つみたてNISA

楽天証券でつみたてNISA口座を開設するメリット。ポイントで投資信託が買える!?

つみたてNISA口座を楽天証券で開設するメリット

こんにちは。つみたてNISAで運用を行っているうちたけです。

現在SBI証券で口座を開いているのですが、楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)、すごくいいですよね。

楽天証券は、2018年秋くらいから更にサービスが良くなりました。それまでもネット証券で1~2位を争うくらいサービスが良かったのですが、頭一つ抜け出した印象があります

そのため、SBI証券から楽天証券につみたてNISAの口座を移そうかどうか、かなり迷っています。

楽天証券でつみたてNISAの口座を開設する一番のメリットは、なんといっても「ポイント」で積立投資ができるという点です。

そして、楽天のクレジットカード決済で投資信託を購入できるようになったため、100円につき1ポイントのポイントが還元される点も非常に大きな魅力です。

この記事では、そのほかのメリットも含め、楽天証券で口座を解説するメリットについてまとめていきたいと思います。

つみたてNISA口座おすすめNo.1「楽天証券」
楽天証券

つみたてNISAの口座を開くなら、おすすめダントツNo.1は楽天証券です。

楽天カードのクレジットカード決済でつみたてを行えば、年間最大4,000ポイントが付与!

さらに、このポイントを投資信託の買い付けにまわすことができる最強の仕組みです。

おすすめ度

楽天証券公式ページ >>

楽天証券とは?ネット証券2位の実力

まず、楽天証券ってあまり聞いたことがない。という方も多いかもしれません。

投資になじみがない方などは特に、楽天が証券会社もやってるの?という感じでしょう。

実は、私も投資を始める前まではそうでした。

しかし、楽天証券って、かなり人気があるんですよね。

実際にみんなの株式(みんかぶ)によるおすすめネット証券比較&ランキングでは、SBI証券についで楽天証券が第2位です。

また、金融商品の売買代金や、口座開設数においてもSBI証券に次いで2位と、かなりの存在感を示しています。(ZUU onlineネット証券会社のシェアで見る業界動向!より)

ネット証券と言えば、SBI証券や、松井証券、マネックス証券などを思い浮かべる方も多いかもしれません。

実際にSBI証券は人気、実力ともにトップの証券会社ですが、楽天証券もそれに次ぐ2位というのは意外というか、ちょっと驚きです。

それだけサービスの質が充実していて顧客に受け入れられているということですね。

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)の口座を開設するメリット(1)取り扱い銘柄数が多い

まず前提として、つみたてNISAで選べる銘柄(金融商品)というのは金融庁が決めているので、各金融機関が独自の銘柄を選定することができません

現在、つみたてNISA用に選定された銘柄は160本程度です。

しかし、各金融機関で全ての銘柄を取り扱っているわけではありません

金融庁が定めた160本程度の銘柄の中から、金融機関がいくつかの銘柄をピックアップしているんですね。

ある金融機関では、数本しか取り扱っていない。ということもあります。

その点、楽天証券は現時点で150本程度の銘柄を扱っていて、SBI証券と並んでトップクラスの銘柄ラインナップ数を誇ります

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)の口座を開設するメリット(2)ポイント還元・投資がすごい

各金融機関で取り扱い数が違うとはいえ、扱う銘柄が同じということは、信託報酬という手数料率も一律です。

そのため、一般的につみたてNISAにおいては金融機関ごとの差別化が難しいといわれています

しかし、楽天は独自にポイントを使ったサービスを取り入れていて、そのポイントの使い勝手や還元率ともに群を抜いています

楽天証券のポイント活用は以下の3つにまとめることができます。

✔楽天クレジットカード決済が活用できる
✔楽天ポイントを使って投資信託を購入
✔楽天銀行と連携したハッピープログラム

楽天証券のポイント活用(1)楽天クレジットカード決済が活用できる

投資信託を購入する時は、証券会社にお金を入金して、そのお金で投資信託を購入するというのが一般的です。

しかし、楽天証券ではクレジットカード決済で投資信託を購入することができます。(上限5万円/月)

楽天クレジットカードを持っている必要があるのですが、その還元率は1%。

1%?大した事ないな。と思いましたか?

そんなこともないんですね。つみたてNISAは年間で投資できる金額は最大で40万円です。

これを楽天クレジットカード決済を使った場合、還元されるのは年間で4,000ポイントです。

2019年からつみたてNISAを始めた場合、最大で760万円分(40万円×19年)投資枠がありますので、還元されるポイントは4,000×19=76,000ポイント

かなり大きいですね。しかもこの楽天ポイントを使って投資信託を購入することもできます。

楽天クレジットカードは以下から申し込みができます。楽天証券でつみたてNISA口座を開設しようと思っている方は是非楽天クレジットカードを持つことをお勧めします。

→■楽天のクレジットカードを作る

楽天クレジットカードのメリットについてはこちらの記事でまとめています。

楽天カードのお得な使い方・メリットとは
楽天カード最強説。楽天系サービス併用でポイント還元率44倍!?お得な使い方や活用方法楽天カードの作成を検討している方へ。楽天カードって評判がいいですよね?なぜか?それは楽天カードを使うと楽天ポイントがザクザク貯まるからです。楽天カードのメリットやお得な使い方、ポイントの活用方法についてまとめています。...
「楽天カード」を作る

楽天証券でつみたてNISAをするなら、楽天カードのクレジットカード決済がお得です。

たまったポイントでつみたてNISAの投資信託が購入できます

 

楽天カード新規入会 >>

楽天証券のポイント活用(2)楽天ポイントを使って投資信託を購入

楽天ポイントが貯まっても何もうれしくない。楽天で買い物しないし。という方も多いでしょう。

私もつい1年くらいまではそうでした。楽天ポイントとか、いらねー。Rポイントもいらねー。

そんなことを思っていました。しかし今ではすっかり楽天経済圏に取り込まれています。

というか、楽天ポイントが欲しくて仕方がない。家の支出は楽天クレジットカードにまとめていますし、日々のちょっとした買い物は楽天Edyでポイントを貯めています。180度、考え方が変わりました。

なぜなら、楽天ポイントを使って投資信託を買えるから

これはつみたてNISAに限った話ではないのですが、2018年9月から楽天ポイントを使って投信積立ができるようになりました。

もちろん、つみたてNISAにおいても、楽天のポイントを使って投資信託を買うことができます

つまり、楽天クレジットカード決済を使ってつみたてNISAの投資信託を買い、ポイントを貯め、そのポイントを使ってつみたてNISAを買うことができる。というすごいサイクルが出来上がります。

すばらしい。

私の場合は楽天でつみたてNISAを行っていないので(移行検討中)、楽天証券の一般的な投信をポイント投資で買っています。それについては以下の記事でまとめています。

→【図解】簡単3ステップ。楽天カードクレジット決済での投信購入方法
→クレジットカード決済開始!楽天ポイントでお得に投資信託を買おう

楽天証券のポイント活用(3)楽天銀行と連携したハッピープログラム

これは楽天銀行と連携する必要があるのですが、投資信託の残高10万円ごとに、毎月4ポイントずつポイントが貯まっていきます。たかが4ポイント、されど4ポイントですね。

まあ個人的には、楽天クレジットカード決済とポイント再投資の威力が抜群で、ちょっとこのハッピープログラムはおまけ程度かな。という感じもしています。

されど、4ポイント。

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)の口座を開設するメリット(3)究極の分散積立投資が可能

一般的に、投資は長期的な目線でコツコツと積立てていくのが良いといわれています。

詳しくはこちらにまとめたので興味があればお目通しいただきたいのですが、

長期分散投資のメリット
【投資のコツ】長期分散投資のメリットとは?ポートフォリオはどう組む?データを元に徹底解説長期分散投資が良い。と言われていますが、なぜでしょうか?具体的なデータをもとにまとめてみました。リバランスの重要性についても触れています。...

楽天証券では、「究極の分散積立投資」をすることが可能です。

それは、毎日、100円から投資信託を購入できるということ。

なるべく一気に資金投下をせずに、コツコツと少額から投資をしていく、というのが投資のセオリーではありますが、これは本当に究極に近いと思います。

もっとも、毎日100円しか投資をしない場合、ひと月あたり3,000円程度、年間で36,000円しか投資ができないので、つみたてNISAの枠いっぱいに使うことはできません。

つみたてNISA枠ギリギリを使いたい方は毎日1,000円程度投資をする必要がありますので、それは懐事情と相談しながらになりますね。

楽天証券につみたてNISA口座を移そうか検討中

ここまで見てきたように、楽天証券でつみたてNISAの口座を開設する最大のメリットは、「ポイント」をフルに活用できるという点です。

実際、私はつみたてNISAではないものの、楽天カードクレジットカード決済×投信積立のコンボを使って、つみたてNISA以外に、毎月数千円の投資を行っています。

生活費のほとんどを楽天カードにまとめてしまえば、10万円~20万円程度は楽天のカード決済になるので、毎月1,000ポイント~2,000ポイント程度を使って投資信託を購入しています。

現在、つみたてNISAの口座をSBI証券で開いている私ですが、つみたてNISAの楽天クレジットカード決済を使えばさらに300ポイント程度が加算される見込みなので、非常に迷っています。

口座を変えられるタイミングってある程度限られているんですよね。ちょっと面倒なのですが、楽天証券への口座移行も視野にいれていきたいと思っています。

これからつみたてNISAの口座開設を検討している方は、現時点で楽天証券がNo.1です。

この機会に口座開設を検討してみてはいかがでしょうか?

楽天証券のクレジットカード決済を利用してつみたてNISAを行う場合は、

楽天クレジットカードを作る
✔楽天証券で総合口座を開く

の2つが必要になります。以下から申し込みできますので、興味がある方はご検討されてみてはいかがでしょうか?

なお、口座を開いていなくても事前に銘柄チェックをすることができますので以下記事も参考までにご覧ください。

口座開設前でも事前に楽天証券でつみたてNISAの銘柄を確認する方法
楽天証券でつみたてNISAの銘柄を事前確認する方法【口座開設前でも可能】つみたてNISA(積立NISA)で大変な作業の1つ。銘柄選び。楽天証券は、口座を開いていなくても、誰でもログインなしでつみたてNISAの銘柄を確認することができます。事前に銘柄をチェックして、つみたてNISAの投資をスムーズに行えるようにその方法を解説しています。...

つみたてNISAの口座開設

つみたてNISAを開始する場合、各証券会社の口座を開設する必要があります。

おすすめNo.1「楽天証券」
楽天証券

つみたてNISAの口座を開くなら、おすすめダントツNo.1は楽天証券です。

楽天カードのクレジットカード決済でつみたてを行えば、年間最大4,000ポイントが付与!

さらに、このポイントを投資信託の買い付けにまわすことができる最強の仕組みです。

おすすめ度

楽天証券公式ページ >>

おすすめNo.2「SBI証券」
SBI証券

ネット証券最大手のSBI証券は安定感がありますね。

選べる投資信託の数も多く、自分にあった銘柄を見つけることができると思います。

楽天証券のポイント付与率には劣るものの、ポイントサービスで他社との差別化を図っています。

おすすめ度

詳細解説ページ >>SBI証券公式ページ >>

番外編「楽天カード」

楽天証券でつみたてNISAをするなら、楽天カードのクレジットカード決済がお得です。

たまったポイントでつみたてNISAの投資信託が購入できます

 

楽天カード新規入会 >>

楽天クレジットカードを持つメリットは以下でまとめています。私は3枚クレジットカードを持っていますが、いつの間にかメインカードになりました。そのくらいメリットが盛りだくさんです。

楽天カードのお得な使い方・メリットとは
楽天カード最強説。楽天系サービス併用でポイント還元率44倍!?お得な使い方や活用方法楽天カードの作成を検討している方へ。楽天カードって評判がいいですよね?なぜか?それは楽天カードを使うと楽天ポイントがザクザク貯まるからです。楽天カードのメリットやお得な使い方、ポイントの活用方法についてまとめています。...

つみたてNISA関連リンク

つみたてNISAのメリットについて再度確認したい方

つみたてNISAとは?
つみたてNISA(積立NISA)とは?わかりやすく解説。納得して始めたい方に【2019年度版】【2019年度版】つみたてNISA(積立NISA)とは?納得して投資を始めたい方に、分かりやすく制度設計やメリットをまとめました。口座開設にあたって、おすすめの証券会社も紹介しています。...

他の証券会社と比較をしたい方

つみたてNISA口座を開設するなら楽天証券かSBI証券か
【つみたてNISA】楽天証券とSBI証券、どっちがいい?徹底比較つみたてNISA(積立NISA)の口座開設にあたり、人気No.1.2の楽天証券とSBI証券。どちらがいいか迷っている方も多いかもしれません。しかし、現時点では間違いなく楽天証券がおすすめです。その違いを比較検証していきます。...
つみたてNISA口座をSBI証券で開設するメリット
つみたてNISAの口座をSBI証券で開設する5つのメリット私はつみたてNISA(積立NISA)の口座をSBI証券で開設しました。SBI証券でつみたてNISAの口座を開設するメリットを5つのポイントでご説明します。...

つみたてNISAの銘柄選びに迷っている方

つみたてNISA銘柄選びのポイント
【つみたてNISA】投資初心者向けのおすすめ銘柄は?商品選びで迷ったらどう選ぶ?つみたてNISA(積立NISA)の銘柄・商品選びは投資初心者がぶつかる壁の1つです。極論、つみたてNISAに限って言えば何に投資をしてもほぼ問題ないのですが、その中でも3つ、おすすめの投資信託を選んでみました。...

長期分散投資のメリットについて知りたい方

長期分散投資のメリット
【投資のコツ】長期分散投資のメリットとは?ポートフォリオはどう組む?データを元に徹底解説長期分散投資が良い。と言われていますが、なぜでしょうか?具体的なデータをもとにまとめてみました。リバランスの重要性についても触れています。...

その他、つみたてNISAに関するあれこれ

つみたてNISAのデメリットは本当にデメリットなのか?
「つみたてNISAのデメリット」は本当なのか?FP取得者が考察してみるメリットもあればデメリットもあるのが世の常ですが、つみたてNISA(積立NISA)のデメリットとして挙げられている点は本当にデメリットなのでしょうか?何と比較するのか?というのが重要なポイントです。...
つみたてNISAはいつまで?
つみたてNISA(積立NISA)はいつまで?おすすめの証券会社は?つみたてNISA(積立NISA)はいつまで?のいつまでには2つの「いつまで」が存在します。それは、非課税期間と投資開始可能期間の2つです。図を用いながら解説します。また、イチオシのおすすめ証券会社も紹介します。...
イデコとつみたてNISAはどちらから始める?イデコがいいと思う理由「イデコ(iDeCo)」か「つみたてNISA」どっちにしよう?と迷っている方へ。私はイデコから始めるのをおすすめしています。税制面でイデコの方がつみたてNISAよりメリットが多いからです。しかし、イデコには資金を60歳まで引き出せないデメリットがあり、そこをどう考えるのか?がポイントになります。...