ILIFE(アイライフ)

ILIFE「A6」レビュー。価格は安いけどロボット掃除機として性能はどうなの?A7との違い。口コミは?

ILIFE「A6」レビュー

こんにちは。ロボット掃除機を色々試しているうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

ロボット掃除機はルンバが有名ですが、価格が高いんですよね。

価格が安いロボット掃除機はないかな~」と思って探していると見つかるのがILIFE(アイライフ)社のロボット掃除機です。ただ、

うちたけ
うちたけ
ILIFEは中国製のロボット掃除機だけど、性能は大丈夫なの?

と思っている方も多いと思います。

ILIFE「A6」はシンプルですっきりしたデザインが特徴ILIFE「A6」はシンプルですっきりしたデザインが特徴

そこで、今回はILIFE社製品の中ではミドルクラスにあたる「A6」というモデルのレビューをします。

うちたけ
うちたけ
ILIFE「A6」は1人暮らしの方や夫婦2人(DINKs)の方で、段差のあるカーペットを敷いていない家むけのロボット掃除機ですね

ILIFE社のロボット掃除機の価格はリーズナブルなので、条件があえば有力候補の1つとして検討する価値アリです。

このレビュー記事では、A6の吸引力実験や、段差実験、騒音実験なども動画でまとめていますので、気になるところから見てください。

created by Rinker
アイライフ(Ilife)
¥24,343
(2019/12/10 20:31:08時点 Amazon調べ-詳細)

ILIFE「A6」は中国製だが大丈夫か?

中国製だとなんか不安・・中国製だとなんか不安・・

A6はロボット掃除機としての性能面に問題ありません。

私はルンバをはじめとして、パナソニックのルーロ、日立のミニマルを使ったことがあります。

ILFE「A6」が走行している様子ILFE「A6」が走行している様子

これらと比較した時に、

うちたけ
うちたけ
さすがにルンバには劣るけど、日立のミニマルよりはいい線いってるんじゃないの?

と思ってます。しかも、価格は安いですしね。

ILIFE社のロボット掃除機はリーズナブルな価格帯

ILIFE「A6」は価格も2万円台でリーズナブルILIFE「A6」は価格も2万円台でリーズナブル

ルンバやルーロ、ミニマルは一番安いモデルでも3~4万円しますが、ILIFE(アイライフ)社のロボット掃除機は、多くのモデルが2万円台で購入できます。

中には2万円を切るようなモデルもあります。

うちたけ
うちたけ
ILIFE「A6」も2万円台前半と、かなりリーズナブルな価格設定になっています。

安かろう、悪かろう。と思われるかもしれませんが、確かにルンバに比べると気になる点は結構あります。

しかし、ある条件下では、問題なくロボット掃除機の機能は果たしてくれています。

ILIFE「A6」を一週間動かしたときに出たゴミILIFE「A6」を一週間動かしたときに出たゴミ
うちたけ
うちたけ
上の写真は、実際にA6を一週間稼働させたときに出たゴミですが、きちんとホコリが吸引されていることが分かります。

ILIFE「A6」が備える機能や特徴、スペック

ILIFE「A6」は自動充電されるILIFE「A6」は自動充電される

大きさや重さ

A6の本体サイズは310×310×76(mm)でルンバに比べると一回り小さいです。

うちたけ
うちたけ
重さも2.2kgと軽く、扱いやすいですね。

デザインが美しい

A6はデザインがシンプルできれいA6はデザインがシンプルできれい

A6はデザインがシンプル美しいです。

うちたけ
うちたけ
表面は強化ガラスで作られているというだけあって光沢があって綺麗です。
綺麗なんですよ。開けた瞬間にいいな。という感じでした。綺麗なんですよ。開けた瞬間にいいな。という感じでした。

しかし、本体を持つと指紋がつくので、気になる人は気になるかもしれません。

稼働時間や稼働面積

稼働時間も長く、最大で160分稼働できます。

我が家で稼働させる範囲は、リビング+ダイニング+1部屋(合計20畳ほど)くらいなんですが、2時間稼働しています。

うちたけ
うちたけ
稼働時間がちょっと長いな。と感じますが、何往復もしてゴミを吸っていくイメージです。

一方、部屋の広さとはあまり関係なく、6畳ほどの狭い部屋でも、2時間くらい延々と掃除をしています。

おそらく、ILIFE社のコンセプトは、

何度も同じ場所を繰り返し走行させることで1度では吸引しきれなかったゴミを漏れなく吸引する。

なのかな?と個人的には考えています。

何度も繰り返し同じ場所を通る何度も繰り返し同じ場所を通る

A6は一度ゴミの上を通過しただけではすべてのゴミを吸引しきれません。何度か同じところを通って最終的にゴミを吸引します。

うちたけ
うちたけ
部屋が広い場合には、A6が同じ場所を走行する回数が少なくなりますし、掃除が「粗く」なりがちになる。ということですね。

そういう意味でA6が向いているのは、ある程度広さを持った家ではなく、1Kとか、1LDKくらいの家の方が性能を発揮しやすいと思います。

バーチャルウォールもついている

ILIFE「A6」のバーチャルウォールILIFE「A6」のバーチャルウォール

この価格帯のロボット掃除機にしては珍しくバーチャルウォールも付属されています。

うちたけ
うちたけ
バーチャルウォールというのは、赤外線の見えない壁を作って、ロボット掃除機に入ってほしくない場所に侵入させない機能のことです。
バーチャルウォールで侵入を防ぐバーチャルウォールで侵入を防ぐ

仕切りのない部屋に行かせたくない場合などに、バーチャルウォールを設置しておけるので便利ですね。

複数の清掃パターン

清掃パターン清掃パターン

部屋の形に合わせて以下の清掃パターンを選べます。

うちたけ
うちたけ
基本はオートモードがメインですね。

リモコンで予約可能

ILIFE「A6」には専用のリモコンがILIFE「A6」には専用のリモコンが

A6は専用のリモコンがついていて、15分単位でスケジュール予約が可能です。

うちたけ
うちたけ
ただし、月曜日はこの時間、火曜日はこの時間。という細かい設定はできません。

「朝8時15分に掃除開始」と設定したら、毎日朝8時15分に動き出します。

ILIFE「A6」吸引力はどれくらい?段差は登る?

いろいろなシチュエーションを想定して、A6の吸引力実験をしました。

うちたけ
うちたけ
ILIFEはメインブラシ(ラバーブラシ)、カーペット用ブラシの2種類ありますが、基本的にはメインブラシで実験をしています。

吸引力は?(フローリング、カーペット)

フローリングの上では、3mm角くらいの紙片であればある程度吸引します。1度や2度の走行では取り切れない場合も、何度も走行して最終的にはほとんど吸取っていきます。

ダストボックスの中身を確認すると、きちんと紙くずが吸引されていることが分かります。

ILIFE「A6」に吸引された紙くずILIFE「A6」に吸引された紙くず

カーペット等を敷いていても、A6は「紙くず」はある程度吸引します。

糸くず

しかし糸くずの場合、糸が絨毯に絡まっているとメイン(ラバー)ブラシだと厳しいです。

ただし、A6はブラシが2種類あって、メイン(ラバー)ブラシと、カーペット用ブラシがあります。

上がメイン(ラバー)ブラシ、下がカーペット用ブラシ上がメイン(ラバー)ブラシ、下がカーペット用ブラシ

それぞれを状況にあわせてA6に装着することができます。

メインブラシを装着したA6メインブラシを装着したA6
カーペット用ブラシを装着したA6カーペット用ブラシを装着したA6

カーペット用のブラシを使うと、ある程度の糸くずは処理してくれました。

ただ、いちいちブラシを変更するのは面倒かな・・・という感じもしますね。

場合によっては、メインブラシではなく、カーペット用ブラシをメイン使いにすればいいのでは?と思いますが、カーペット用ブラシもデメリットがあります。

髪の毛やホコリが絡みやすいことです。下の写真は1回の走行で巻き付いたゴミですが、メンテナンスが面倒ですね。

1回の走行で巻き付いたゴミ1回の走行で巻き付いたゴミ

段差はどれくらい登る?

我が家には置き畳(厚さ1cm)と、ラグ(厚さ1.5cm)があるんですが、このどちらも問題なく登っていきました。

うちたけ
うちたけ
ただ、公式では1.2cmまでの段差は登れるということになっています。カーペットのようなクッション性のあるものだったので、1.5cmでも多少頑張れたのかもしれません。

しかし!問題は段差を登った後です。

ILIFEの問題点(デメリット)は段差を登る瞬間にあり!?

A6は段差は問題なく登れるんですが、段差を登った後に、最大の問題点があります。

段差を登った時に、ゴミを落としていくことです。

残念ながら段差の手前に残されたゴミたち残念ながら段差の手前に残されたゴミたち
うちたけ
うちたけ
多分回転ブラシに入りきらなかったゴミを、カーペットにぶつかった時に落としていったんですね・・・

この問題があるため、カーペットなどを敷いている家庭だとA6は向きません。

逆に言えば、フローリングのみの部屋であれば問題ないですね。

※追記
今までメインブラシ(ラバーブラシ)の方がいいだろうと思って使っていたんですが、試しにカーペット用ブラシをメインで使ってみると、あまりこのような現象が起きませんでした。ただカーペット用ブラシは毛が絡みやすいのでメンテナンスは面倒ですね。ブラシは一長一短あります。

ILIFE「A6」音は静か

ILIFEのA6はとても音が静かです。

うちたけ
うちたけ
ルンバは結構音がするんですよ・・・。

特にマンションに住んでいると近所迷惑を気にして夜に走行させることができません。

しかし、A6は静音性に優れているため、夜に走行させても問題ないレベルかな?という感じです。

うちたけ
うちたけ
本体直近の騒音レベルはルンバが60デシベル程度なのに対し、A6は40~50デシベルくらいでした

「A6」と「A7」の比較。どっちがいい?

ILIFEの「A7」公式サイトから画像抜粋ILIFEの「A7」公式サイトから画像抜粋

A6とA7で比較検討している方も多いと思います。

どっちがいいか?と言われれば、A7ですね。A6より高性能だからです。

A7は清掃システムも「Gen3」 というILIFE基準の中でA6より優れたシステム*を採用していますし、何よりスマホで予約時間を設定できるのがいいです。

うちたけ
うちたけ
私はルンバのスマホアプリをよく使っていますが、スマホアプリは非常に便利です。

家の中はロボット掃除機以外の家電のリモコンが多いので、リモコンはなるべく増やしたくないですよね。

うちたけ
うちたけ
A6を起動させるのは本体操作か、リモコン操作です。予約もリモコンで時間設定(15分単位)で可能ですが、曜日ごとに予約設定できないのは不便ですね。
A6のリモコン。リモコンばかり増えても・・・という感じA6のリモコン。リモコンばかり増えても・・・という感じ

その点、A7は1週間毎日異なる時間の設定ができるので、非常に便利です。

A7はスマホでスケジュール設定できて便利(公式サイトから画像抜粋)A7はスマホでスケジュール設定できて便利(公式サイトから画像抜粋)

A6もA7なぜか値段はほとんど同じなので、A6を買うつもりがあるのであれば、A7の方がおすすめです。

ILIFE「A6」に対する口コミ

TwitterからA6に対する口コミをピックアップしてみました。

みなさん満足度は高そうですね。

ILIFE「A6」は1人暮らしやDINKsカップル向けのロボット掃除機

ここまで見てきたように、ILIFE社のA6は以下のような特徴があります。

(1)一度の走行では吸引しきれないゴミがあるが、複数回走行することで粘り強くゴミを吸い取る
(2)フローリングや畳の掃除は問題ないが、絨毯は多少苦手
(3)段差は登れるが、登る時にゴミを放置していく傾向がある
(4)静音性に優れている
(5)他社製品に比べて価格が安く、コストパフォーマンスに優れている

※(2)(3)はメインブラシではなく絨毯用ブラシを普段使いにすることで解決する可能性あり。ただし絨毯用ブラシの方はブラシに毛が絡みやすいので、メンテナンスは面倒。

以上の特徴から、A6の導入に向いている家庭は、

・1人暮らしかDINKsのカップルで、1Kや1LDKくらいの家に住んでいる方
・カーペットや絨毯などの段差があるものを置いていない家
・夜にロボット掃除機を動かしたいと思っている方
・とにかく価格の安いロボット掃除機を購入したい方

ということになります。

うちたけ
うちたけ
多少クセのあるILIFE社のA6ですが、条件さえ合えば、ロボット掃除機としては問題ないレベルですよ

何よりA6は価格が安くてコスパがいいので、初めてロボット掃除機の導入を検討している方にはおすすめの製品です。

created by Rinker
アイライフ(Ilife)
¥24,343
(2019/12/10 20:31:08時点 Amazon調べ-詳細)

うちたけ
うちたけ
他にもILIFE社のロボット掃除機はいろいろなモデルがあります。機種比較をしたい方はこちらの記事もあわせてご覧ください

購入を迷っている方は、レンタルするのも一つの手です。私もA6はレンティオというサイトからレンタルしました。レンタルは以下からできます。

レンティオでILIFE「A6」をレンタルする