iDeCo(イデコ)

iDeCo(イデコ)の掛け金の平均は1.6万円?【職業別に見る】

iDeCo(イデコ)の掛け金平均は?

こんにちは。FP2級、30代サラリーマンのうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

iDeCo(イデコ)を始めようと思っても、実際どのくらいの掛け金にしようか迷うところですよね。

掛け金上限までに設定して、節税メリットを最大限受けようか、それとも様子を見て少ない額から始めようか・・・。

私も結構迷いました。結局えいや!と思って掛け金上限(2.3万円)で設定をしたのですが、やはり家計の月々のやりくりの中で、少し厳しいな・・と思う月もたまにあったり・・。

実際みんなはどれくらいの掛け金にしているの?

ということが気になる方も多いかと思います。

iDeCo(イデコ)の公式ページのデータによれば、イデコ加入者の掛け金の平均は16,036円/月でした。

ただし、iDeCo(イデコ)は職業によって掛け金の上限が決まっています。

自営業者の掛け金上限はは6.8万円/月、サラリーマンや公務員は1.2万円~2.3万円、主婦(夫)は2.3万円と、職業によって掛け金はまちまちです。

その全体の平均掛け金が約1.6万円ということです。

掛け金の上限額が違うんだから、全体平均なんて意味ないよ・・。

と思う方もいるかと思います。

安心してください。この記事では職業別に、iDeCo(イデコ)の掛け金平均を見ていきたいと思います。

●おすすめ証券会社でiDeCo(イデコ)の資料請求をする【厳選3証券会社】

SBI証券|口座開設数No.1。私も口座開設をしています。
→■SBI証券でiDeCoの資料請求をする場合はこちらから

マネックス証券|信託報酬が低い投資信託がそろっています
→■マネックス証券でiDeCoを開設する場合はこちらから

楽天証券|無料セミナーなどサポートも充実
→■楽天証券でiDeCoを開設する場合はこちらから

職業別iDeCo(イデコ)の加入割合

iDeCo(イデコ)の加入者数は約100万人

2018年9月時点で、iDeCo(イデコ)への加入者は約103万人です。

100万人を超えた!と少し話題になっていたのでご記憶にある方も多いかもしれません。

100万人を超えたといっても、iDeCo(イデコ)に加入できる潜在層は6,000万人以上といわれていますから、お世辞にもiDeCo(イデコ)が浸透しているとは言えないかもしれません。

しかし、将来に備えた投資として、iDeCo(イデコ)ほど優遇された制度はないと思います。

iDeCo(イデコ)節税のメリットについては以下の記事にまとめています。

イデコは所得控除のインパクト大。還付額でありがたみを実感イデコを検討しているけどちょっと躊躇している方へ。iDeCo(イデコ)のメリットは3つあるといわれています。その1つが「掛金が全額所得控除」されることです。どのくらい税金が減るのかシミュレーションしてみます。結構びっくりすると思いますよ。...

職業別にみると、サラリーマンのiDeCo(イデコ)加入者が大多数

103万人が加入しているiDeCo(イデコ)ですが、その職業別にみると、

第1号被保険者(自営業者)・・・約13.6万人
第2号被保険者(サラリーマン、公務員など)・・・約87.2万人
第3号被保険者(主婦、主夫)・・・約3万人

となっており、やはり私たちサラリーマンの層が圧倒的に多いです。以下はその割合を示したグラフですが

職業別iDeCo加入割合職業別iDeCo加入割合

第2号被保険者(サラリーマン、公務員など)は全体の84%とかなりの割合を占めています。

職業別にみるiDeCo(イデコ)の掛け金平均

冒頭にも触れましたが、iDeCo(イデコ)は職業によって、掛け金の上限額が定められています。第2号被保険者はその中でさらに区分けがされており、以下の図のようになっています。

職業によって掛け金上限が変わります職業によって掛け金上限が変わります

拠出額の上限については、以下の記事でまとめています。

iDeCo(イデコ)の拠出額上限は?年収によって節税額が変わる?iDeCo(イデコ)は職業によって拠出額(掛け金)の上限が違うのを知っていましたか?また、iDeCoのメリットの一つに「節税」がありますが、年収によっても節税額が変わってきます。このあたりをシミュレーションしてみました。...

iDeCo(イデコ)、職業別の掛け金の平均額は?

さて、本題の職業別の掛け金平均について見ていきましょう。

掛け金の平均額は以下の図のようになっています。

職業別掛け金の平均値職業別掛け金の平均値

やはり掛け金を多く掛けられる第1号被保険者の平均値は2.7万円と突出しています。

第2号被保険者の全体の平均は1.4万円となっており、その中で私のように、企業年金がない企業に勤めているサラリーマンの場合には掛け金平均が1.6万円となっています。

掛け金を1.6万円とした場合の節税額は?

掛け金を1.6万円とした場合の節税額について簡単にシミュレーションしてみます。

こちらでご紹介した通り、年収額によって節税額が変わってきます。

iDeCo(イデコ)の拠出額上限は?年収によって節税額が変わる?iDeCo(イデコ)は職業によって拠出額(掛け金)の上限が違うのを知っていましたか?また、iDeCoのメリットの一つに「節税」がありますが、年収によっても節税額が変わってきます。このあたりをシミュレーションしてみました。...

20代、30代、40代の平均年収がそれぞれ、346万円、455万円、541万円とされています*ので、この値をベースに節税額のシミュレーションすると・・・・(*平均年収ランキング2017(年齢別の平均年収)より)

■掛け金を1.6万円/月とした場合の節税額シミュレーション
20代・・・約2.9万円/年
30代・・・約3.5万円/年
40代・・・約3.8万円/年

となり、年間で3~4万円の節税額になります。結構大きいですよね

第3号被保険者(主婦)の掛け金も意外に多い

第3号被保険者である主婦(夫)の掛け金は1.5万円程度と、企業年金がない第2号被保険者の掛け金とほぼ変わらない額でした。

そもそもこの「主婦層」は加入者割合自体が少ないのですが、逆に加入しようという比較的意識が高い層は将来に備えて多めに掛け金を設定しているのかもしれません。

iDeCo(イデコ)への新規加入者数

iDeCo(イデコ)はまだまだ浸透しているとは言い切れないのですが、加入者数は月々増えています。

以下のグラフは、2018年8月~2019年7月の加入者数の推移をグラフにしたものです。

iDeCo新規加入者数の推移iDeCo新規加入者数の推移

平均すると3.1万人程度がひと月に加入していることになります。

iDeCo(イデコ)はかなり税制面で優遇されていますので、認知が広がり、その必要性が理解されるようになれば今後ますます数は増えていくかもしれませんね。

結局、iDeCo(イデコ)の掛け金はいくらにする?

掛金は逆算で考えよう掛け金は逆算で考えよう

こればかりはご自身の月々の支出の中から無理のない範囲で掛け金を拠出していくのがいいですよ、としか言えません。

iDeCo(イデコ)の掛け金を捻出するために、色々な無理をして・・・というのは大変ですし、続きません。

掛け金は「逆算」で考えよう

掛け金を設定する上で考え方の一つとなるのが「逆算で考える」ということです。

・将来までにいくら資産を作っておく必要があるのか
・そのためには月々無理のない範囲でどの程度の掛け金が捻出できるのか

という順番ですね。

iDeCo(イデコ)はメリットもたくさんあります。

しかし、決めなければならないことが多く大変ですよね。

でもここまで来たらあともう少しです。

以下は、iDeCo(イデコ)に加入するにあたってとても迷う、金融機関選びについてご説明しています。

iDeCo(イデコ)金融機関の選び方
イデコの金融機関はどこがいい?私がSBI証券を選んだ理由iDeCo(イデコ)を始めようと思ったらまず壁にぶつかるのが金融機関選びです。iDeCoを取り扱っている金融機関は約160もあり、このなかからどうやって選べばいいのか苦労してしまいます。今回は金融機関を選ぶポイントを解説していきます。...

また、おすすめの金融機関については以下の記事でまとめています。

iDeCo(イデコ)おすすめ金融機関
イデコ(iDeCo)おすすめの金融機関・商品比較。デメリットから検証する「イデコ おすすめ 金融機関」で検索すると、おすすめ第1位はだいたいSBI証券だと思います。でもSBI証券のデメリットってないんでしょうか?実際SBI証券でiDeCo(イデコ)を開設した私がデメリットを含めた検証をします。結論としてはマネックス証券の方がよかったのでは?というところです。...

こちらは、金融機関選びと並んで迷う銘柄選びについて、ポイントをまとめています。

まず銘柄を選ぶのではなく、全体の方針を決めることが重要です。方針の決め方→銘柄の決め方のステップについて解説しています。

銘柄選びmain
iDeCo(イデコ)の銘柄の選び方【まず運用の目標額を決めよう】iDeCo(イデコ)を始めようと思っても、何に投資していいか迷いますよね。やみくもに選ぶよりは、ある程度方針を決めたうえで投資する銘柄を選びましょう。銘柄の選び方について、ステップごとに解説していきます。...

おすすめ3証券会社の中からiDeCo(イデコ)の資料請求をする

おすすめ1位「マネックス証券」
マネックス証券 iDeCo

マネックス証券はeMAXIS Slimシリーズを含む手数料の低い投資信託を多数ラインナップしています。

また、見落としがちなiDeCoの運用資金を受け取る時の選択肢も多く、おすすめNo.1の証券会社です。

おすすめ度  おすすめNo.1
手数料  金融機関独自の手数料が0円
信託報酬  信託報酬の低い投資信託を多数ラインナップ
受取時の選択肢  一時金、年金、併用方式の3つ

マネックス証券公式ページ

イデコならマネックス証券の理由
イデコの口座開設をするならマネックス証券がイチオシの理由。商品はどう選ぶ?イデコの口座開設をしようと思っているけど、どこの証券会社にしようか迷っている方へ。おすすめの証券会社はマネックス証券です。理由は5つ。口座開設までの流れを含めて解説します。...
おすすめ2位「SBI証券」
【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

SBI証券はネット証券最大手で安定感があります。

証券会社選びのポイントである手数料や信託報酬など高いレベルの水準となっており、おすすめ証券会社の1つです。

オリジナルプラン、セレクトプランの2種類ありますが、セレクトプランは信託報酬の低い投資信託がそろっており、おすすめです。

おすすめ度  おすすめNo.2
手数料  金融機関独自の手数料が0円
信託報酬  セレクトプランは信託報酬の低い銘柄多数
受取時の選択肢  一時金、年金方式の2つ

SBI証券公式ページ

おすすめ3位「楽天証券」
楽天証券 401K用プログラム
楽天証券も近年人気のある証券会社の1つです。

投資家にも人気の高い楽天バンガードシリーズの投資信託を取り扱っています。

iDeCo(イデコ)専用の質問チャットを設けるなど、サポートも充実しています。

おすすめ度  おすすめNo.3
手数料  金融機関独自の手数料が0円
信託報酬  楽天・バンガードなど人気の投資信託あり
受取時の選択肢  一時金、年金、併用方式の3つ

楽天証券公式ページ