投資

【図解】簡単3ステップ。楽天カードクレジット決済での投信購入方法

2018年10月28日に楽天カードクレジット決済で投信積立を購入できるようになりました。私も購入してみましたが、簡単に購入ができましたのでその3ステップを図入りでご紹介します。

楽天証券は、クレジットカード決済ができるだけではなく、普段楽天などで買い物をすると貯まる「楽天ポイント」で投信を買えるというのも魅力の一つです。そのあたりのメリットはこちらの記事でご紹介していますのでもしよろしければご覧ください。

クレジットカード決済開始!楽天ポイントでお得に投資信託を買おう楽天経済圏にどっぷりつかりつつある私。楽天クレジットカード決済で投信が購入でき、しかもその楽天ポイントが投信購入にまわせるということで早速注文をしてみました。...

楽天証券の口座開設がまだの方は、まずは楽天証券口座を開設してからとなります。

また、楽天クレジットカードを持っていないとクレジットカード決済ができないので、お持ちでない方は楽天クレジットカードがお手元に来てから設定してください。楽天クレジットカードは審査が甘いというのはよく言われているところなので、よほど問題がなければ開設できると思います。

楽天カードクレジット決済で投信積立設定をする条件
・楽天証券の口座があること
・楽天クレジットカードを持っていること

楽天カードクレジット決済で投信を買う方法

まずはポイントで投資をしよう!の画面に行きます。

メイン画面

左上の「ホーム」の中の「ポイント投資」を選択します。

ステップ1ー購入する投資信託を決める

まずは何を買うのか決めなくてはなりません。購入する投資信託ですね。投資の中級者くらいになればサクッと決められるのかもしれないのですが、初心者の方は意外に何を購入するかで迷われるかもしれません

でもそんな方のために、あらかじめ楽天証券がおすすめのファンド7つをピックアップしてくれています。「ファンドセブン」というものです。何を買うべきかわからない方は、少し調べてから、ピックアップされた7つの中から投信を選ぶ方が簡単かもしれません。

投信の選び方

中級者以上の方はランキングや条件を指定して探した方が探しやすいですね。
個人的に、ファンドセブンの7つもいい投信だと思いました。あとは好みですね。

ファンドセブンの画面の中には簡単な説明があるので、気に入った投信を見つけて、積立注文設定をします。「楽天カード決済対応」と書いてありますね。

ファンドセブン注文

慣れている方は、上記ステップを飛ばして、投信→積立注文から検索をかけることができます。

慣れている人向けの注文方法

ちなみに私は「投信スーパーサーチ」経由で、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)という投信を購入しました。

選択した投信

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とは?
「S&P500インデックスマザーファンド」への投資を通じて、主として対象インデックスに採用されている米国の株式に投資を行い、信託財産の1口当たりの純資産額の変動率を対象インデックスの変動率に一致させることを目的とした運用を行う。原則、為替ヘッジを行わない。楽天証券eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)運用方針より抜粋

最近何かと話題のeMAXIS Slimシリーズですね。このシリーズは手数料が安いというのが大きな魅力です。そして、全世界株式にするか米国株式にするか迷ったのですが、やはり米国株式の成長性を考えると、米国に絞ろうと思いました。

当然、iDeCoやつみたてNISAで全世界株式の投信もポートフォリオとして組んでいるので、少しポートフォリオが米国寄りになった、というくらいですが。

ステップ2-購入設定

購入する投資信託を選んだところで、各種設定をしていきます。今回は楽天クレジットカード決済で注文をするということを目的としているので、引き落とし方法は楽天カードクレジット決済を選択します。

引き落とし方法は「楽天クレジットカード決済」を選択引き落とし方法は「楽天クレジットカード決済」を選択

書いてあるように、楽天カードクレジット決済のポイントは以下の通りです。

・楽天カードのクレジット決済で月額上限50,000円まで投信積立を行うことができる
・楽天カードからカード決済額100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが付与される
・ポイントを利用した積立注文が可能

楽天カードクレジット決済を選択したら、楽天カード情報を入力します。

クレジットカード情報入力

次に、月額50,000円以内で積立額を入力します。

そして「オプション」扱いになっていますが、楽天ポイント利用の有無を設定します。
個人的には「せっかく楽天ポイントが貯まるので投信にまわしたい」というのが今回の目的の一つでもあるので、ポイント利用を「利用しない」から「利用する」に設定変更しました。

ポイント利用の有無
ポイント設定当然、利用します!(私は)

 

次に分配金コースを選択します。

個人的には分配金を再投資に回して(投資原資が増えるということですね)いった方がいいと思っているので、再投資型に設定しました。

分配金は、税引き後、受取型であれば、証券口座の「預り金」へ入金され、再投資型であれば、自動的に再投資されます。(※NISA口座で保有の場合、税金は差し引かれません)
楽天証券該当ページから抜粋

次に口座の選択を行います。

「オススメ」は私が書いたわけではありません。オススメされているので特定でいいでしょう。ザックリいうと、投資で得た利益に税金がかかるのですが納税を楽天証券が代わりにやってくれるか、自分でやるか、という違いです。色々投資をしていると自分で損益通算した方が税金的に安くなる場合もあるので、一概に特定がいいとは言えないのですが、よくわからないのであれば「特定」が無難だと思います。このあたり気になる方は自身でもお調べください。

ステップ3ー注文確認

もうここまでくればやることはほとんど終わっています。

目論見書(PDF)をWEB上で確認します。

いろいろ難しいことが書いてあるように思いますが、どういう運用方針で、どういう仕組みで買っていきますよ、ということが書いてあります(ザックリいうと)

買付は、12日締めの翌1日買付(土日祝日は翌営業日)となります。
私は10月28日に注文をかけたので、締め切りが11月12日、購入が12月3日(12月1日が土曜日のため)となります。

カレンダー

最後に、注文内容を確認したら、取引暗証番号を入力して修了です。

取引暗証番号

楽天カードクレジット決済で投信購入は簡単

いかがでしたでしょうか?投資信託を選ぶところは悩ましいですが(というかそこに一番時間をかけるべきだと思いますが)購入設定自体は、ポチポチっと簡単にできると思います。

今回はつみたてNISA枠での設定の解説ではありませんでしたが、つみたてNISA枠をまだ使っていない人は、そちらも検討してみてもいいかもしれません。ただしつみたてNISAの月額上限は3.3万程度なので、楽天カードクレジット決済上限の5万円分(のポイント)を享受しようと思うとやや不利かもしれません。

購入自体は簡単にできますが、投資自体は、自分のリスク許容度がどれくらいなのかや、懐事情などとも相談しながら慎重に行うことをおすすめします。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

もし少しでも役に立ったり面白かったりしたらポチっ↓とお願いします!!励みになります。にほんブログ村 投資ブログへ