お金に関すること

FP3級は独学で一発合格できる!勉強方法や勉強時間は?

FP勉強方法

こんにちは。FP2級のうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

この記事をご覧になっている方は、FP(ファイナンシャル・プランナー)3級試験を受けようかどうか迷っている、または受けることは決めたけど、どうやって勉強しよう、と思われている方が多いのではないかと思います。

そもそもですが、FP資格を取得する目的はなんでしょうか?

FP資格を持っておくと就職活動で有利だから?
FP資格があれば、何となく役に立ちそうだから?
FP資格は簡単に取れると言われる国家資格だから?

人それぞれ、目的は異なりますよね。

もしかしたら、このような目的の方は「手っ取り早く、FP3級の資格を(できれば独学で)取得したい」

と思われている方も多いかもしれません。

手っ取り早く独学でも合格する方法はあります。

ひたすら問題集と過去問を往復すればOKです。多分ね。

何回かやれば、最低合格ライン(6割)には達することができるでしょう。

ただ私はFP資格を取ることが目的ではありませんでした。

一言でいえば、「お金に関する知識を体系的に学びたい」と思ったからです。

詳しくは以下の記事にまとめましたので、もし興味があればご覧いただければと思います。

FP試験
【FP3級合格】FP試験を受けてよかったこと【メリット】FP試験に合格してよかったことではありません。FP3の試験を受けてよかったことです。「お金に関する知識」は生きる上で今後、必須のスキルかなと思います。...

だったら資格じゃなくてもよくね?

というツッコミがあると思います。

その通りです。

ただ、私のような意志薄弱の人間からすると、分かりやすい目標があった方が真剣に取り組みやすいかな。と思ったからです。安易ですね。すいません。

なお、私はFP3級の試験を受けて本当に良かったと思っています。

・子供が大学に入るまでにいくら必要なのか、そのためにはどのようにお金を貯めるのか。必要な保険は?
・年金がいくら出る予定だから、老後にどのくらい資金を用意しておけばいいのか
・考えたくはないけど、自分が死んでしまったら残された家族は生活できるのか?そのために入るべき保険は?

人生100年時代の年金
「人生100年時代」とは?その意味。年金だけでは生きていけない!?人生100年時代というフレーズは最近よく聞きます。長生きできてうれしい反面、どうやって生活していこうか?という不安をお持ちの方もいるかもしれません。実際、年金生活で生きていけるのでしょうか?...

など、自分のライフプランを見直すきっかけを与えてくれました。

なので、この記事では手っ取り早くFP3級を独学で取りたいんだ!という方に向けたものではなく、

ゆっくりと、お金に関する知識を定着させながら学んでいきたい

という方にご覧になっていただければと思っています。

勉強時間はトータルで60時間程度でした。

あ、ちなみにここまで読んでいただき、

え?もしかして、こいつ、3級は受けたけど、受けただけなんじゃね?

と思われる方もいるかもしれないですが、

受かってます。

わたし、FP3級、独学で一発で受かってます!
※ちなみに、正答率は9割でした。

それでは、独学でFP3級に受かるために実行した勉強方法や勉強時間についてご紹介していきます。

(FP3級)独学で一発合格への道~いつから、どのような準備をしたのか?~

私は2018年9月9日に受験をしました。

FP3級試験を受けようと思い立ったのが7月頃だったので、7月上旬くらいに参考書を購入し、少しずつページをめくっていきました。

使った参考書はこちらです。いくつかありますが、評判が良かったのでこちらにしました。実際に分かりやすかったです。ちなみに、後ほど紹介しますが、この参考書の姉妹本で「問題集」があるんですが、私は間違ってそちらを先に買ってしまいました。いざ勉強しようと思ったら、いきなり問題しかなかったので、失敗した!となったのですが、下に紹介したものは間違いなく「参考書」ですのでご安心を(笑)

おすすめのFP試験参考書
おすすめFP参考書は?FP2級,3級試験の正答率9割の私が推薦しますFP試験用の参考書やテキスト・問題集は色々あります。私はFP2級、FP3級ともに約9割程度正解ができましたが、基本的には1冊の参考書と問題集、過去問のみで対応できました。この参考書でほぼ全てが網羅できます。そんなFP試験用おすすめ参考書のレビューです。...

【独学で一発合格】FP3級の勉強方法

FP3級試験は独学でも合格可能FP3級試験は独学でも合格可能

何回かお話したように、試験に受かることが最大の目的ではありませんでしたので、暗記をしようとは思いませんでした

少しずつ、少しずつ知識を刷り込むように、知識を定着させるようなイメージで独学をしていきました。

まあ、イメージなので本当にできているかは不明なのですが、流れでいうと以下のような流れです。

FP3級独学での勉強方法(1) 試験全体の概要をつかむ

7月上旬~下旬(試験40~60日前)
FP3級の参考書:1周目読み込む
勉強時間:1時間程度/日(日によっては30分程度)

長い時間をかけ、FP3級の参考書を読み込んでいきました。

読み込んだといっても、行き帰りの電車の中(片道30分弱)だったのでそれほどたくさんの時間をかけているわけではありません。

分からないことはスマホなどで検索しながら知識を補足しつつ、全体の概要をつかむつもりで勉強しました。

なお、20日程度で参考書1冊読み終わった感じです。

遅いでしょ?(笑)

この時点で、1回ネットで過去問を解いてみました。

なんと合格ラインの60%を取れていたので、

いける!これ、いける!

俺、いけるよ!

小さくガッツポーズしました。

まあ、たまたま自分が知っている問題が多かったというのもあると思いますし、FP3級に合格することだけが目的ではなかったので、独学を続けていきました。

ただ、早めに過去問を解いておく。というのはおすすめの勉強方法です。

過去問を解くことで、

・問題の傾向
・難易度

などを把握することができるからです。

これらを把握できれば、次に問題集を読み込んだ時に、重点的に覚えておいた方がいいポイントなども意識できます。

独学だと、どうしても勉強のポイントが整理しきれないですからね。

過去問はFP協会などのWEBページでもPDFでダウンロードできますが、まずはネットで過去問を解くのもおすすめです。

この段階ではガッツリ勉強しているわけではなかったので、すき間時間にスマホでポチポチ問題が解けるので便利でした。

▼FP3級試験 独学合格の強い味方。ネットで過去問を解く場合はこちら
→過去問ナビ

FP3級独学での勉強方法(2) 苦手な分野を把握する

7月下旬~8月中旬(試験20日~40日前)
FP3級の参考書:2周目読み込む
勉強時間:1時間程度/日(日によっては30分程度)

参考書を一回読み込み、過去問も解いて傾向を把握したところで、再度参考書を読みなおし始めます。

FP3級の参考書を買えばわかると思うんですが、以下の6部構成になっているんですね。

1.ライフプランニングと資金計画
2.リスクマネジメント
3.金融資産運用
4.タックスプランニング
5.不動産
6.相続・事業継承

で、読み返していると、ほとんど定着していない(覚えていない)ものが出てくる。

あれほどゆっくり定着させるつもりで読んだのに、こんなこと書いてあったっけ?と思う部分が多々ある。

多々あるのです。

私の記憶力がないだけなのかもしれないのですが、そんなもんです。

独学だからとか独学じゃないからとか、そういうのは関係ない気がします。

FP3級資格に合格するだけが目的なら、全然覚えてない。やる気なくした。

やーめた。やめやめ。

となるのですが、きちんと知識を身に着けることが目的なので、モチベーションが下がることはありませんでした。

しっかりと自身の記憶力の低下という事実を受け止めながら勉強しなおしていきます。

「覚えにくい」というのは「苦手な分野である」ということです。

ネットで参考となるようなものを読んでその分野に関する情報を掘り下げてみたり、もう1冊参考書を買って、補足的に読み直したりしました。

もう1冊買った参考書はこちら。先ほど紹介したFPの教科書と大差はないものの、こちらの方が説明が多いパートがあったり、その逆もあったりします。あくまで補足的に使いました。独学だと自分にあった参考書選びもポイントの一つになりますね。

勉強するのは相変わらず出勤行き帰りの電車の中です。

FP3級独学での勉強方法(3) 試験の過去問を解く

8月中旬~試験日まで(試験前日~20日前)
過去問を解く
勉強時間:1~1.5時間程度/日

参考書を2周して、ある程度FP3級試験問題の全体像はつかんでいるはずです。

しかし、知識の抜け漏れはあるものです。

この段階では、過去問をひたすら解いて、個別問題への対処をしていくフェーズです。

先ほど紹介した過去問ナビでもいいと思いますが、参考書「FPの教科書」の姉妹本である問題集を解いたり、FP協会の過去問一覧から問題をプリントアウトして問題を解くのもおすすめです。

FP協会過去問一覧はこちら

好みの問題かもしれないですが「実際の試験問題の体裁に慣れる」という意味では過去問をプリントアウトして対策をする方がいいかもしれません。

間違えた問題は参考書に立ち返り、ネットで知識を深掘りし、定着を進めていきました

FP協会の過去問は模範解答も載っているのですが、解説がありません。

なんで間違えたのか?と悩むこともありましたが、だいたい参考書を読めば解決しました。

なお、試験は「学科」「実技」の2つに分かれています。

実技?

なんかやるの?独学で大丈夫?と思われるかもしれませんが、

問題を解くだけです。

学科は知識を問う問題、実技は多少計算を伴う問題です。

ただ、計算といっても小学生レベルの計算(四則演算レベル)なので心配はいりません。

なんなら、ほとんど計算機なくても行けるレベルです。

このころはさすがに行き帰りの電車で過去問を解けなかったので、家に帰って、子供たちが寝た後に1~1.5時間程度、過去問演習とその復習をしていました。

とは言え、計算機はあったら便利です。もっていない人は買っておいた方が無難です。時短になりますし。

created by Rinker
¥1,552
(2019/12/11 00:20:30時点 楽天市場調べ-詳細)

結論、FP3級試験の勉強時間は?

FP3級試験の勉強時間は?FP3級試験の勉強時間は?

だいたい、60時間程度です。

私の場合は期間にして独学で2カ月程度、平均して1日1時間程度の勉強時間でした。

試験まであと1カ月しかないんだけど!!

という方も、1日2時間勉強すれば独学でいけます!!頑張ってください。

短期集中でやってしまおうと思えば、2~3週間の勉強時間でも十分、合格水準(6割)に達することはできると思います。

独学だとちょっと不安だな~という方は

できないことはないんだろうけど、やっぱり独学だと合格できるか不安・・・という方は、通信講座や通学講座を検討してみてはいかがでしょうか?

値段は・・・流石にサポートもしっかりしている分、お高いです。

いきなり申し込むのはちょっと・・・という感じだと思いますので、まずは資料請求などして比較検討してみるのもいいかもしれませんね。
(*私は実際受講しているわけではありませんので、良しあしは判断できません。あしからず)

日本FP協会の認定教育機関である2つのスクールを紹介しておきます。

資格の大原

有名どころですね。画面右上に資料請求ボタンがあります。

東京リーガルマインド

あまり聞いたことはありませんが、司法試験や司法書士などの資格取得も目指せるコースもあるスクールのようです。FPに関しては各種コースのページの一番下に資料請求ボタンがあります。

FP3級(ファイナンシャルプランナー3級)の試験結果は?

冒頭にも書きましたが、合格です。

ただ、終わったときは、

完璧、100点。

と思っていたのですが、帰って自己採点していみると、勘違いしていたりケアレスがあったりして、正答率95%でした。

なのでまだ精進が必要です。

FP3級が受かったのでFP2級を目指そうと思っています。

参考書を見る限りFP3級に毛が生えたくらいの感じだったので(よく見てませんが)受けるかどうか迷ってはいます。

しかし、知識の定着という意味で、再度頭に刷り込ませていった方がいいかな、と思っているのでFP2級もチャレンジしようかなと思っています。

※追記
FP2級試験も独学で合格できました!こちらも正答率9割。大丈夫、なのでFP3級も独学でいけますよ!

FP2級試験独学で合格する方法。勉強時間は
独学でFP2級に合格する勉強方法。勉強時間は?【得点率約90%】FP2級試験に合格するのに必要なものは、参考書1冊と過去問のみです。基本的には独学で合格を目指すことができます。FP2級の試験正答率9割の私がおすすめする勉強方法を紹介します。...

いずれにしても、目的次第では独学でやるかどうかも含めて、試験対策が異なりますが、この記事が参考になる方がいれば幸いです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

FP試験の難易度、合格率は?
FP試験の難易度は?合格率は?FP2級に一発合格した私による分析FP試験を受けようと思っているけど、難しいのかな?自分でも受かるのかな?と思っている方。大丈夫です。FP試験の難易度はそれほど高いとは言えません。合格率のデータや、私の実際の体感をもとに、難易度の分析をしていきます。...
FP2級をなめてたという話
FP2級試験をなめていたという話。試験1カ月前に気づく。FP2級試験、がんばってますか?私は試験1カ月前までなめてました。過去問解いてやばい。と焦ったクチです。そんな私ですが、まだ受かってもいないFP2級試験の、勉強の途中経過のご報告です。...
おすすめのFP試験参考書
おすすめFP参考書は?FP2級,3級試験の正答率9割の私が推薦しますFP試験用の参考書やテキスト・問題集は色々あります。私はFP2級、FP3級ともに約9割程度正解ができましたが、基本的には1冊の参考書と問題集、過去問のみで対応できました。この参考書でほぼ全てが網羅できます。そんなFP試験用おすすめ参考書のレビューです。...