iDeCo(イデコ)

主婦がiDeCoに加入するメリットとは?【夫はちょっと怖いかも】

主婦がiDeCoに加入するメリット

こんにちは。ファイナンシャル・プランナー3級技能士、30代サラリーマンのうちたけです

平成29年1月からの制度改正によって、第3号被保険者、つまり主婦(夫)の方もiDeCo(イデコ)に加入できるようになりました

このページをご覧になった方は、iDeCo(イデコ)を検討している主婦の方だと思います。

しかし、主婦はiDeCo(イデコ)に加入するメリットが少ないと聞いて「どうしようかな」と思われている方も多いのではないでしょうか?

確かにiDeCo(イデコ)は主に3つのメリットがあるといわれていますが、収入のない主婦の方は最大のメリットだと思われる「節税」のメリットを受けることができません。

じゃあやめようか・・・。

ちょっと待ってください。

もし仮に、旦那様がiDeCo(イデコ)に加入していないのであれば、iDeCo(イデコ)のメリットを旦那様に伝えてみてください。iDeCo(イデコ)は節税の効果がありますので、家計がだいぶ楽になると思います

年収によっても変わりますが、年で数万円は節税効果が期待できます。

実はiDeCo(イデコ)の加入者はまだかなり少ないんですね。これだけメリットがあるのに。もしかしたら旦那さんもiDeCo(イデコ)という言葉は知っていても、そのメリットまで真剣に考えたことがないだけかもしれません。

もし旦那様がiDeCo(イデコ)に加入しているのであれば、主婦の方もiDeCo(イデコ)を検討する価値はあると思います。

あと・・・これはあまり夫の立場としては公にしたくないのですが・・・。

私もいくつか調べる中で分かったのが、隠れたiDeCo(イデコ)のメリットがあるんですね。

それは・・・

離婚した時です。

主婦の方もiDeCo(イデコ)に加入するときは自分名義で加入することになります。ですので離婚した時はそのままiDeCo(イデコ)の資産が自分のものになります。

あー。怖い。突然妻がiDeCo(イデコ)に入ると言ったらどうしよう・・・とか考えてしまいます。

今日ちょっと甘いものでも買って帰ろうと思いますが、そんな冗談(になっているかどうかは置いておいて)はさておき、この記事ではあらためて

なぜiDeCo(イデコ)を検討した方がいいのか?
主婦の方がiDeCo(イデコ)に入った際のメリット

について解説していこうと思います。

パート収入がある主婦の方は以下をご覧いただいた方がいいかもしれません。この記事ではあくまで収入がほぼない、専業主婦の方向けの記事になります。

iiDeCo(イデコ)パート主婦
パート主婦がiDeCo(イデコ)に加入するメリット。もっと稼げる?パートタイムの主婦の方にはいろいろな年収の壁がありますよね。103万円の壁、130万円の壁etc..iDeCo(イデコ)を活用すれば節税メリットを最大限使って、もう少し年収を増やすことができるかもしれません。...

●おすすめ証券会社でiDeCo(イデコ)の資料請求をする【厳選3証券会社】

SBI証券|口座開設数No.1。私も口座開設をしています。
→■SBI証券でiDeCoの資料請求をする場合はこちらから

マネックス証券|信託報酬が低い投資信託がそろっています
→■マネックス証券でiDeCoを開設する場合はこちらから

楽天証券|無料セミナーなどサポートも充実
→■楽天証券でiDeCoを開設する場合はこちらから

※もし迷ったら複数の証券会社から資料請求をして比較検討してみてはいかがでしょうか?

なぜiDeCo(イデコ)を検討した方がいいのか?主婦の方も人ごとではありません

「人生100年時代」と最近よく耳にします。

「今後、年金だけでは生活できない」とも耳にします。

これは密接に関係していて、人生が80年そこそこの想定の時代だったら年金と退職金だけでなんとか老後の生活ができる想定でした。

しかし人生100年時代になると、とても生活資金が足りません。年金は毎年一定額出ますが、退職金を20年で取り崩すのと、40年で取り崩すのでは1年に使えるお金も変わってきますよね。

しかも、年金が受給できる年齢引き上げが検討されていたり、退職金だってそんなにもらえるか分かりません。

仮に退職金が出ずに、年金だけで暮らす場合を想定しましょう。

旦那さんが企業勤めで厚生年金に加入している場合、夫婦で老後に支給される年金額は約21.6万円/月です。だいたい22万円/月ですね。

夫婦2人で生活するのに必要な最低額は27万円/月と言われていますので、毎月5万円のマイナスです。

約5万円たりなくなってしまう約5万円たりなくなってしまう

なので、このマイナス分をカバーするために、老後必要な資金を確保しておかなければならないのです。

退職金が出る場合や、もっと生活を豊かにしたい場合などの簡単なシミュレーションは以下の記事でしていますのでご参考にごらんください。

人生100年時代の年金
「人生100年時代」とは?その意味。年金だけでは生きていけない!?人生100年時代というフレーズは最近よく聞きます。長生きできてうれしい反面、どうやって生活していこうか?という不安をお持ちの方もいるかもしれません。実際、年金生活で生きていけるのでしょうか?...

資産はコツコツ預金で貯めていくのも一つの手段です。しかし、現在は低金利で貯めるだけでお金は増えていきません。効率がわるいんですね。

そこでお金にもう少し頑張って「働いて」もらう必要がでてきます。

それが、投資です。

投資ってギャンブルのイメージがありますか?

主婦の方の中には貯金・預金の方が確実、と思われる方も多いでしょう。

私も昔はそんなイメージもありましたが、投資を長期的に考えて、基本に忠実に投資をしていければ、そこまで怖いものでもなく、逆に資産形成に役立てることができるものだと考えています。

詳しくはこちらに書きましたのでご参考にご覧ください。

【分散投資】卵を一つのカゴに盛るなとは?【投資格言】分散投資の重要性を説明するときに必ずといっていいほど引用される「卵を一つのカゴに盛るな」という投資格言。卵を一つのカゴに盛ると、落とした時全部割れてしまいます。それを投資に置き換えると・・?...

政府としても、このままだと国民の生活が厳しくなることは分かっているので、積極的に投資を行うように促しています。

貯蓄から投資へ

というキーワードは聞いたことがあると思います。

そして日本国民が投資になじみが薄い、ということも日本政府は分かっているのでしょう。
そこでiDeCo(イデコ)のような制度を作って、かなりのメリットを盛り込んだ上で、老後、自分自身で備えられるように投資を促しているという状況です。

ちなみに以下の図は、月々1万円投資に回し、年率3%の利回りで20年間運用した場合の運用成果です。(金融庁:資産運用シミュレーションより)

月1万円を20年間コツコツ積み立てた場合のシミュレーション月1万円を20年間コツコツ積み立てた場合のシミュレーション

投資に回した金額240万円に対して運用益が88.3万円になっています。銀行に預けているだけではこうはいきません。

もちろん投資は元本保証ではありません。このようにうまくいかないケースもありますが、投資で利回り3%というのは非現実的なものでもなく、ひとつのベンチマークとして考えてもいい数字です。

iDeCo(イデコ)のメリット

iDeCo(イデコ)のメリットは主に3つあるといわれています。

(1)節税効果
(2)運用益が非課税
(3)受取り時の控除

(3)に関しては重要ですがだいぶ先の話で実感が持ちにくいと思いますので、(1)(2)について少し簡単にザクっと解説します。

(1)節税効果

働いていると毎年所得税や住民税を支払っていますが、iDeCo(イデコ)に加入していると税金が軽減されます。

掛け金や年収によっても変わるのですが、仮に年収500万円の人が月々1.5万円積み立てると、年間で3.6万円の節税効果が見込めます

大きいですよね。毎年新しい掃除機買ったり炊飯器買ったり・・・いろいろできますね。

(2)運用益が非課税

これイメージしにくいと思うんですが、投資をして利益が出ると、利益に対して税金がかかります。だいたい20%くらいですね。iDeCo(イデコ)はこの税金がかからない、というのが2番目のメリットです。

普通に投資しようとするより利益に税金がかからないのでだいぶお得です。

主婦の方がiDeCo(イデコ)に入った際のメリット

人生いろいろあるからね人生いろいろあるからね

冒頭にも触れましたが、主婦の方は(1)の節税メリットが受けられません。

ですので基本的にはiDeCo(イデコ)のメリットを最大限受けることができる旦那さんがiDeCo(イデコ)に入っていない場合には、旦那さんからiDeCo(イデコ)に入ることをおすすめします。

しかし(1)のメリットがないといっても、普通に投資するよりはiDeCo(イデコ)で投資した方が税制面でのメリットが大きいので、主婦の方でもiDeCo(イデコ)に入るメリットがないわけではありません。

また、改めて書くのが怖いんですが・・・。

まあ、人生いろいろありますからね。

自分の身は自分で守る。自分の人生はきちんと自分で設計する。

というのも重要です。

そういった場合の自身の資産形成としては、iDeCo(イデコ)を検討してみるのもいいかもしれません。

ちょっと私は震えながら書いていますが。

いずれにしても、一般的には、主婦の方の場合

旦那さんがiDeCo(イデコ)に加入していない場合には旦那さんからiDeCo(イデコ)に加入、資産に余裕があれば奥さんがiDeCo(イデコ)に加入という順番がいいんじゃないかなと「夫の立場としては」思います。

ブルブル。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

iDeCoの掛け金上限についてまとめています。第3号被保険者である主婦の方は上限2.3万円ですね。

iDeCo(イデコ)の掛け金上限は?年収によって節税額が変わる?iDeCo(イデコ)は職業によって掛け金の上限が違うのを知っていましたか?また、iDeCoのメリットの一つに「節税」がありますが、年収によっても節税額が変わってきます。このあたりをシミュレーションしてみました。...

厳選3証券会社の中からiDeCo(イデコ)の資料請求をする

いくつかの証券会社から資料請求をして、比較検討してみてはいかがでしょうか?

マネックス証券でiDeCo(イデコ)の資料請求をする

マネックス証券は信託報酬が低い投資信託がそろっておりおすすめの証券会社の一つです。私はSBI証券ですが、マネックスも甲乙つけがたいです。

加入手続きの流れから、「iDeCoの申込書請求」で資料請求ができます。

→■マネックス証券でiDeCoを開設する場合はこちらから

SBI証券でiDeCo(イデコ)の資料請求をする

私はSBI証券でiDeCo(イデコ)の口座を開設しました。

ページ中央に「資料請求はこちら」の赤いボタンがあります。

→■SBI証券でiDeCoの資料請求をする場合はこちらから

楽天証券でiDeCo(イデコ)の資料請求をする

楽天証券はiDeCo(イデコ)専用の質問チャットを設けるなど、サポートも充実しています。

リンク先の「申込書請求をする(無料)」で資料請求ができます。

→■楽天証券でiDeCoの資料請求をする

iDeCo(イデコ)おすすめの証券会社に関する記事

iDeCo(イデコ)金融機関の選び方
iDeCo(イデコ)を始めよう!金融機関の選び方【おすすめは?】iDeCo(イデコ)を始めようと思ったらまず壁にぶつかるのが金融機関選びです。iDeCoを取り扱っている金融機関は約160もあり、このなかからどうやって選べばいいのか苦労してしまいます。今回は金融機関を選ぶポイントを解説していきます。...
iDeCo(イデコ)おすすめ金融機関
iDeCo(イデコ)おすすめの金融機関比較|デメリットから検証するiDeCo(イデコ)おすすめの金融機関で検索すると、だいたいSBI証券だと思います。でもSBI証券のデメリットってないんでしょうか?実際SBI証券でiDeCo(イデコ)を解説した私がデメリットを含めた検証をします。結論としてはマネックス証券の方がよかったのでは?というところです。...
ABOUT ME
うちたけ
うちたけ
新卒時、社員5名のベンチャーに入社。その後、誘われて社員3名のベンチャーに入社。 新卒の頃、出社したら「明日で会社終わるから」と言われた経験が、私の社会人としての耐久性をアップさせてくれました。 人生100年時代と言われる今、どう備えるか、どう楽しく生きるかを模索中。仕事や子育てをしながら、日々気づいたこと、感じたことなどを綴っていきます。