楽天モバイル

UQモバイルから楽天モバイルに変更。アンドロイド端末同士のデータ移行など手続き関係まとめ

こんにちは。楽天モバイルデビューしたうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

最高ですね。楽天モバイル。

月々の利用料が980円*ですからね。
*スマホ―ダイプランS、3年契約、楽天ダイヤモンド会員特典※1年間

今までUQモバイルで5,000円オーバーだった固定費が一気に4,000円も下がりました

2年前にソフトバンクからUQモバイルに変更した時も劇的に固定費が下がって感動しましたが、今回はそれ以上に感動しています。安すぎる。

下手したらソフトバンク時代の1か月分の携帯料金で、楽天モバイルだと1年分くらい使える計算になります。

すごい。

しかも楽天のネットショッピングは、楽天モバイルに加入したことで付与されるポイントが+2倍に

楽天モバイルを使うと、ショッピングのポイントが+2倍に楽天モバイルを使うと、ショッピングのポイントが+2倍に

完全に楽天経済圏にはまりました。

楽天モバイルのメリットについては以下の記事でまとめていますが、

楽天モバイルのメリット
楽天モバイルのメリット。最安プランの「プランS」で十分な理由楽天モバイルを検討している方へ。楽天モバイルは安いだけでなく、サービスも充実しています。私は980円/月で使えていますし、楽天で買い物をする時はポイント還元率が2%もアップします。また、低速通信でも体感速度がそこまで落ちないのでギガも減りにくいのが特徴です。...

この記事では、UQモバイルから楽天に移行した際の手続き関係と、アンドロイド端末同士のデータ移行関係について、ざっくりとまとめます

ほとんど私の備忘録用ですが、参考にしたサイトのリンクを貼っておきます。

スマホの設定は人それぞれなので、帯に短しタスキに長し的なところもあるかもしれません。必要に応じて、参考にしてみてください。

■この記事でざっくりまとめていること

・UQモバイルから楽天モバイル移行時の手続き
・アンドロイド端末同士のデータ移行手続き
・LINEの移行手続き
・画像・動画関係のデータ移行
・その他データの移行(電話帳など)
・無料で留守電を使うための手続き

※この記事では、設定方法を詳細に解説した記事ではありません。

あくまで、こんな手続きが必要なんだ~。ふ~ん。(色々面倒だな)くらいの感じで見てください。

詳細は他の方が詳しくまとめてあるブログページに飛ばしています。

楽天モバイルのページを見る
楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
対応端末を見る
販売端末一覧
申し込みの流れを確認する
ご利用の流れ

UQモバイルから楽天モバイルに変更した理由

きっかけは、携帯のバッテリーの持ちが異常に悪くなったことです。1時間で30%くらい減るし、残量が60%になったらシャットダウンする。最悪ですよね。

常時電源につないでおかなければならないなんて、もはや携帯電話ではありません。

これはUQモバイルが悪いわけではないのですが、どうせ携帯を変更するなら通信会社も替えてしまおう。ということで楽天モバイルを検討しました。

楽天モバイルを検討した理由は、安いから。周りの人から聞く評判もそこそこでしたし。

あとは冒頭にも書いた通り、楽天ショッピングのポイント倍率が+2倍になるからですね。

私は最近楽天市場でネットショッピングをすることが多くなりました。前はAmazon派だったんですけどね。

でも、諸々のサービスを楽天系に統合していくと、ポイントの貯まり方がすさまじいんですよ。

うまくいくと、1カ月で2万ポイントとか貯まる。すごいですよね?

というわけで、携帯も楽天系に統一すべく、楽天モバイルに変更したのでした。

プランS(高速データ通信容量2G)にした理由

プランは迷いました。最後まで。

高速データ通信容量が6GのプランMにするか、2GのプランSにするか。

2Gって少なすぎ!!って思いますよね。私も思います。

でもプランSとMだと基本料金が1,000円違うんですよね。

ソフトバンク使ってた当時の1,000円だと大したことないような感覚になりますけど、格安スマホの1,000円の違いは頭を悩ませるのに十分な金額差です。

楽天モバイル。プランによる料金の違い楽天モバイル。プランによる料金の違い

でもよく考えたら私、ネットサーフィンするくらいで動画とかあまり見ないですし、見るとしても家なので、家だとWifi飛んでるんですよね。

UQモバイルで直近の通信容量みても2Gを少しオーバーするくらいだったので、まあいいだろうと。

高速データ通信容量を使い切っても、最大1Mbpsでデータ使い放題らしいので(多分遅いけど)まあちょっとくらいいいだろうということで、プランS(2G)にしました。

低速でもそこそこ大丈夫と楽天は言っているが、果たして・・低速でもそこそこ大丈夫と楽天は言っているが、果たして・・

※追記:低速モードで1週間過ごしてみた感想をまとめてみました。昼、夕方の各1時間はさすがに厳しかったですが、それ以外の時間帯はストレスフリーでしたね。

楽天モバイルの低速モード(1Mbps)で一週間すごしてみた評価・レビュー楽天モバイルのプランを迷っている方へ。楽天モバイルは高速通信容量いっぱいに使ったら低速モード(1Mbps)になります。料金は安い方がいいけど、低速モードで快適に過ごせるのか不安ですよね?結論としてはほぼ問題ありません。実際に一週間低速モードで生活してみた感想をまとめました。...



UQモバイルから楽天モバイルへの移行手続き

私は携帯の不具合がきっかけで通信会社を変えるので、新たにスマホを購入しました。端末+SIMセットですね。

また、手続き関係はすべて自宅(ネットなど)で済ませました。

手順は以下の通りです。

(1)UQモバイルへ解約の電話、MNP予約番号を発行してもらう
(2)楽天モバイルで契約の手続き
(3)本人確認書類提出(ネット)
(4)楽天モバイルからスマホが送られてくるのでMNPの開通手続き

(1)~(3)は1時間くらい(本当はもっとさっと終わるはずなんだけど・・・理由は後述)

(4)は(3)が終わってから2日後にスマホが送られてきます。開通手続き自体はものの数分です。

(1)UQモバイルへ解約の電話、MNP予約番号を発行してもらう

はっきり言ってこれが一番面倒というかイライラしました。

まず、なぜ電話なのか。MNPの予約番号もらうだけですよ?

まあ、電話をさせて、なんとか解約を防ぎたい。というのが通信会社の考えなんでしょうけど、それにしても時代錯誤感が半端ない。

しかも。

しかもですよ!

わざとなのか、わざとじゃないのか分からないですけど、電話が半端なくつながりにくい

私、実は2回電話かけさせられたんです。

1回目は15分くらいしてようやくオペレーターに繋がったと思ったら、電話が聞こえません。と言われて切られる始末。

もうね、激怒したよね。本当に聞こえなかったんだと思いますよ。むしろそうであってほしい。(今まで電話が聞こえないと言われたことはないけど)

15分待たされた挙句、聞こえないと言われて切られる。そりゃないですよ。

そして再コールですよ。再コールも20分以上待たされました。

もうこちらは怒りを通り越して悟りを開いた状態になっていたので、淡々と解約することを伝えて、MNP番号をもらって終わり。

1分。トータル30分待って、正味1分。

電話必要?ねえ、必要?

WEBでいいじゃん。自動でさ。

まあ、解約する人は、ここのステップが一番の壁だと思って、待たされてもイライラせずに、淡々と事務処理を行っうことをおすすめします。

(2)楽天モバイルで契約の手続き

これはね、本当に楽。

どのスマホにして、どのプランにして、何年契約にして、というのを事前に決めておけばそんなに迷うこともありません。

色々なオプションがありますけど、特に私は必要ありませんでした。

唯一、後述しますけど留守電を無料で使いたい人は、「転送電話サービス(無料)」はポチッとチェックをしておく必要があるくらいですかね。

オプションのページ。無料の留守電サービスを検討している人は「転送電話サービス」にチェックしておくオプションのページ。無料の留守電サービスを検討している人は「転送電話サービス」にチェックしておく

(3)本人確認書類提出(ネット)

自宅で配達員に確認してもらう方法もあるらしいのですが、ネットで免許証のスキャンなどをアップロードする方が簡単だと思います。

すぐ終わります。

(4)楽天モバイルから携帯が送られてくるのでMNPの開通手続き

申し込んだ2日後の午前中にスマホ端末が自宅に届きました。

スマホ端末と一緒に「はじめてガイド」という書類が入っているので、その1ページ目に書いてある「スマートフォンの設定をはじめる前に」に従って、MNPの開通手続きをします。電話です。

はじめてガイドはじめてガイド

これ、当たり前ですけど届いたスマホ(新しいやつ)で電話してもつながらないですからね

コントみたいになります。

解約前のスマホ(私の場合はUQモバイルで使っていた古いスマホ)で電話をしましょう。MNP開通をして、はじめて楽天モバイルの携帯がつながります。

手続きして、数10分程度で電話がつながるようになったと思います。


アンドロイド端末同士のデータ移行手続き

アンドロイド端末同士の移行なので、基本的にはアプリ関係はGoogle(Gmail)で同期しておけばデータは引き継がれます。

同期関係については以下の記事が参考になると思います。

LINEの移行手続き

LINEは利用している人も多いと思います。別途移行手続きが必要なのでちょっと面倒ですが、複雑な作業はありません。

アンドロイド端末同士だと、トーク履歴なども引き継げます(要設定)

LINEの移行で参考にした記事は以下です。

画像・動画関係のデータ移行

クラウドで連携させる方法もありますが、それだとスマホを変更するたびに、膨大なデータを引き継ぎ続けることになります。ストレージ容量も足りなくなりますよね。

なので私は、基本的にハードディスクに移行してしまう方法を取りました。

これなら、基本的にスマホとPC(+外付けハードなど)を繋げてデータを移すだけですからね。

新しいスマホにも画像を移行させたい場合は、ハードから一部新しいスマホにデータを移すなどの処理が必要にはなるので多少面倒なのがデメリットですかね。

クラウド(Googleドライブ)などと連携させる方法は以下の記事が参考になると思います。

その他データの移行(電話帳など)

電話帳などのデータ移行は「JSバックアップ」でデータのバックアップ、復元ができます。

ただ、画像関係は4Gまでしかバックアップできないみたいなので、やはりハードとかに移した方が無難だと思います。

無料で留守電を使うための手続き

ほとんど使わない留守電。でも、ないと不便な留守電。

留守電のサービスって基本的に有料なんですよね。月300円とか。

楽天モバイルも「スマート留守電」が290円/月でオプション扱いです。

んー。まあいいんですけどね。290円くらい。でもほとんど使わない留守電にコストを払うのも。。という感じもします。

なんせ、月1000円ですからね。スマホ代。留守電が290円追加されたら30%アップ!

大きい!(大きく見える!)

・・・というわけで、世の中には便利なサービスがあるもので、「IP-PhoneSMART」を使います。

なぜか、IP-PhoneSMARTは楽天が提供しているのですが、意図は不明です。

これ、転送サービスが必要になるので、上でも触れた通り、契約時に「転送電話サービス(無料)」が必要になります。

「IP-PhoneSMART」の設定で参考になった記事はこちらです

楽天モバイルはメリットがたくさん

通信会社の変更や、スマホ端末のデータ移行が面倒なのは、仕方がありません。

さっさと済ませて、快適なスマホライフを送りたいものです。

ただ、楽天モバイルはとにかく安い。いいです。

今のところネット速度も問題ないですし、通話の品質(楽天でんわ)も特に問題なさそうです。

これを機会に、楽天モバイルを検討してみてはいかがでしょうか?

楽天モバイルのページを見る
楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
対応端末を見る
販売端末一覧
申し込みの流れを確認する
ご利用の流れ