ブラーバ

ブラーバがあれば掃除機はいらないのか?一人暮らしには向いている!?

一人暮らしにブラーバは向いている?

こんにちは。ブラーバ380jユーザーのうちたけです。

掃除機がけ、大変ですよね。このブログにもいくつかブラーバについての記事を書いていますが「ブラーバ 掃除機いらない」で検索している人も多いみたいですね。

「ルンバ 掃除機いらない」で検索する人はあまり多くないので「なんでだろう?」と不思議に思っていたのですが、多分、ルンバは言わずもがな「掃除機の代わりになるもの」なので「そもそも掃除機はいらないもの」と思ってる人が多いのかもしれません。

ブラーバは床拭き掃除ロボットです。ブラーバではどの程度ゴミが取れるのかわからないので、掃除機が必要なのかどうか知りたい。という方が多いということでしょうか。

あとは、ブラーバの方がルンバより安いので、ブラーバだけで床掃除をまかなえるか?ということが気になる方もいるのかもしれません。

ブラーバのウェットモード。実際に動いているところブラーバのウェットモード。実際に動いているところ

私はルンバ、ブラーバのどちらも持っているので、はっきり言って掃除機はいらないのですが、ブラーバしか持ってなかったらだったらどうだろう?

ということで私なりに考えてみました。

結論から言えば、掃除機はないならないでもいいけど、併用した方がベターかな。という感じです。

子供がいるかどうかや、キレイ好きかどうかにもよるかもしれません。
一人暮らしだったら、ブラーバだけでも十分かな、という感じでもします。

この記事の最後に、ブラーバだけでOKな人はどんな部屋・ライフスタイルの方か?ということも考えてみたので参考にしてみてください。

私が持っているのはブラーバ380jです。(ブラーバジェットではありません)この記事でブラーバと言うとき、ブラーバ380jのことを指しています。

ブラーバは掃除機いらずか?

ブラーバは拭き(ふき)掃除に特化している

ブラーバは拭き掃除ロボットです。なので、基本的にゴミを吸い取るという行為はしません。

この時点で掃除機必要なんじゃないの!?と思うかもしれないのですが、ブラーバにはクイックルワイパーを付けられるんですね。

クイックルワイパーのついたパッドをブラーバに装着クイックルワイパーのついたパッドをブラーバに装着

ハンディのクイックルワイパーだけでさっと掃除を済ませる方もいるかもしれません。

ブラーバは、専用のパッドにクイックルワイパーを装着するだけで自動で部屋中をくまなく掃除をしてくれます。

ブラーバが実際にドライモードで動いている様子ブラーバが実際にクイックルワイパーを付けて動いている様子

クイックルワイパーは、髪の毛やホコリ、花粉なども吸着しますので、ある程度のゴミであればクイックルワイパー+ブラーバでで十分ですね。

クイックルワイパーを使って掃除をすると髪の毛やホコリがきちんととれているクイックルワイパーを使って掃除をすると髪の毛やホコリがきちんととれている

紙くずとか、ある程度の大きさのゴミはさすがにクイックルワイパーだけでは難しいです。

ブラーバには2つの掃除モードがあり、このクイックルワイパーを付けて掃除するのは「から拭き(ドライ)モード」と言います。から拭きモードは56畳の部屋を掃除ができるので日本の家なら十分かなと。

もう1つのモードは「水拭き(ウェット)モード」と言って、いわゆる雑巾がけですね。このモードでは20畳程度が最大の清掃範囲です。

実験的に、床にコーヒーをこぼして掃除させてみました実験的に、床にコーヒーをこぼして掃除させてみました

意外に床って汚れているので、このモードで掃除をすると専用クロスが結構黒くなります。

きれいにしているつもりでも、床は意外に汚れているきれいにしているつもりでも、床は意外に汚れている

ブラーバは段差を登れない

まあ拭き掃除なので、当たり前といえば当たり前なのですが、段差は登れません。部屋と部屋の境のちょっとした段差くらいだったら乗り越えられますが、カーペットとかは登りません。

最も、クイックルワイパーを付けて登られても困るんですが、カーペットの上って意外にゴミがたまりますよね。

ルンバであればカーペットの段差も乗り越えていけるのできちんと掃除をしてくれるのですが、ブラーバでは掃除ができません。

カーペット(ラグ)上での吸引力実験-紙くず編-ルンバはカーペットの上のゴミも吸い取ってくれる

なので、カーペットを敷いている家だと、ブラーバだけだと少し厳しいかなと思います。

結論、ブラーバだけでOKな部屋、ライフスタイルとは?

どんな部屋がブラーバonlyに向いているか?どんな部屋がブラーバonlyに向いているか?

私が考える、ブラーバだけでOKな部屋やライフスタイルは以下の通りです。

・ホコリやチリが落ちていなければOKという人
(ある程度大きなゴミは自分でひろう)
・1LDKくらいの家
・1人暮らし
・大きなカーペットやラグを敷いていない

冒頭にお伝えしたように、ゴミ一つない部屋を目指すのであればブラーバだけでは厳しいかもしれません。

なので、

「ブラーバをメインにして、気になるときに掃除機をかける」
「ルンバをメインにして、ブラーバをサブ的に使う」(我が家)

のような使い方の方が、ブラーバの使い方としてはいいのかな、と思います。

参考になったかは分かりませんが、ブラーバユーザの私の意見をまとめてみました。