家庭の医療

電動鼻水吸引器ベビースマイルの口コミ評価が分かれる理由。メルシーポットとの違いとは?

メルシーポットとベビースマイルの違い

こんにちは。メルシーポットS-503ユーザーのうちたけです。

今まで手動の鼻吸い器を使っていましたが、思い切ってメルシーポットを買ってみたところ非常に感動しました。

今まで口で吸っていた苦労は何だったんだ?というくらい、電動は楽だし、鼻水もよく取れます

メルシーポットのレビューについては以下の記事でまとめています。

電動鼻吸い器メルシーポットレビュー
手動鼻吸い器よさらば!電動鼻吸い器「メルシーポット」レビュー。メリットや吸い方のコツなど我が家は電動鼻吸い器「メルシーポット」を買って劇的に鼻水事情が改善されました。使用レビューや、使い方、鼻水の吸い方のコツについてまとめています。...

非常にすばらしいメルシーポットなんですが、多少、多少ですよ。デメリットというか、何とかならないかな?というところがありました。

それは、ちょっと大きいこと。あとは、コンセントにつなげなければならないこと

大きいといってもティッシュ箱くらいなんですけどね。

メルシーポットとティッシュ箱の大きさを比較してみました。ティッシュ箱くらいですねメルシーポットとティッシュ箱の大きさを比較してみました。ティッシュ箱くらいですね

家にいるときに使うだけならいいんですけど、外出先とか、旅先とかにも鼻吸い器を持っていきたいな、と思ったときには躊躇する大きさです。

そこで、もう少しコンパクトで電池で動くやつがないかな?と思って探したらあったんですね。

メルシーポットと同じメーカーで出している「ベビースマイルS-303」というものです。

ああ、(メルシーポットに比べたら)安いし、携帯用にも便利そう。ということで購入を検討してみたんですが、レビューの評価を見ると鼻水を吸える/吸えないの意見で真っ二つで、いったいどっちなんだ?ということで調べてみました。

メルシーポットS-503とベビースマイルS-303の比較

この記事にたどり着いた方ならご存知の方も多いかもしれませんが、メルシーポットS-503とベビースマイルS-303について簡単に説明しておきます。

メルシーポットS-503とは?

まず、メルシーポットというのは「耳鼻科レベルの吸引力」というキャッチコピーにもある通り、パワフルな吸引力で鼻の奥のしつこい鼻水もすっきり吸引することができる電動鼻吸い器です。

私が持っているのもこのメルシーポットで、キャッチコピー通りの活躍を見せてくれています。

うちは2人の子供がいます。上の子は手動の鼻吸い器でなんとかなったのですが、下の子は手動の鼻吸い器だと全然鼻が吸えませんでした。

耳鼻科で鼻を吸ってもらうとすっきり鼻水がとれたので、もうこれは電動の鼻吸い器を買うしかない。ということで購入を決めました。

あと、子供って鼻吸いを嫌がりますよね?暴れるし、手動の鼻吸い器だと大人一人で鼻を吸うのはかなり難しいです。

その点、メルシーポットは一人でも鼻を吸えるのでかなり便利です。そのあたりは以下の記事にまとめています。

一人で吸える電動鼻吸い器がおすすめ
一人で吸える!鼻吸いを嫌がる赤ちゃんには「電動の鼻吸い器」がおすすめ乳幼児の鼻を吸いたくても、暴れて吸うことが難しいことがありますよね?昔は手動の鼻吸い器で頑張っていましたが、電動の鼻吸い器を使ったら、劇的に簡単になりましたのでご紹介します。...

ベビースマイルS-303とは?

ベビースマイルは、こちらもメルシーポットと同じく鼻水を電動で吸引するタイプの鼻吸い器です。電池式ですし、小型なので子供を抱き抱えながら片手で操作ができる、というのが売りです。

メルシーポットは付属品を含めると約1キログラム程度の重さがあるのに対して、ベビースマイルは200グラム程度と、重さは5分の1程度しかありません

かなり軽量ですね。冒頭にも書きましたが、この「手軽さ」が私がベビースマイルの購入を検討し始めた理由です。

メルシーポットS-503とベビースマイルS-303の吸引力

肝心の吸引力ですが、最大の吸引圧力はそれぞれ

メルシーポット:-83kPa±20%
ベビースマイル:-62kPa±15%

※kPa=キロパスカル、圧力の単位(マイナスがついているのは吸引するときの力だからと思ってください。)

となっていて、メルシーポットの方が吸引圧力は高いです。

20kPa程度の差ですが、実際どんだけ違うの?というのは全くわからないですよね。

で、これはレビューを見た方が早い。と私はいくつかのレビューを見てみました。そしたら評価が真っ二つなんですね。

ベビースマイルS-303の口コミ/レビューを見たら

ポジティブな口コミ
・買って良かった!鼻水もしっかり吸ってくれます。
・使いやすい。音は静かで吸引力は抜群

ネガティブな口コミ
もうちょっと吸引力が欲しい。粘り気のある鼻水は吸えない
・さらさらした鼻水は吸えるけど、おすすめしない

いや、どっちなんだ!?と、吸うの?吸わないの!?

これだと、買ってみないとわからない。みたいな状態だったので、さらに調べてみることに。

公式サイトで、メルシーポットVSベビースマイル電動鼻水吸引器対決!みたいなページがあったので見てみることにしました。

そこにはメルシーポット派、ベビースマイル派に分かれて「買ってよかった!」みたいなのをアピールしているんですが、多分両方持っている人の比較意見じゃないんですね

いやいや。

そりゃメルシーポットしか持ってなかったらメルシーポット派っていうか、メルシーポットを買った人の意見だよねと。

ベビースマイルしか持ってなかったらベビースマイルは良かったって言うよね

と。全然参考にならん。

・・・・いや、待てよ。

分かったことがあります。

メルシーポットの吸引力についてはネガティブな意見はほとんどありません。これは私がメルシーポットを検討していたときに見たレビューもそうでしたし、実際に買った実感としてもメルシーポット、素晴らしい。という感想しかありません。

しかし、ベビースマイルの吸引力については意見が分かれる。

これは多分、ベビースマイルの吸引力についてポジティブな意見を書いている人は、おそらく今まで手動の鼻吸い器しか持っていなかった人

手動の吸引力<ベビースマイルの吸引力なので、(手動に比べると)とてもいい!素晴らしい!という意見になる。

逆に、ベビースマイルの吸引力についてネガティブな意見を書いている人は、おそらくメルシーポットを持ってる人。メルシーポットの吸引力のすばらしさを知っている人なんじゃないかと。

つまり、ベビースマイルの吸引力<メルシーポットの吸引力という比較をして、思ったように吸えない。という意見になるんではないかと。

そう結論付けました。

これは私にも当てはまりそうなパターンです。

メルシーポット素晴らしい
→携帯用の電動鼻吸い器が欲しい
→ベビースマイルを買う
→ちょっとがっかりする。

という感じなんでしょう。

ただ当たり前ですが、ネガティブな口コミを見ても、吸えることは吸えるようですよね。

おそらく、粘度の高い鼻水は思ったようには吸えず、さらさらの、水のような鼻水は吸える、ということなんだと思います。

まあ携帯用としてはいいのかもしれないですけど、うちの子は結構鼻水の粘度が高いので、それで満足か?と言われるとやはりちょっと・・・。となるかなあ、と思いました。

ベビースマイルS-303を買うのが向いているご家庭(お子さん)

実際に最大吸引力の数値通り、メルシーポットに比べれば、ベビースマイルの吸引力は弱いと言えます。

ただ、以下のようなご家庭では、ベビースマイルを買ってもいいのかもしれません。

・今まで手動の鼻吸い器しか持っていなくて、鼻を吸うのに苦労している方。
・メルシーポットを買うほどの予算はないけど・・・という方(ベビースマイルはメルシーポットの約3分の1の値段)
・そこまで粘度の高い鼻水が出るわけではないお子さん
・どうしても携帯用に1つ持っておきたいという方

うちも年がら年中鼻水を吸っているので、吸引力が多少弱くても、携帯用に1つ持っておいてもいいのかな・・・とは思っていて、多少迷っています。

メルシーポットに比べると・・・という比較対象としてこの記事では見てきましたが、決してベビースマイルが悪いというわけではないです。手動に比べれば電動は鼻水が取れる量も違いますし、何より楽です。

ご家庭の状況に合わせて購入を検討してみてはいかがでしょうか?

鼻吸い/鼻水の悩みに関する記事

電動鼻吸い器メルシーポットレビュー
手動鼻吸い器よさらば!電動鼻吸い器「メルシーポット」レビュー。メリットや吸い方のコツなど我が家は電動鼻吸い器「メルシーポット」を買って劇的に鼻水事情が改善されました。使用レビューや、使い方、鼻水の吸い方のコツについてまとめています。...
夜、子供が鼻づまりで寝られない。我が家で効果のあった3つの対処法夜、鼻づまりで子供が苦しそうにしていると親としてはいてもたってもいられません。そんな時、我が家で効果のあった対応方法を紹介します。なおこの方法を推奨しているわけではありません。仮に参考にされる場合にはご自身の責任とご判断でお願いいたします。...
一人で吸える電動鼻吸い器がおすすめ
一人で吸える!鼻吸いを嫌がる赤ちゃんには「電動の鼻吸い器」がおすすめ乳幼児の鼻を吸いたくても、暴れて吸うことが難しいことがありますよね?昔は手動の鼻吸い器で頑張っていましたが、電動の鼻吸い器を使ったら、劇的に簡単になりましたのでご紹介します。...
ABOUT ME
うちたけ
うちたけ
新卒時、社員5名のベンチャーに入社。その後、誘われて社員3名のベンチャーに入社。 新卒の頃、出社したら「明日で会社終わるから」と言われた経験が、私の社会人としての耐久性をアップさせてくれました。 人生100年時代と言われる今、どう備えるか、どう楽しく生きるかを模索中。仕事や子育てをしながら、日々気づいたこと、感じたことなどを綴っていきます。