つみたてNISA

つみたてNISA(積立NISA)はいつまで?おすすめの証券会社は?

つみたてNISAはいつまで?

こんにちは。FP2級のうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

つみたてNISA(積立NISA)っていつまで?という疑問には、2つの「いつまで?」が存在します。

それは、

・非課税期間がいつまでか?
・投資を開始できるのはいつまでか?

2つの「いつまで?」ですね。

つみたてNISAって仕組みは複雑ではないんですけど、ちょっとだけ分かりにくいんですよね。

結論としては、非課税期間は投資を開始してから20年間。投資を開始できるのは2037年まで。です。

もしかしたら???と思われる方もいるかもしれないので、以下、簡単に図を用いながら説明していきます。

また、仕組みが分かったら次に迷うのがどの証券会社を選ぶ?という点ですね。

つみたてNISAで私がおすすめする証券会社は楽天証券ただ1社です。なぜか?というところを理由を含めてご説明していきます。

おすすめNo.1「楽天証券」
楽天証券

つみたてNISAの口座を開くなら、おすすめダントツNo.1は楽天証券です。

楽天カードのクレジットカード決済でつみたてを行えば、年間最大4,000ポイントが付与!

さらに、このポイントを投資信託の買い付けにまわすことができる最強の仕組みです。

おすすめ度

詳細解説ページ楽天証券公式ページ

つみたてNISA(積立NISA)の非課税期間

つみたてNISAは、毎年40万円の「枠」があります。

この「枠」で投資したお金は、以降20年間、税金がかかりません。

正確に言えば、運用で出た「利益」に対して税金がかかりません。

通常の投資だと、運用益に対して約20%の税金がかかります。

具体的には、仮に元本40万円で投資をし、これが50万円になったとします。利益は10万円です。

通常の投資の場合、この時点で売却をしたら、約2万円の税金が引かれます。手元に残るのは利益8万円とその元本(40万円)です。

せっかく利益が出たのに税金が引かれるなんで残念な気分になりますね。

しかし、つみたてNISAであれば利益の10万円はまるまる受け取ることができます。これがつみたてNISAの「枠」を使って投資をするメリットです。

ただし、非課税なのは投資を開始した年から20年間であることには注意が必要です。

20年の非課税期間が終了したらどうなるか?

非課税期間が終了すると、投資した投資信託などは、課税される口座に移されます。もちろん、移さずに非課税期間中に売却してしまっても構いません。

仮に、売却せずに課税口座に移して運用を続けたとします。

その際、非課税期間中の20年間に値上がりした利益と元本を足したものを「元本」とみなしてスタートとなります。

どういうことでしょうか?

40万円の元本を運用して、非課税期間の20年間で50万円に値上がりしたとします。

非課税期間終了後も引き続き運用を続ける場合には、投資信託などを課税口座に移しますが、50万円を元本とみなします。運用を再スタートさせるイメージですね。

非課税期間が終わった後の課税イメージ非課税期間が終わった後の課税イメージ

仮に60万円になった時に全て売却した場合、60万円-50万円=10万円に対して課税がされます。

60万円-40万円(もともとの元本)=20万円に対して課税がされるわけではないのでありがたいですね。

つみたてNISA(積立NISA)の投資可能期間

投資可能期間という表現は少し分かりづらいかもしれません。

つみたてNISAの枠は毎年40万円ずつ。ということは先にお話ししました。

この枠は、2018年から2037年まで設けられています。

2018年に40万円の枠、2019年に40万円の枠、2020年に40万円の枠・・・・といって、2037年に40万円の枠。という具合です。

つみたてNISA非課税期間イメージつみたてNISA非課税期間イメージ

つまり、2018年から2037年まで、40万円の「枠」がそれぞれ毎年あるということですね。20年分、20個の枠です。

正確にいうと、あった。ということになります。

今は2019年なので、19年分、19個の枠となります。

非課税期間は20年間というお話をしましたが、

2018年の40万円の枠は、2037年までが非課税
2019年の40万円の枠は、2038年までが非課税



といって
2037年の40万円の枠は、2056年までが非課税

ということになります。

なので、冒頭にも書いたように、つみたてNISAはいつまで?という問いに対しては、

最終的に投資を開始できるのは2037年で、その枠を使った非課税期間は2056年まで。ということになります。

つみたてNISA(積立NISA)おすすめの証券会社は?

おすすめの証券会社は圧倒的にこの1社おすすめの証券会社は圧倒的にこの1社

さて、つみたてNISAの概要が分かったら次に検討するのがどこの金融機関を使って投資をするか?ということです。

つみたてNISAを開始するには、金融機関で口座を開設する必要があります。

私はSBI証券でつみたてNISAの口座を開設しています。

なぜなら、取り扱い銘柄数も多く、ネット証券最大手で安心感があったから。です。

じゃあSBI証券推しなのか?というと違います。

楽天証券です。

なんで楽天証券にしなかったのか?といえば、最近グンとサービスが良くなったんですね。私がSBI証券で口座を開設した後に。

なぜ楽天証券がおすすめなのか?

楽天証券をおすすめする理由はポイント還元率の高さ楽天証券をおすすめする理由はポイント還元率の高さ

つみたてNISAで投資できる対象(銘柄)というのは、限定されています。

金融庁が選抜しているからですね。現在、世の中に投資信託は6,000本程度存在するといわれているのですが、つみたてNISAで投資ができるのはそのうち160本程度です(2019年3月現在)

なので、基本的に各金融機関において銘柄の優劣はありません。
(※金融機関によってはその中からさらに数本しか取り扱っていないところもあります。)

何で差別化するかといえば、使い勝手とか、サポート内容とかになってきますが、一番わかりやすいのはポイント還元です。

楽天証券はその点、ポイント還元率の高さは群を抜いています。

楽天カードのクレジットカード決済を使うことができ、そのポイント還元率は1%です。

1%といって侮ってはいけません。つみたてNISAは年間で投資できる枠は40万円でした。

その1%だと4,000ポイントです。2019年から投資をして2037年まで毎年40万円の枠を使ったら、4,000ポイント×19年=76,000ポイント

大きいですね。

まあ、人によって価値観は違いますので、ポイントぉ~?いらねー。と思うなら、どこの金融機関でもいいんじゃないかと思います。

次点はSBI証券ですね。ネット証券大手という安心感はやはりあります。

ただ、どこで口座を開いても大して差がないのであれば、少しでも違いのある(私は大きな違いだと思っていますが)楽天証券を選ぶのが無難かなと思います。

ちなみに意外かもしれませんが、楽天はネット証券で人気、取引高ともにSBI証券に次いで第2位です。

つみたてNISAを楽天証券で開設するメリットについては以下の記事で詳しくまとめています。

つみたてNISA口座を楽天証券で開設するメリット
楽天証券でつみたてNISA口座を開設するメリット。ポイントで投資信託が買える!?つみたてNISA(積立NISA)の口座を開設するなら、楽天証券がダントツでおすすめです。楽天クレジットカード決済で投信を購入し、ポイントを貯め、さらに付与されたポイントを使って投資信託を買うことができるという黄金サイクル。つみたてNISA口座開設なら、現時点で間違いなくNo.1の証券会社です。...

▶ 楽天証券で総合口座を開設する

つみたてNISA(積立NISA)の枠は毎年なくなっていく

だから早くつみたてNISAの口座を開いて投資を開始した方がいいですよ。

ということを言うつもりはありません。

投資はマイナスになる可能性もありますし、基本的には余剰資金で行うものです。

現在の生活費を削ってまでつみたてNISAを行うのは本末転倒です。

しかし、少しでも余裕ができたら、つみたてNISAでの投資を検討してみるのもいいかもしれません。

投資を始めるなら、間違いなくお得な制度です。

以下の記事では、この記事中にも出てきた楽天証券とSBI証券の比較についてまとめています。

つみたてNISA口座を開設するなら楽天証券かSBI証券か
【つみたてNISA】楽天証券とSBI証券、どっちがいい?徹底比較つみたてNISA(積立NISA)の口座開設にあたり、人気No.1.2の楽天証券とSBI証券。どちらがいいか迷っている方も多いかもしれません。しかし、現時点では間違いなく楽天証券がおすすめです。その違いを比較検証していきます。...

▶ 楽天証券で総合口座を開設する

つみたてNISAの口座開設

つみたてNISAを開始する場合、各証券会社の口座を開設する必要があります。

おすすめNo.1「楽天証券」
楽天証券

つみたてNISAの口座を開くなら、おすすめダントツNo.1は楽天証券です。

楽天カードのクレジットカード決済でつみたてを行えば、年間最大4,000ポイントが付与!

さらに、このポイントを投資信託の買い付けにまわすことができる最強の仕組みです。

おすすめ度

詳細解説ページ楽天証券公式ページ

おすすめNo.2「SBI証券」
SBI証券

ネット証券最大手のSBI証券は安定感がありますね。

選べる投資信託の数も多く、自分にあった銘柄を見つけることができると思います。

楽天証券のポイント付与率には劣るものの、ポイントサービスで他社との差別化を図っています。

おすすめ度

詳細解説ページSBI証券公式ページ

番外編「楽天カード」

楽天証券でつみたてNISAをするなら、楽天カードのクレジットカード決済がお得です。

たまったポイントでつみたてNISAの投資信託が購入できます

 

楽天カード新規入会

楽天クレジットカードを持つメリットは以下でまとめています。私は3枚クレジットカードを持っていますが、いつの間にかメインカードになりました。そのくらいメリットが盛りだくさんです。

楽天カードのお得な使い方・メリットとは
楽天カード最強説。楽天系サービス併用でポイント還元率44倍!?お得な使い方や活用方法楽天カードの作成を検討している方へ。楽天カードって評判がいいですよね?なぜか?それは楽天カードを使うと楽天ポイントがザクザク貯まるからです。楽天カードのメリットやお得な使い方、ポイントの活用方法についてまとめています。...

つみたてNISA関連リンク

つみたてNISAのメリットについて再度確認したい方

つみたてNISAとは?
つみたてNISA(積立NISA)とは?わかりやすく解説。納得して始めたい方に【2019年度版】【2019年度版】つみたてNISA(積立NISA)とは?納得して投資を始めたい方に、分かりやすく制度設計やメリットをまとめました。口座開設にあたって、おすすめの証券会社も紹介しています。...

他の証券会社と比較をしたい方

つみたてNISA口座を楽天証券で開設するメリット
楽天証券でつみたてNISA口座を開設するメリット。ポイントで投資信託が買える!?つみたてNISA(積立NISA)の口座を開設するなら、楽天証券がダントツでおすすめです。楽天クレジットカード決済で投信を購入し、ポイントを貯め、さらに付与されたポイントを使って投資信託を買うことができるという黄金サイクル。つみたてNISA口座開設なら、現時点で間違いなくNo.1の証券会社です。...
つみたてNISA口座をSBI証券で開設するメリット
つみたてNISAの口座をSBI証券で開設する5つのメリット私はつみたてNISA(積立NISA)の口座をSBI証券で開設しました。SBI証券でつみたてNISAの口座を開設するメリットを5つのポイントでご説明します。...
つみたてNISA口座を開設するなら楽天証券かSBI証券か
【つみたてNISA】楽天証券とSBI証券、どっちがいい?徹底比較つみたてNISA(積立NISA)の口座開設にあたり、人気No.1.2の楽天証券とSBI証券。どちらがいいか迷っている方も多いかもしれません。しかし、現時点では間違いなく楽天証券がおすすめです。その違いを比較検証していきます。...

つみたてNISAの銘柄選びに迷っている方

つみたてNISA銘柄選びのポイント
つみたてNISAおすすめの商品は?投資初心者が銘柄選びで迷ったらどう選ぶ?つみたてNISA(積立NISA)の銘柄・商品選びは投資初心者がぶつかる壁の1つです。極論、つみたてNISAに限って言えば何に投資をしてもほぼ問題ないのですが、その中でも3つ、おすすめの投資信託を選んでみました。...

長期分散投資のメリットについて知りたい方

長期分散投資のメリット
【投資のコツ】長期分散投資のメリットとは?ポートフォリオはどう組む?データを元に徹底解説長期分散投資が良い。と言われていますが、なぜでしょうか?具体的なデータをもとにまとめてみました。リバランスの重要性についても触れています。...

その他、つみたてNISAに関するあれこれ

つみたてNISAのデメリットは本当にデメリットなのか?
「つみたてNISAのデメリット」は本当なのか?FP取得者が考察してみるメリットもあればデメリットもあるのが世の常ですが、つみたてNISA(積立NISA)のデメリットとして挙げられている点は本当にデメリットなのでしょうか?何と比較するのか?というのが重要なポイントです。...
イデコとつみたてNISAはどちらから始める?イデコがいいと思う理由「イデコ(iDeCo)」か「つみたてNISA」どっちにしよう?と迷っている方へ。私はイデコから始めるのをおすすめしています。税制面でイデコの方がつみたてNISAよりメリットが多いからです。しかし、イデコには資金を60歳まで引き出せないデメリットがあり、そこをどう考えるのか?がポイントになります。...