ILIFE(アイライフ)

ILIFEのロボット掃除機比較や違い。おすすめモデルはどれ?【実機レビュー】

ILIFE社ロボット掃除機比較レビュー

いろいろなロボット掃除機を実機レビューしているうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

ILIFE(アイライフ)のロボット掃除機は「V5s Pro」「A6」を実際に使ったことがあります。

ILIFE(アイライフ)のA6とV5sILIFE(アイライフ)のA6とV5s

ILIFEのロボット掃除機は価格も1~3万円台と、コストパフォーマンスが高いことで人気です。

うちたけ
うちたけ
でも、機種が多くてどのモデルを選べばいいのか分からない 

という方も多いかもしれません。

ILIFE(アイライフ)のロボット掃除機は大きく分けてAシリーズ、Vシリーズの2つのモデルがあります。

うちたけ
うちたけ
吸い込み口に回転ブラシがついているのがAシリーズ、ついていないのがVシリーズです 
【上】Aシリーズ(ブラシあり)【下】Vシリーズ(ブラシなし)【上】Aシリーズ(ブラシあり)【下】Vシリーズ(ブラシなし)

この記事では、ILIFE社のAシリーズ中位モデル「A6」、Vシリーズの中位モデル「V5s Pro」を実際に使った私の目線で、各モデルを比較してみたいと思います。

うちたけ
うちたけ
水拭きができるモデルもあるので注目ですよ

ILIFE(アイライフ)のロボット掃除機全6機種比較

ILIFE(アイライフ)社のロボット掃除機全6機種のうち、主な性能を比較した表です。

Vシリーズ Aシリーズ
V3s Pro V5s Pro V8s A4s A6 A7
サイズ(mm) 300×300×81 300×300×81 330×320×81 310×310×76 310×310×76 330×320×76
重さ(kg) 2.2 2.24 2.7 2.2 2.2 2.5
稼働時間 100-120 100-120 80 120-140 120-140 120-150
吸引口ブラシ なし なし なし あり あり あり
水拭き
ダストボックス容量 0.3L 0.3L 0.75L 0.45L 0.3L 0.6L
スマホ対応
うちたけ
うちたけ
VAの後についている数字が大きくなるほど上位モデルになります。 

ILIFEロボット掃除機AシリーズとVシリーズの違い

AシリーズとVシリーズの違いは、吸い込み口にローラー状のブラシがあるかないかの違いです。

うちたけ
うちたけ
ローラーブラシがあるのがAシリーズ、ローラーブラシがないのがVシリーズです。  

Aシリーズは吸い掃除に特化しているモデルです。

A6のブラシ。上がメイン(ラバー)ブラシ、下が絨毯用ブラシA6のブラシ。上がメイン(ラバー)ブラシ、下が絨毯用ブラシ

ローラー状のブラシがあることで、カーペットの奥のゴミもしっかり吸引することを目的にしています。

A6とV5s Proの吸引力比較

うちたけ
うちたけ
ただ、個人的にはローラーがないV5sの方がA6よりゴミがよく取れた気がします 

この違いはフローリングで吸引力実験をしたときに顕著でした。

V5s Proは一度の走行で全ての紙くずを吸い取ったのに対し、A6は全ては吸引できませんでした。

うちたけ
うちたけ
Vシリーズの吸引口の方がシンプルな構造なので、ゴミを吸い込みやすいのかもしれません。 
Vシリーズは吸い込み口にブラシがついておらず、構造がシンプルVシリーズは吸い込み口にブラシがついておらず、構造がシンプル

カーペット上の吸引力の比較でも、そこまで大きな違いは見られず・・・。

吸引力でみれば、V5s Proの方がおすすめですね。

うちたけ
うちたけ
V5sProのレビューについてはこちらの記事でまとめています
created by Rinker
アイライフ(Ilife)
¥22,306
(2019/12/10 23:32:30時点 Amazon調べ-詳細)

ILIFEのロボット掃除機で水拭きができるのは2機種

V5sProは水拭きにも対応V5sProは水拭きにも対応

ILIFE(アイライフ)のVシリーズのうち、V5sProとV8sのみが水拭きも吸引も両方できるタイプです。

うちたけ
うちたけ
お得感が半端ない

両方の機能があるけど、どっちも中途半端なんじゃないの?

と思われるかもしれません。

うちたけ
うちたけ
安心してください。吸引も水拭きもしっかりやってくれましたよ 

以下はV5sProで水拭きの実験をした動画ですが、「しょうゆ」も「カレー」よごれもしっかり落としてくれましたね。

うちたけ
うちたけ
ただ、水拭きモードは注意が必要です 

基本的に吸引がメインのロボット掃除機なので、カーペットの上も登っていってしまいます。

うちたけ
うちたけ
水拭きモードで掃除をする時は、カーペットを巻いておくのが必須 

水拭きもできるモデルV5sProとV8sの違い

V5sProのダストボックス容量は0.3LV5sProのダストボックス容量は0.3L

V5sProとV8sの最大の違いはダストボックス容量です。

V5sProが0.3Lの容量なのに対し、V8sは0.75Lと、2.5倍の大きさがあります。

うちたけ
うちたけ
ダストボックス容量が0.3Lだと、3日の掃除で貯まったゴミを捨てる必要があります 

また、V5sはランダムに走行するので掃除に無駄がありますが、V8sは「弓形計画走行」という機能があり、無駄のない掃除ができるのが特徴です。

V8sは弓型走行で無駄なく掃除が可能V8sは弓型計画走行で無駄なく掃除が可能
ILIFE(アイライフ)社ロボット掃除機「V8s」
ILIFE

ILIFEのロボット掃除機で細かくスケジュール設定できるのはV8sとA7

A7はスマホでスケジュール設定できて便利(公式サイトから画像抜粋)A7はスマホでスケジュール設定できて便利(公式サイトから画像抜粋)

ILIFE(アイライフ)のロボット掃除機は全てのモデルで予約機能があります。

しかし、曜日ごとに細かく時間を変更できるのはV8sとA7のみです。

毎日決まった時間に掃除を開始させるならそこまで必要ないかもしれませんが、

休日は遅めに掃除を開始したい。

などのニーズがある場合には便利な機能です。

うちたけ
うちたけ
もちろんV8sとA7以外のモデルでも、その都度予約時間を変更すればいいのですが、めんどうですよね。  

ILIFEのロボット掃除機でスマホ連動しているのはA7のみ

スマホ連動はA7のみスマホ連動はA7のみ

ロボット掃除機とスマホアプリの連動は便利です。

A7以外のモデルはリモコン操作ですが、リモコンって家にいっぱいあるんですよね

うちたけ
うちたけ
リモコンがこれ以上増えても困る・・・ 
基本的にはリモコン操作がメインに基本的にはリモコン操作がメインに

その点、A7はスマホから掃除機本体の操作ができたり、予約時間の設定ができます。

うちたけ
うちたけ
ワンタッチで操作できるのはありがたいですね 

ILIFE社のロボット掃除機を買うにあたって知っておくべきこと

左がILIFE「A6」右が「V5sPro」左がILIFE「A6」右が「V5sPro」

ILIFE(アイライフ)社のロボット掃除機を購入するにあたり1点注意しておくことがあります。

うちたけ
うちたけ
バッテリー(充電池)です 

ILIFE社の公式ページによれば、

充電池の寿命については、ご使用方法、ご使用頻度により変化しますが、通常使用の場合ですと、1年間を過ぎると少しずつ充電池の減衰が見られます。ーQ&A

となっています。

うちたけ
うちたけ
1年でバッテリーダメになるの!? 

「使用頻度により」とはなっていますが、バッテリーが1年くらいしか持たない想定というのはちょっと残念な点です。

うちたけ
うちたけ
ルンバは3~6年くらいの寿命が想定されています 

ただ、バッテリーもそこまで高くはなく2~3,000円で購入できます。(モデルごとにバッテリーの種類が違う場合があります)

うちたけ
うちたけ
ILIFE社のロボット掃除機を買う時は本体価格+ランニングコストを合わせて考えた方がいいですね 

【目的別】ILIFEのロボット掃除機のおすすめモデルは?

さて、それぞれのモデルごとに特徴のあるILIFE(アイライフ)社のロボット掃除機ですが、どのモデルが自分の家に合っているのかイメージできましたか?

うちたけ
うちたけ
どのモデルもよさそうだし悩ましい 

という方向けに、目的ごとにおすすめのモデルをご紹介します

価格重視なら「V3s Pro」か「A4s」

ILIFEのロボット掃除機の各シリーズの中でも下位モデルにあたる「V3s Pro」と「A4s」はかなりリーズナブルな価格設定になっています。

うちたけ
うちたけ
特に「V3s Pro」は1万円台で売られていることも多く、お買い得モデルと言えます。

とにかく安くロボット掃除機を買いたい。という場合は「V3s Pro」がおすすめです。

「A4s」は「V3s Pro」に比べると、吸引力を強めることができる「MAX」モードを搭載するなど、多少スペック優位となります。

少し予算に余裕がある方は「A4s」でもいいかもしれません。

created by Rinker
アイライフ(Ilife)
¥16,900
(2019/12/10 23:32:31時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
アイライフ(Ilife)
¥18,900
(2019/12/10 23:32:32時点 Amazon調べ-詳細)

水拭きもしたいなら「V5s Pro」か「V8s」

V5sProは水拭きもできて1台で2役の活躍V5sProは水拭きもできて1台で2役の活躍

吸引も、水拭きできるモデルは「V5s Pro」か「V8s」になります。

「V5sProとV8sの違い」でも紹介した通り、V8sの方がV5sより上位モデルになりますので、予算に余裕があれば「V8s」がベターですね。

うちたけ
うちたけ
「V5s Pro」でも十分といえば十分ですけどね 
created by Rinker
アイライフ(Ilife)
¥22,306
(2019/12/10 23:32:30時点 Amazon調べ-詳細)

ILIFE(アイライフ)社ロボット掃除機「V8s」
ILIFE

デザイン重視なら「A6」

ILIFE「A6」は美しいんですよねILIFE「A6」は美しいんですよね

A6は単純にデザインがシンプルで美しいです。

A6はAシリーズの中位モデルなので、突出した性能があるわけではありませんが、家具のデザインにこだわりがあるならA6はおすすめです。

うちたけ
うちたけ
すこしクセはありますが、ロボット掃除機としての機能は十分なモデルです 

A6のクセが気になる方は以下の記事もあわせてご覧ください

ILIFE「A6」レビュー
ILIFE「A6」レビュー。価格は安いけどロボット掃除機として性能はどうなの?A7との違い。口コミは?【動画レビュー】ILIFE(アイライフ)社のロボット掃除機「A6」のレビュー・評価です。ILIFEA6は中国製の製品で不安に思っている方もいるかもしれませんが、性能に問題はありません。使ってみて、A6は一人暮らしや夫婦2人(DINKs)の方に最も向いているロボット掃除かな、と思います。...
created by Rinker
アイライフ(Ilife)
¥24,343
(2019/12/10 20:31:08時点 Amazon調べ-詳細)

ロボット掃除機とスマホ連動したい場合は「A7」

A7はAシリーズの中で高スペックのモデルになるので、ILIFEシリーズの中ではやや高めのロボット掃除機です。

うちたけ
うちたけ
高めといっても3万円くらいなんですけどね。ロボット掃除機としてはリーズナブル

A7はスマホ連動できるモデルなのでかなり便利です。

ダストボックス容量も0.6Lと大きめなのでゴミ捨ての手間もそんなにはありません。

ILIFEのロボット掃除機比較や違いまとめ

ILIFE(アイライフ)社のロボット掃除機はロボット掃除機としての性能も問題なく、価格も安いので検討しやすい掃除機です。

一方で、バッテリー寿命は頭の中に入れておく必要があります。

うちたけ
うちたけ
そもそも本体価格も安いし、ランニングコストもそこまでではないですけどね 

ということで、様々なモデルがあるILIFE社のロボット掃除機ですが、1つの候補として検討してみてはいかがでしょうか?

うちたけ
うちたけ
個人的には価格も安くて水拭きまでできる「V5sPro」がおすすめです
created by Rinker
アイライフ(Ilife)
¥22,306
(2019/12/10 23:32:30時点 Amazon調べ-詳細)

ILIFE(アイライフ)「V5sPro」レビュー
ILIFE「V5s Pro」レビュー・口コミ。作りは粗めだけど結構優秀です【水拭きもできる】ILIFE(アイライフ)の「V5s Pro」は掃除だけでなく、水拭きもできる、1台で2役のお得なロボット掃除機です。多少作りが粗く気になるところもありますが、清掃能力も十分でコスパも良いです。この記事では「V5sPro」のレビュー・評価や口コミ・評判をまとめていきます。 ...
うちたけ
うちたけ
購入を迷っている人は、レンタルをするという方法もあります。レンティオというサイトでレンタルできますよ。私もここでレンタルしました。

レンティオでILIFE「V5s Pro」をレンタルする
レンティオでILIFE「A6」をレンタルする