ホットクック

ホットクックをレンティオでレンタル。どの機種(モデル)を選べばいい?

レンティオでホットクックのレンタルをするなら

ホットクックユーザーのうちたけです。

ホットクックの購入を検討しているけど、ちょっと高いし、本当に必要かどうか分からない。

と思って迷っている方も多いかもしれません。

そういった方はレンタルを検討してみるのも一つの手です。

家電レンタルで有名なところといえば、「レンティオ」です。

しかし、レンティオでホットクックのレンタルをしようと思っても、どのモデルをレンタルすればいいのか分からない。となってしまう可能性があります。

なぜなら、ホットクックの種類って主なもので4種類もあるからです。

詳細はこちらでまとめているのですが、

ホットクックモデルの違い
ホットクック4機種の違い。おすすめモデルは?無線LANありなしどっち?ホットクック、どのモデルを買おうか迷いますよね。現在4種類のモデル(KN-HW24C、KN-HW16D、KN-HT24B、KN-HT99B)が存在します。無線LAN対応/非対応、大容量モデル、デザインなど、いくつかの違いがあります。一体どのモデルを買えばいいのか、おすすめモデルを紹介します。...

ざっくり分けると、

・無線LANが使えるか使えないか
・容量が大きい(2.4L)か小さい(1.6L)か

の違いです。

また、レンティオでは、短期で借りるプラン、長期で借りるプランもあるので、どちらのプランで借りるのかも検討する必要があります。

この記事では簡単にモデルの違いをまとめながら、どのモデルをどのプランでレンタルすればいいのか?ということをまとめていきます。

レンティオとは?

家電レンタルといえば、レンティオ家電レンタルといえば、レンティオ

レンティオはカメラ、家電製品を中心にレンタル及び販売する会社です。公式サイトによれば、これまでに11万件以上の貸し出し実績があります

レンタルといえば、レンティオと思い浮かべるくらい、馴染んできた感じはありますね。

レンタルする時の心配事である「壊してしまった場合の負担」ですが、過失のない故障は修理費の請求はなく、また不注意で壊してしまった場合でも負担は最大2,000円までと安心できる保証内容となっています。

レンティオでのレンタルの仕方(2種類)

短期で借りるか、長期で借りるかを選択することができます。

短期だと7泊8日からレンタルすることができます(1日ごとの延長可能)

買う前提だけど、念のためちょっと試したい。という方におすすめですね。

また、長期だと月額制で、最低3か月利用するプランもあります。

3か月利用するとそれなりに値段がするので、買うほどではないけど、ちょっと長めに使ってみたい。という方にはいいかもしれません。

※・・・といいつつ、私は長期でレンタルするメリットがイマイチ分かっていません。短期でいいと思います。

ホットクック モデルの種類について

ホットクックは4モデル存在するホットクックは4モデル存在する(旧モデル除く)

現在、メインで発売されているのは以下の4モデルで、ザックリとまとめると違いは以下の通りです。

KN-HW24C KN-HW16D KN-HT24B KN-HT99B
容量 2.4L 1.6L 2.4L 1.6L
量の目安 2~6人分 2~4人分 2~6人分 2~4人分
無線LAN機能
メニュー 130
※増やせる
126
※増やせる
119 114
レンティオ取扱い あり あり なし あり

再度になりますが、詳しくはこちらの記事でまとめていますので必要に応じてご参照ください。>>ホットクック4機種の違い。おすすめモデルは?無線LANありなしどっち?

レンティオでレンタルできるホットクックのモデル(一覧)

ホットクックのメニュー画面(無線LAN対応モデル)ホットクックのメニュー画面(無線LAN対応モデル)

上で紹介したモデルのうち3種類、発売日が古いモデル(2015年発売)が1種類レンタルすることができます。

最近のモデルでレンタルできないのは、無線LAN非対応の2.4Lモデルです。

ホットクックをレンティオで短期レンタルする(7泊8日)

KN-HW24C-R

KN-HW24C-RKN-HW24C-R

KN-HW24C-R<無線LAN対応・2.4Lモデル>
レンタル費用:7,980円
※参考情報:発売日:2017年10月26日

「KN-HW24C-R」のレンタルページ(7泊8日)を見る

KN-HW16D

KN-HW16DKN-HW16D

KN-HW16D-R<無線LAN対応・1.6Lモデル>
レンタル費用:6,980円
※参考情報:発売日:2018年 7月26日

「KN-HW16D-R」のレンタルページ(7泊8日)を見る

KN-HT99B

KN-HT99BKN-HT99B

KN-HT99B<無線LAN非対応・1.6Lモデル>
レンタル費用:6,980円
※参考情報:発売日:2018年 9月21日

「KN-HT99B」のレンタルページ(7泊8日)を見る

KN-HT99A

KN-HT99AKN-HT99A

KN-HT99A<無線LAN非対応・1.6Lモデル>
レンタル費用:5,980円
※参考情報:発売日:2015年11月 5日

「KN-HT99A」のレンタルページ(7泊8日)を見る

ホットクックをレンティオで長期レンタルする(最低3か月利用条件)

月額で見ると7泊8日よりお得に見えますが、最低利用期間が3カ月なので注意が必要です。※上で紹介しているので、画像は省略します(・・というかほとんどどれも同じに見えますよね)

KN-HW24C-R<無線LAN対応・2.4Lモデル>
レンタル費用:月額7,000円(3か月利用料金:21,000円)
※参考情報:発売日:2017年10月26日

「KN-HW24C-R」のレンタルページ(3カ月)を見る

KN-HW16D-R<無線LAN対応・1.6Lモデル>
レンタル費用:月額5,000円(3か月利用料金:15,000円)
※参考情報:発売日:2018年 7月26日

「KN-HW16D-R」のレンタルページ(3カ月)を見る

KN-HT99B<無線LAN非対応・1.6Lモデル>
レンタル費用:月額6,000円(3か月利用料金:18,000円)
※参考情報:発売日:2018年 9月21日

「KN-HT99B」のレンタルページ(3カ月)を見る

KN-HT99A<無線LAN非対応・1.6Lモデル>
レンタル費用:月額4,500円(3か月利用料金:13,500円)
※参考情報:発売日:2015年11月 5日

「KN-HT99A」のレンタルページ(3カ月)を見る

どのモデルのレンタルがおすすめか?

短期か長期か?という点ですが、買う前提なら短期でいいと思います。

ホットクックを買う時に迷う要素としては、以下の2ポイントだと思います。

・無線LAN接続は必要かどうか?
・2.4Lと1.6Lのどちらを買うか?

そういった意味では、無線LANがついている機種をレンタルし、必要か不要かを判断する方がベターだと思います。使ってみないと判断できないですからね。

また、大は小を兼ねるといいますので、2.4Lをレンタルして、作れる料理の量を確認するのがいいかと思います。

無水カレー。おいしい無水カレー。おいしい(2.4Lで作成。6杯分)

結論としては、レンタル費用もそこまで劇的には変わりませんのでこちらがおすすめです。

レンタルするなら、おすすめモデルはこれ(KN-HW24C-R)

KN-HW24C-RKN-HW24C-R

KN-HW24C-R<無線LAN対応・2.4Lモデル>
レンタル費用:7,980円(7泊8日)
※参考情報:発売日:2017年10月26日

「KN-HW24C-R」のレンタルページ(7泊8日)を見る

費用を抑えたいならこのモデルのレンタルも検討の余地あり(KN-HT99A)

KN-HT99AKN-HT99A

あとは、モデルとしては2015年に発売なので他の3種類よりは古いですが、とりあえずホットクックがどんなものか試してみたい。という方は一番安いものをレンタルしてみるというのも手です。

KN-HT99A<無線LAN非対応・1.6Lモデル>
レンタル費用:5,980円(7泊8日)
※参考情報:発売日:2015年11月 5日

「KN-HT99A」のレンタルページ(7泊8日)を見る

ホットクックをレンタルして比較検討しよう

いずれにしても、レンタルをしてみると、欲しい!となると思います。(おそらく)

仮にパートナーがホットクックの購入に渋い顔をしているのであれば、レンタルをしてみて、実際に作り、料理を食べてみたら、買おう!となる可能性も高まるので、そういった方も一度レンタルしてみてはいかがでしょうか?

私が持っている無線LAN対応モデル(2.4L、KN-HW24C-R)のレビューは以下でまとめています。

ホットクックレビュー
時間を有効活用。ホットクック使用レビュー。期待通りだった事、期待外れだった事効率よく料理ができ、おいしく調理ができるシャープのヘルシオ ホットクック(KN-HW24C)のレビュー、メリットやデメリットなど。ホットクックを買って後悔したという評判もありますが、私はいい買い物だったと思っています。何より時間を有効活用できて、非常に楽です。...

この記事をみてもう買いたくなってしまったよ。という方は

容量は1.6Lですが、唯一の白いモデルも人気があります。