楽天カード

楽天カード最強説。楽天系サービス併用でポイント還元率44倍!?お得な使い方や活用方法

楽天カードのお得な使い方・メリットとは

ありとあらゆる支払いを楽天カードに統一したうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

今まで3枚ほどクレジットカードを保有していましたが、現在は楽天カードのみを使っています。

クレジットカードで決済できる生活費のうち、約20万円前後は全て楽天カードで決済。大きな買い物をした月は30~40万円ほど、楽天カードで決済しています。

楽天カードの魅力は何と言ってもその高いポイント還元率と、ポイント活用方法の多さです。

特に楽天カードのポイント還元率は1%と高水準で、私の場合は生活費の支払いだけで毎月2,000ポイント前後貯まっています

年間換算すると24,000ポイントくらいですね。

また、楽天のサービスを使えば使うほどポイントが貯まっていく仕組みです。

「楽天経済圏」とよく言われますが、楽天はハマりだすと、すべてのサービスを楽天系のサービスに統一していってしまう悪魔的な魅力があります。

見てください。この楽天ポイントの貯まり方見てください。この楽天ポイントの貯まり方

私の場合、「楽天ショッピング」や「ふるさと納税」をする時には、ポイントの還元率が20%前後になります

10,000円の買い物をすると、2,000円もポイント還元されるんですよ・・・。

やばいですよね(語彙力)

・・・とここまで書きましたが、私、昔はAmazon派でした。

楽天は正直嫌いでした。なんかダサいし。

でも一度楽天に切り替えたら、もうAmazonで買い物をすることがほぼなくなりました。

また「ポイント?みみっちくない?」と思っていたんですが、ザクザクたまるポイントを見ると、過去の自分を殴ってやりたい気分です。

それくらい、楽天カード+楽天系サービスのポイント還元率の高さは最強です。

最強というか、異常と言ってもいい。いい意味で。

この記事では、楽天カードの魅力や、楽天ポイントをザクザクためる方法、たまった楽天ポイントの使い道についてまとめています。

楽天カードに新規入会する

ポイント還元率が他のクレジットカードと比べて高水準の楽天カード

さらに、楽天系のサービスと組み合わせることで、楽天ショッピングやふるさと納税の決済時に高いポイント還元率を実現できます。

私も常に約20%のポイント還元率で支払いができています。

おすすめ度

→楽天カードに新規入会する

楽天カードのメリット

楽天カードはメリットがたくさん楽天カードはメリットがたくさん

楽天カードのメリット(1)高いポイント還元率

一般的に、クレジットカードのポイント還元率は200円で1ポイント、つまり0.5%程度で普通とされています。

楽天カードの場合、100円で1ポイント、つまりポイント還元率が1%と、かなり高いポイントの還元率となっています。

私は生活費のうち、クレジットカード決済ができるほぼ全ての決済を楽天カードに統一しています。

月20万円程度の1%、2,000ポイント程度は定期的にゲットできています。

楽天カードのメリット(2)入会特典がすごい

楽天カードは入会し、カードを利用すると5,000ポイントゲットすることができます

5,000ポイントってすごいですよね。楽天のネットショッピング等で5,000円分使えるってことですよ。

楽天カードのメリット(3)対象店舗でRポイントとの2重どりができる

Rポイントのロゴ。よく街中で見かけますよねRポイントのロゴ。よく街中で見かけますよね

最近よく「Rポイント」対象店舗を目にすることも多いと思います。

Rポイントが使える(貯まる)店舗は、マクドナルド、ビックカメラ、大丸、出光石油、大戸屋、コーナン、ツルハドラッグなど、ここでは書ききれない程多いです。

Rポイント対象店舗(ごく一部)Rポイント対象店舗(ごく一部)

Rポイントの対象店舗で楽天カードを提示すると1%程度(店舗によって異なる)のポイントが付与されます。

さらにクレジットカード払いにすることで、さらに1%のポイントが還元されます。

合計するとポイント還元率が2%程度になるので、大きいですよね。ポイントの2重どりと言われるものです。

楽天カードのメリット(4)年会費永年無料

楽天カードの種類はいくつかありますが、一般的なカードであれば、年会費は無料です。

楽天カードのメリット(5)比較的カードを作りやすい

これはネット情報ではありますが、どうやら比較的カードは作りやすいようです。

学生や主婦でも審査通過可能とのことですし*カード発行のハードルは低いと言えるでしょう。*ブラックリストに載っていない、世帯主や両親に収入があるなどの条件があるようです。

→楽天カードに新規入会する

楽天カードと楽天市場+楽天系サービスのコンボは最強

楽天系サービスと楽天市場の組み合わせは最強楽天系サービスと楽天市場の組み合わせは最強

楽天系サービスを使い始めると、ポイントがザクザク貯まるので、高い中毒性があります

特に、楽天のメインサービスである楽天市場(ショッピング)で買い物をする時は最大で15倍(還元率15%)、さらにキャンペーン期間中は最大44倍(還元率44%)!にもなる凄まじさです。

さすがに44倍になるには様々な条件が重なる必要があり、私の場合いまだに実現したためしがないですが、キャンペーンをうまく使うと20倍(還元率20%)くらいにはなります

なぜこんなにポイント還元率が高いのか?

それは、楽天系のサービスを使えば使うほど、ポイント還元率が高くなる仕組みになっているからです。

通常、楽天市場で買い物するときのポイント付与率は1%です。

しかし、決済で楽天クレジットカードを使うと、+2%の還元率になります。

これだけで、3%の還元率です。

10,000円の買い物をしたら、300ポイントが付与されます。

楽天クレジットカードを持っている(使う)だけでこれだけのメリットがあります

→楽天カードに新規入会する

楽天系サービスを使うとさらに還元率アップ

私はさらなるポイント還元率アップを狙って、いくつかの楽天系サービスを使っています。

もちろん、ポイントをあげるためだけに無駄なサービスを使うのは本末転倒です。

そのため、自分にとってメリットのありそうなサービスを使っています。

また、楽天市場で頻繁に行われているキャンペーンに参加することで、誰でも追加で3%~10%以上のポイント還元率を実現できます。

まずは私が使っている楽天系サービスを使うことで追加できるポイント還元率からご紹介します。

楽天モバイルを使う:ポイント還元率+2%

楽天モバイルは格安楽天モバイルは格安

最近楽天モバイルに切り替えました。とにかく安い。

月980円で使ってます。安すぎませんか?

電話も通話10分までなら何回でも無料ですし、通信容量(ギガ)が減らない「低速モード」でもネットの速度はほぼ問題ありません。

さらに、楽天市場での買い物のポイント付与率が2%も上がるとなれば、言うことありません。

楽天モバイルを使うとポイント付与率が+2%に楽天モバイルを使うとポイント付与率が+2%に

というか、楽天モバイルにしない理由がない。それくらいすごいです。

楽天モバイルのメリットについては以下でまとめています。

楽天モバイルのメリット
楽天モバイルのメリット。最安プランの「プランS」で十分な理由楽天モバイルを検討している方へ。楽天モバイルは安いだけでなく、サービスも充実しています。私は980円/月で使えていますし、楽天で買い物をする時はポイント還元率が2%もアップします。また、低速通信でも体感速度がそこまで落ちないのでギガも減りにくいのが特徴です。...

→ 楽天モバイルの専用ページを見る

楽天証券口座を持っている:ポイント還元率+1%

iDeCo(イデコ)や、つみたてNISAの口座を開設する人も少しずつ増えてきていると思います。

その時、楽天証券で口座を開設し、楽天ポイントで投資を行うと、ポイント還元率が1%増えます

特に、つみたてNISAを検討している人は、楽天証券は最強の証券会社です。

楽天のつみたてNISAは楽天クレジットカード決済で投資信託を購入することができます。つまり、投資信託を買うと、ポイントも貯められる。ということです。

さらに、貯めた楽天ポイントを使って投資信託を買うこともできます!

この無限ループ。すごい。

つみたてNISA×楽天証券については、こちらでまとめています。

つみたてNISA口座を楽天証券で開設するメリット
楽天証券でつみたてNISA口座を開設するメリット。ポイントで投資信託が買える!?つみたてNISA(積立NISA)の口座を開設するなら、楽天証券がダントツでおすすめです。楽天クレジットカード決済で投信を購入し、ポイントを貯め、さらに付与されたポイントを使って投資信託を買うことができるという黄金サイクル。つみたてNISA口座開設なら、現時点で間違いなくNo.1の証券会社です。...

私の楽天ポイント還元率(ベース)

私の場合、デフォルトで6%のポイント還元率になっている私の場合、デフォルトで6%のポイント還元率になっている

私の場合、楽天カード+楽天モバイル+楽天証券の組み合わせで、常にポイント還元率6%となっています。

→楽天カードに新規入会する

さらにポイント還元率を上げるには

他にも楽天サービスを使ったり、ほぼ月1回行われる楽天ショッピングのキャンペーンに参加するとさらにポイント還元率が上がります。

私がよく使うポイントアップの方法をご紹介します。

0と5のつく日に買い物をする:ポイント還元率+2%

10日とか、25日とか、末尾に0と5のつく日に買い物をするだけで、ポイント還元率が+2%です

よっぽど急ぎでない限り、必ず0と5のつく日にネットショッピングしています。

楽天市場アプリから買い物をする:ポイント還元率+0.5%

楽天市場にはスマホアプリがあります。

スマホアプリから購入するだけで、+0.5%のポイント還元です。

【キャンペーン】買い物マラソンに参加する:ポイント還元率+1%~10%

月にほぼ1回開催される「買い物マラソン」というイベント。だいたい1週間くらいがキャンペーン期間です。

「買い物マラソン」は1店舗、1,000円以上の買い物をすると、1店舗ごとに+1%還元率が上がる仕組みです。(ポイント付与上限あり)

10店舗の「買い回り」を達成すると+10%の還元率ですので、まとめ買いをすると、かなりお得です。

極論、1,000円の商品を10店舗で購入する(合計10,000円)と、それだけでポイント還元率が+10%になるということです。

私は買いたいものをリスト化して、買い物マラソンのキャンペーン期間中の、0か5のつく日に買い物をする。というのが習慣になってきています。

日用品なんかも買えますしね。もちろん、ポイントアップのために不要なものを買うというのは厳禁です(最初はやりがち)

楽天BOOKSや楽天ビューティを使う:0.5%~1%

もうおなかいっぱいかもしれませんが(笑)、さらにポイント還元率を上げるために楽天BOOKSや楽天ビューティーを使っています。

これらのサービスを使った月は、その月のショッピングが楽天BOOKS利用で+0.5%、楽天ビューティーの利用で+1%です。

→楽天カードに新規入会する

どれだけポイント還元率が上がるのか?

上で紹介した方法を使うと、

■ベースとなるポイント還元率(私の場合)

楽天会員:+1%
楽天カード:+2%
楽天モバイル:+2%
楽天証券:+1%
合計:+6%

■キャンペーン期間中などのポイント還元率

0と5のつく日:+2%
アプリ利用:+0.5%
買い物マラソン:+1%~10%
楽天BOOKS利用:+0.5%
楽天ビューティー利用:+1%
合計:+5~14%

合計で、+10%~20%のポイント還元率を実現できます*買い物マラソンの買い回り店舗数による

10,000円のものを買ったら、2,000ポイントも還ってくるなんてすごいと思いませんか?

すごいですよね!(2度目)

それでも楽天ショッピング使わないしな~。俺Amazon派だし・・・。と思っている方!朗報です。

ふるさと納税を使いましょう。

楽天のふるさと納税がお得

ふるさと納税を利用している人も多いと思います。

実質負担2,000円で地方の特産などをゲットできるので、かなりメリットがある制度ですよね。

楽天でふるさと納税を行いましょう。

楽天のふるさと納税は楽天ショッピングと同様にポイントが付与されます

もうお気づきですよね?ポイント付与率が半端ないんですよ。

10,000円の寄付をしたら、10%~20%のポイント還元です

もう、ちょっと意味が分からないくらいお得です。

さらに、各自治体は買い物マラソンの1店舗として計算されるので、買い物マラソン中に3つの自治体に寄付をしたら、それだけで還元率が+3%になります。

半端ないです。

楽天ふるさと納税については以下の記事でまとめています。

ふるさと納税は楽天ふるさと納税がおすすめ
ふるさと納税は楽天がおすすめ。半端ないポイント還元率!やり方は簡単。ふるさと納税を行うなら、楽天ふるさと納税が最もおすすめです。メリットが半端ないからです。例えば10,000円の寄付を行ったら、2,000ポイントも還元されることもあります!高いポイント還元率を実現するコツや方法についてまとめています。...

楽天ゴールドカードも検討の価値あり

楽天カードには複数の種類があります。

基本的にはオーソドックスな楽天カードで問題ないと思いますが、年会費2,160円を支払えば楽天ゴールドカードにすることができます。

年会費2,160円かかる楽天ゴールドカード年会費2,160円かかる楽天ゴールドカード

年会費かかるなら、いらない・・・と思うことなかれ。

楽天ゴールドカードにすると、楽天市場でのポイント還元率が+2%になります

楽天市場での買い物がさらに+2%楽天市場での買い物がさらに+2%

楽天市場のポイント還元だけで年会費のもとを取ろうとすると、10万8,000円の買い物をすると「元がとれる」計算になります。

使うかも・・・・。という方は、楽天ゴールドカードも併せて検討してみてください。

ちなみに私は現時点で通常カードですが、家電やらふるさと納税やらで確実にこのラインを超えそうなので、ゴールドカードへの切り替えが少し頭によぎっています。

楽天カードの種類・メリットについては以下の記事でまとめています。

楽天カードはどれがいい?
楽天カードの種類はどれがいい?楽天ゴールドカードの年会費の元を取るなら?楽天カードの種類で迷っている方へ。おすすめの楽天カードをご紹介します。楽天カードには通常の楽天カード、女性向けの楽天PINKカード、年会費がかかるもののお得なメリットがある楽天ゴールドカードなどの種類があります。それぞれの特徴とメリットについてまとめています。...

 

→楽天カードに新規入会する

楽天ポイントの活用方法

楽天ポイント活用方法楽天ポイント活用方法

ポイントたくさん集めたからって、楽天ポイントでしょ?使い道あんまりないな~。と思う方もいるかもしれません。

でも、使い道はいろいろあります。いろいろありすぎて書ききれなので、主なものをピックアップします。

(1)楽天市場で消費(ふるさと納税の支払いも可能)
(2)Rポイント加盟店で消費
(3)楽天モバイルの支払い
(4)楽天電気の支払い
(5)ポイントで投資信託購入(つみたてNISAも購入可)

(1)(2)あたりで楽天ポイントを消費する人が多いかもしれませんね。

楽天で買うものないわ。という方。ふるさと納税もありますし、グルメカードなんかも買えます。それで消費してください。

(3)(4)は実際にサービスを使っているとありがたいです。特に期間限定ポイントを消費できますし、固定費がポイントで一部おぎなえる、というのはありがたいですよね。

私は(5)です。つみたてNISAではないんですが、楽天ポイントで投資信託をコツコツ毎月つみたてています。

詳しくは以下の記事にまとめています。

クレジットカード決済開始!楽天ポイントでお得に投資信託を買おう楽天経済圏にどっぷりつかりつつある私。楽天クレジットカード決済で投信が購入でき、しかもその楽天ポイントが投信購入にまわせるということで早速注文をしてみました。...

楽天カードは最強。そして中毒性の高い楽天経済圏にはまってしまう

半分以上楽天ポイントについて書きましたが、楽天カードと楽天ポイントは密接に関係しています。

また、楽天系のサービスを利用することで、ザクザクポイントが貯まることがお分かりいただけたと思います。

既に別のカードを持っている方も、2枚目、3枚目のカードとして楽天カードを持つメリットは十分にあると思いますよ。

多分、気づいたらメインのカードになっていると思いますけどね。

私のように。

楽天カードに新規入会する

ポイント還元率が他のクレジットカードと比べて高水準の楽天カード

さらに、楽天系のサービスと組み合わせることで、楽天ショッピングやふるさと納税の決済時に高いポイント還元率を実現できます。

私も常に約20%のポイント還元率で支払いができています。

おすすめ度

→楽天カードに新規入会する