Dyson

ハンディ掃除機Dyson V7シリーズ4種の違い・比較(Trigger,Mattress,Car+Boat,Triggerpro)

DysonV7シリーズモデルによる違いとは

こんにちは。コードレスハンディ掃除機「Dyson V7 Trigger」を持っているうちたけです。

Dyson V7 Triggerは非常に便利でよく使っています。

しかし、Dyson V7 Triggerを買う時に、どのモデルを買えばいいのか?というのは非常に迷いますよね。

Dyson V7シリーズは、以下の4モデルが存在します。

DysonV7シリーズはモデルによる性能差はないDysonV7シリーズはモデルによる性能差はない

・Dyson V7 Trigger(ダイソンV7トリガー)
・Dyson V7 Mattress(ダイソンV7マットレス)
・Dyson V7 Car+Boat(ダイソンV7カーアンドボート)
・Dyson V7 Triggerpro(ダイソンV7トリガープロ)

結論から言えば、性能に違いはありません。

基本スペックは何も変わらないんですね。

では、何が違うのかといえば、付属品です。

付属品が多いか少ないかで値段が変わってきます。

なので、ハンディタイプの「Dyson V7」シリーズを購入するときは、何を目的に買うのか?ということを決めて、必要な付属品がついているモデルを買う。

というのがセオリーです。

ただ、この付属品は欲しいけど、この付属品はいらないな~というのもあるので、そういった場合は、付属品を単体で買う。という選択肢もありです。

基本的には、私は付属品が一番少なく、価格が安い「Dyson V7 Trigger」を買って、必要な付属品を単体で買う。というのがベターなのではないかな?と思っています。

もちろん、複数の付属品が欲しい場合はセットで買った方が安い場合もあるので、この記事ではそのあたりを検証していきたいと思います。

ハンディクリーナー「Dyson V7」シリーズの性能

DysonV7シリーズモデルによる違いDysonV7シリーズモデルによる違い

表を見てわかる通り、モデルによるテクノロジー、バッテリーの違いはありません。

違いは、付属されているツールです。

基本モデル「Dyson V7 Trigger」の付属品

Dyson V7 Triggerの付属品Dyson V7 Triggerの付属品

ミニモーターヘッド、コンビネーションノズル、隙間ノズルが付属されています。

他のモデルも、上記3点は必ず同梱されているので、「Dyson V7 Trigger」を基本モデルとします。

なお、Dyson V7 Triggerの使用レビューについては以下の記事でまとめています。

「Dyson V7 Trigger」の使用レビュー
サッと掃除で部屋も快適!Dyson V7 Triggerレビュー(コードレスハンディクリーナー)ハンディタイプのコードレスクリーナー、Dyson V7 Trigger(ダイソンV7トリガー)。特に子供がいると色々なところが汚れますが、サッと取りだしてきてすぐに掃除ができるので非常に重宝しています。使用レビュー・口コミです。...

布団掃除をしたい方向け「Dyson V7 Mattress」の付属品

布団掃除をしたい方に人気の「Dyson V7 Mattress(ダイソンV7マットレス)」

基本モデルにプラスして、フトンツール、ミニソフトブラシ、延長ホースが追加で入っています。

Dyson V7 Mattressの付属品Dyson V7 Mattressの付属品

これらの付属品をそれぞれ定価で買おうとすると、

フトンツール:4,320円
ミニソフトブラシ:5,400円
延長ホース:5,400円

で合計1.5万円くらいになります。「Dyson V7 Trigger」と「Dyson V7 Mattress」の価格差が5,000円~7,000円程度ですので、当然セットで買った方がお得です
※価格差の幅は、販売店などの価格差によるものです

しかし、ミニソフトブラシ、延長ホースはいらない。フトンツールだけ欲しい。という方であれば、Amazonや楽天でフトンツールが2,500円程度で売られていますので、「Dyson V7 Trigger」とフトンツールを別々に単体で買った方がお得ですね。

なお、布団掃除はレイコップとダイソンで迷うと思いますが、両社の違いについては以下の記事でまとめています。

レイコップとダイソンの比較
布団クリーナーはレイコップかダイソンどっちを買う?両社の主張を比較してみた布団クリーナーの2大メーカー。レイコップとダイソン。どっちを買えばいいのか迷います。それもそのはず、両社のフトン掃除に対するスタンスが対立しているからです。どっちの主張を信じて買いますか?...

車掃除をしたい方向け「Dyson V7 Car+Boat」の付属品

車を持っている方であれば、車内掃除はコードレスのハンディクリーナーは非常に便利ですよね。「Dyson V7 Car+Boat(ダイソンV7カーアンドボート)」は車内掃除をしたい方向けのモデルです。

基本モデルにプラスして、ミニソフトブラシ、延長ホース、ハードブラシ、カーチャージャーがセットでついてきます。

Dyson V7 Car+Boatの付属品Dyson V7 Car+Boatの付属品

これらの付属品をそれぞれ定価で買おうとすると、

ミニソフトブラシ:5,400円
延長ホース:5,400円
ハードブラシ:5,400円
カーチャージャー:5,400円

で合計2.2万円くらいになります。「Dyson V7 Trigger」と「Dyson V7 Car+Boat」の価格差が1.2~2万円程度ですので、多少セットで買った方がお得です。

カーチャージャーがあれば、車の中で充電できるので便利ですよね。

しかし、逆にカーチャージャーだけあればいい。ということであれば、基本モデルである「Dyson V7 Trigger」とカーチャージャーだけ別途購入すればこちらの方が安上がりです。

家の中も布団も、車も掃除したいという方向け「Dyson V7 Triggerpro」の付属品

「Dyson V7 Triggerpro(ダイソンV7トリガープロ)」はとにかくあらゆる箇所の掃除をハンディタイプの「Dyson V7」で済ませたいという方向けのコミコミセット。

基本モデルにプラスして、フトンツール、ミニソフトブラシ、延長ホース、ハードブラシ、カーチャージャーがセットでついてきます。

Dyson V7 Triggerproの付属品Dyson V7 Triggerproの付属品

これらの付属品をそれぞれ定価で買おうとすると、

フトンツール:4,320円
ミニソフトブラシ:5,400円
延長ホース:5,400円
ハードブラシ:5,400円
カーチャージャー:5,400円

で合計2.6万円くらいになります。「Dyson V7 Trigger」と「Dyson V7 Triggerpro」の価格差が1.6~2.2万円程度です。

まあ、全部ほしい。という方はこれを買えば満足度は高いかもしれません。

DysonV7の付属品について

最後に、それぞれの付属品の必要用途について、Dysonの専用ツール公式サイトに書かれているものを引用します。はっきり言って、どのツールが必要かどうかなんて形状だけでは判断できないですよね。

フトンツール

フトンツールフトンツール

布団やマットレスからホコリやハウスダストを取り除きます。
ソファーやクッション、デリケートなファブリックのお手入れにも最適です。

■同梱されているモデル
Dyson V7 Mattress→〇
Dyson V7 Car+Boat→×
Dyson V7 Triggerpro→〇

created by Rinker
¥2,580
(2019/08/25 14:09:05時点 楽天市場調べ-詳細)

ミニ ソフトブラシ

ミニ ソフトブラシミニ ソフトブラシ

ブラシで拭ったホコリやハウスダストは、空気の流れにより掃除機に吸いこまれます。ブラシ内側にはフェルト素材を用い、テレビやコンピューターのスクリーンなどのデリケートな場所もお手入れが可能です。

■同梱されているモデル
Dyson V7 Mattress→〇
Dyson V7 Car+Boat→〇
Dyson V7 Triggerpro→〇

created by Rinker
¥2,980
(2019/08/25 14:35:04時点 楽天市場調べ-詳細)

延長ホース

延長ホース延長ホース

60cm伸びる延長ホースを使うことで、標準のクリーナーヘッドでは届かない狭いスペースや入り組んだ場所でのお掃除も容易になります。

■同梱されているモデル
Dyson V7 Mattress→〇
Dyson V7 Car+Boat→〇
Dyson V7 Triggerpro→〇

created by Rinker
¥3,580
(2019/08/25 18:20:11時点 楽天市場調べ-詳細)

ハードブラシ

ハードブラシハードブラシ

玄関の砂ぼこりや泥汚れ、車内のフロアマットなど、こびりついた頑固な汚れに適したツールです。硬いナイロンブラシが汚れを弾き飛ばすよう、最適な角度で設計されています。

■同梱されているモデル
Dyson V7 Mattress→×
Dyson V7 Car+Boat→〇
Dyson V7 Triggerpro→〇

created by Rinker
¥2,680
(2019/08/25 18:20:11時点 楽天市場調べ-詳細)

カーチャージャー

カーチャージャーカーチャージャー

車載シガーライターソケットで充電できる充電器です。標準的な12Vのシガーライターソケットに対応しています。コードの長さ1.83m。

■同梱されているモデル
Dyson V7 Mattress→×
Dyson V7 Car+Boat→〇
Dyson V7 Triggerpro→〇

Dysonの専用ツール公式サイトで付属品を見る

「Dyson V7 Trigger」+別途付属品が王道か?

個人的には、基本モデルである「Dyson V7 Trigger」をベースに考えて、必要なものだけ別途購入する。という買い方がいい気がします。

当然、別売りの価格にもよりますが、その方が安上がりの場合が多いかと思います。

ノズルが多くてもそんなに使いこなせないですしね(私の場合特に)

目的や用途に応じて、購入するモデルを検討し、別途付属品を検討してみてはいかがでしょうか?

DysonV7シリーズ関連リンク

Dyson V7 Trigger(ダイソンV7トリガー)のレビュー

「Dyson V7 Trigger」の使用レビュー
サッと掃除で部屋も快適!Dyson V7 Triggerレビュー(コードレスハンディクリーナー)ハンディタイプのコードレスクリーナー、Dyson V7 Trigger(ダイソンV7トリガー)。特に子供がいると色々なところが汚れますが、サッと取りだしてきてすぐに掃除ができるので非常に重宝しています。使用レビュー・口コミです。...

実際にDyson V7 Triggerの吸引力ってどのくらいあるの?と思う方に

ダイソン吸引力実験
【動画あり】Dyson V7 Trigger(ダイソン)の吸引力実験。吸引力は強いのか?ダイソンの吸引力ってどうなの?と思っている方向けに、色々なゴミを用意して実験をしました。ゴミによってはノズルとの相性なんかも考えた方が無難ですが、想定しうるほとんどのゴミについて、難なく吸引することができましたよ。...

ダイソンとレイコップ、どっちを買うかまよったら

レイコップとダイソンの比較
布団クリーナーはレイコップかダイソンどっちを買う?両社の主張を比較してみた布団クリーナーの2大メーカー。レイコップとダイソン。どっちを買えばいいのか迷います。それもそのはず、両社のフトン掃除に対するスタンスが対立しているからです。どっちの主張を信じて買いますか?...

部屋をよりきれいに保ちたいならルンバとダイソンの併用がおすすめ

ルンバとダイソンの併用
ルンバとダイソン(ハンディタイプ)を併用すべき理由。子育て世代に特におすすめルンバとダイソン、どちらを買うか迷いますよね。ただ、床掃除はルンバ、床以外はハンディタイプのダイソンを併用することで格段に満足度が高まります。特に子育て世代や共働きの人たちにおすすめの使用方法です。...