仕事道具

WPS OfficeとマイクロソフトOfficeの互換性は?代替Officeとして十分優秀

WPS Officeレビュー

こんにちは。プライベートPCにキングソフトのWPS Officeを導入しているうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

私は最近マウスコンピュータのPCを購入したんですが、オプションでOffice系のソフトを選択する際に、初めて「WPS Office」の存在を知りました。

仕事ではマイクロソフトのMicrosoft Officeを使っている人も多いと思います。

私もマイクロソフトしか使ったことがなかったので、Microsoft OfficeかWPS Officeで迷ったのですが、結局WPS Officeにしました

安いんですよね。WPS Office。

マイクロソフトOfficeは3万円以上しますが、WPS Officeは6,000円くらいで買えます。

まあプライベート用だし、そんなにゴリゴリ機能を使うわけでもないので、多少使い勝手が悪くてもいいか。ということでWPS Officeにしたんですが、特に支障はありませんでしたね。

というか、ほぼMicrosoft Officeと言っても過言ではない

それくらい再現性が高いです。結構びっくりしました。

しかも、たまにWPS Officeで作ったファイルをMicrosoft Office(2016)で開いて編集をしたりするんですが、今のところ互換性で問題になったこともありません。

WPS Officeを導入しようとしてるけど、何となく不安。と感じている方向けの記事です。

▶公式サイトから購入する場合はこちら→WPS Office(キングソフト)

WPS Officeとは?

WPS Officeは、キングソフトが販売している、ワープロ+表計算+プレゼンテーションの3つのソフトがセットになった総合オフィスソフトです。

公式サイトによれば、オフィス互換ソフト分野で売上本数がNo.1の製品(7年連続)ということです。

いわゆる、マイクロソフトOfficeでいうところのワード、エクセル、パワーポイントはWPSでは以下のように対応しています。

WPSオフィスとマイクロソフトオフィスの関係(ロゴ)WPSオフィスとマイクロソフトオフィスの関係(ロゴ)

Word(ワード)→Writer(ライター)
Excel(エクセル)→Spreadsheets(スプレッドシート)
PowerPoint(パワーポイント)→Presentation(プレゼンテーション)

WPS Officeは値段がリーズナブル

冒頭に書いたように、私がWPS Officeを知ったのは、新しいパソコンを購入するときに、Office系のソフト導入を検討した時でした。

マウスコンピューターでPCを購入したのですが、マウスコンピューターのオプションカスタマイズ画面で「WPS Office」がおすすめされていたのがきっかけです。

マウスコンピュータのオプション選択画面。WPS OfficeとマイクロソフトOfficeが選択できるようになっているマウスコンピュータのオプション選択画面。WPS OfficeとマイクロソフトOfficeが選択できるようになっている

見ると、マイクロソフトオフィスに比べて断然安い。冒頭にも書きましたが、個別に購入する場合、マイクロソフトOfficeが3万円以上するのに対して、WPS Officeは6,000円くらい。(種類によっても違いますが。詳しくは後述)

※私の場合マウスコンピュータのオプションになっているので、さらに安く導入できています。

安すぎるので、逆に不安でしたが、プライベートで使うだけだし、そこまでヘビーユーズするわけでもないので「WPS Office」でいいか。と思って導入しました。

マウスコンピューターの評判・レビューについてはこちらの記事でまとめています。

マウスコンピューターのレビュー・評判・口コミ。ノートPCで動画編集も可能マウスコンピューターでパソコンを購入しようかどうか迷っている方へ。マウスPC2台持ちの私による評価・レビューです。マウスコンピュータのPCは安いですし、自分好みにカスタマイズができるBTOパソコンなので選ぶ楽しさが味わえますよ。...

WPS Officeを使ってみてどうか?

問題ありません。全く。マイクロソフトOfficeと同じ感覚で使えます

メニュータブもほぼ同じ(全て検証しているわけではないので「ほぼ」と表現していますが、多分同じです)ですし、操作性もマイクロソフトと同じです。

逆に何が違のか?を探す方が大変です。

WPS Officeの種類

WPSOfficeの種類は5種類。スタンダードエディションがおすすめWPSOfficeの種類は5種類。スタンダードエディションがおすすめ(値段は定価)

WPS Officeの製品には5種類あります。最も一般的なものは、「Standard Edition(スタンダードエディション)」でしょう。

いわゆる、ワード、エクセル、パワーポイントに相当するソフトがパッケージになっています。

created by Rinker
キングソフト
¥6,262
(2019/12/11 23:20:14時点 Amazon調べ-詳細)

特定のソフトのみ使いたい場合

パワーポイント(Presentation)しか使わない。という場合は「Premium Presentation(プレミアムプレゼンテーション)」を選べばいいと思います。

created by Rinker
キングソフト
¥3,563
(2019/12/11 23:20:14時点 Amazon調べ-詳細)

ワード(Writer)とエクセル(Spreadsheets)だけでいい。という場合には「Personal Edition(パーソナルエディション)」ですね。

created by Rinker
キングソフト
¥3,304
(2019/12/11 23:20:15時点 Amazon調べ-詳細)

VBAを使いたい場合

上級者でVBA*を使いたい。という人は「Platinum Edition」か「Gold Edition」ですね。まあ、そんなにいないと思いますが。*Microsoft Officeの全てのマクロには対応しておらず、またその動作を保証するものではありません。と注記が入っています。

「Platinum Edition」か「Gold Edition」の違いは、入っているフォントの違いです。どちらも「特別フテーマォント」というものが入っているのですが、以下の違いがあります。

Platinum EditionとGold Edition、入っている特別フォントの違い
Platinum Edition→「POP作成、冠婚葬祭、教科書・教育、漫画、Mac搭載フォント」
Gold Edition→「冠婚葬祭、漫画」

VBAを使いたい場合で、特にフォントにこだわりがない(というか、このフォントいる?という問題は置いておいて)という場合は、「Gold Edition」で十分かなと思います。

created by Rinker
キングソフト
¥9,135
(2019/12/11 23:20:16時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
キングソフト
¥7,235
(2019/12/11 23:20:16時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめは Standard Edition(スタンダードエディション)

ただ、VBAを使わなければ、やはりワード、エクセル、パワーポイント(相当のソフト)が入っているスタンダードエディションがおすすめです。

ダウンロード版とパッケージ版がありますが、さっさとインストールしたいならダウンロード版ですかね。時間があれば、比較して安い方でいいと思います。(ご自身の状況に合わせて選択してください)

WPS Office Standard Edition パッケージ版を購入する

created by Rinker
キングソフト
¥6,262
(2019/12/11 23:20:14時点 Amazon調べ-詳細)

WPS Office Standard Edition ダウンロード版を購入する

▶公式サイトから購入する場合はこちら→WPS Office(キングソフト)

WPS OfficeとマイクロソフトOfficeとの互換性

もちろん、すべての動作を検証したわけではないので、完全に互換性があるかどうかは分かりません。

ただ、少なくとも日常的に使っている範囲では、互換性に問題を感じたことはないですね。

見た方が早いと思うので、それぞれで開いた画面キャプチャの比較をしました。

WriterとWordの互換性比較

上から2行目の改行が微妙に違う以外は、改行位置も問題なさそうですね。

マイクロソフトWord

こちらがマイクロソフトWordこちらがマイクロソフトWord

WPS Writer

こちらはWPS WriterこちらはWPS Writer

SpreadsheetsとExcelの互換性比較

エクセルのグラフを数種類作成しました。デザインなどはほぼマイクロソフトと同じですね。

マイクロソフト Excel

こちらがマイクロソフトExcelこちらがマイクロソフトExcel

WPS Spreadsheets

こちらがWPS SpreadsheetsこちらがWPS Spreadsheets

PresentationとPowePointの互換性比較

テキストや、画像、エクセルから持ってきたグラフなどを貼り付けました。テキストの装飾なども同じですし、画像の効果(影)も同じです。

マイクロソフト PowePoint

こちらがマイクロソフトPowePointこちらがマイクロソフトPowePoint

WPS Presentation

こちらがWPS PresentationこちらがWPS Presentation

WPS Officeの拡張子

拡張子はマイクロソフトと同じ拡張子で保存できます。

Writer(ワード相当)なら「.docx」
Spreadsheets(エクセル相当)なら「.xlsx」
Presentation(PPT相当)なら「.pptx」です。

マイクロソフトオフィスでも同じですが、そのほかの形式でも保存可能です。

WPS Officeのレビュー・評価

操作性はマイクロソフトオフィスとそん色なく、互換性も私が使っている限りは問題なさそうです。

マイクロソフトオフィスを使い込んでいる人は分かりませんが、私のようなライトユーザーであれば、価格も安く、操作性も問題ないWPS Officeはおすすめのオフィス系ソフトと言えます。

何より価格がかなりリーズナブルですよね。これを機会に、WPS Officeを検討してみてはいかがでしょうか?

WPS Office Standard Edition パッケージ版を購入する

created by Rinker
キングソフト
¥6,262
(2019/12/11 23:20:14時点 Amazon調べ-詳細)

WPS Office Standard Edition ダウンロード版を購入する

▶公式サイトから購入する場合はこちら→WPS Office(キングソフト)