いのですが、ブラーバ(390j,380j)に関してはアプリ非対応モデルです。

アプリに対応していると、スマートフォンから操作できたり、いろいろ便利なのですが、ちょっと残念な点ではあります。

うちたけ
うちたけ
いずれにしても、ロボット掃除機をあまり使ったことがない方にはそこまでデメリットに感じないことも多いと思います

ブラーバ380jと390jの違い

ブラーバは細かく分けると3種類のモデル(型番)があります。

うちたけ
うちたけ
ブラーバ371j、ブラーバ380j、ブラーバ390jです。

これらに、ブラーバ本体の性能面での違いはありません

では何が違うかと言えば、付属品です。

ブラーバ380jとブラーバ390jの付属品の違い

ブラーバ380よりブラーバ390jの方が付属品が多くついてきます

具体的には、水拭き用クロスとから拭き用クロスが1枚ずつ390jの方が多いのと、使い切りの床用洗剤が2つ付属されています

うちたけ
うちたけ
それだけです

正直、クロスが1枚ずつ多いくらいでメリットはあまり感じないので、値段も安いブラーバ380jの方がいいかな。と個人的には思います。

ブラーバ371jとブラーバ390jの付属品の違い

急速充電スタンド急速充電スタンド

ブラーバ371jとブラーバ390j大きな違いは、急速充電スタンドの有無です。

うちたけ
うちたけ
ブラーバ371jには急速充電スタンドがついていません。

急速充電スタンドを使わない場合のブラーバの充電時間は4時間ですが、使った場合は2時間になります。

また、ブラーバ371jは、390jよりクロスが多く入っています。

うちたけ
うちたけ
急速充電が必要ない場合は、安いブラーバ371jでもいいかもしれません

ブラーバの口コミ・評判

ブラーバの口コミや評判をTwitterから集めてきました。

ブラーバのレビュー・口コミまとめ

ブラーバを導入することで、家の中をきれいに保つことができています。

特に我が家は小さい子供がいるので床が汚れるのが日常茶飯事なのですが、ブラーバがとても活躍してくれています。

ブラーバは非常におすすめの掃除時短家電アイテムですブラーバは非常におすすめの掃除時短家電アイテムです

ホコリや髪の毛をからめとってくれるドライモード、床の汚れをこすり落としてくれるウェットモードを使い分けることで、床の様々な汚れに対応できます。

うちたけ
うちたけ
クイックルワイパーを付けられるのは本当に使い勝手がいいです

この機会に、楽に床掃除を行ってくれる「ブラーバ」の導入を検討してみてはいかがでしょうか?