iDeCo(イデコ)

iDeCo(イデコ)のデメリット・注意すべきこと【意外な落し穴】

iDeCo(イデコ)デメリット

こんにちは。ファイナンシャル・プランナー3級技能士、30代サラリーマンのうちたけです。iDeCo(イデコ)ってメリットしかないよね。節税効果は大きいし、運用益にも課税されないなんて最高!

と私も思っていました。でも冷静に考えて、デメリットってないんでしょうか?

「iDeCo(イデコ) デメリット」で検索するといくつか出てきますね。

この記事をご覧いただいている方もそうやって入ってきてくださった方も多いかもしれません。やはりメリットだけ強調されているものには裏がある。ということでしょうか?

すばらしいです。私はiDeCo(イデコ)のメリットだけを見て、これは入るしかない!と思ってなんの疑いもなく加入してしまったクチです。

だいたい、iDeCo(イデコ)のデメリットとしては以下のようなことが言われています。

(1)原則60歳まで資金を引き出せない
(2)運用を自分でしなければならない。元本保証ではない。
(3)手数料がかかる
(4)よくよく考えると実は税金メリットが少ない

まあ、私もそう思います。

ただ、ものの見方というのはいくつかの側面があって、デメリットと思われるものが角度を変えてみるとそうでもなかったり、逆もしかり、ということもありますよね。

完全に個人的な見解をザックリお伝えしますと、

(1)原則60歳まで資金を引き出せない
→まあしょうがない。そういうものだし。
(2)運用を自分でしなければならない。元本保証ではない。
→まあしょうがない。そういうものだし。
(3)手数料がかかる
→まあしょうがない。ただちょっと考える必要はある。
(4)よくよく考えると実は税金メリットが少ない
重要。すごく重要。とっても分かりにくいけど。

という感じです。ザックリすぎますね(笑)

なので、以下に説明していきたいと思います。

●おすすめ証券会社でiDeCo(イデコ)の資料請求をする【厳選3証券会社】

SBI証券|口座開設数No.1。私も口座開設をしています。
→■SBI証券でiDeCoの資料請求をする場合はこちらから

マネックス証券|信託報酬が低い投資信託がそろっています
→■マネックス証券でiDeCoを開設する場合はこちらから

楽天証券|無料セミナーなどサポートも充実
→■楽天証券でiDeCoを開設する場合はこちらから

※もし迷ったら複数の証券会社から資料請求をして比較検討してみてはいかがでしょうか?

iDeCo(イデコ)のデメリット(1)原則60歳まで資金を引き出せない

60歳まで資金を引き出せなのはメリットなのかデメリットなのか?60歳まで資金を引き出せなのはメリットなのかデメリットなのか?

iDeCo(イデコ)はいわゆる公的年金と言われる「老齢基礎年金」や「老齢厚生年金」を補完するための制度としてできた背景があります。年金って老後のためのお金ですよね?

なので、60歳まで引き出せない、というのはまあそういう性質のものだし。という感じもします。そういう目的のお金なんですよね。

逆に原則として60歳まで引き出せないという拘束力があるので、一度やると決めたら老後に向けてコツコツと貯めていくしかない、ということです。

「宵越しの金は持たねえ」というような江戸っ子気質の方には「老後に向けて強制的に資金を貯めていくことができる」という意味では逆にメリットになるかもしれません

そもそもなんで公的年金だけじゃだめなの?という方は今の世の中ほとんどいないとは思うのですが、一応補足しておくと、公的年金の支給額だけでは老後生活するのに苦労するんですよね。

夫婦の場合、公的年金だけだと、だいたい5~10万円くらい生活費が足りないといわれています。

詳しくは以下の記事に書きましたので興味がある方はご覧ください。

人生100年時代の年金
「人生100年時代」とは?その意味。年金だけでは生きていけない!?人生100年時代というフレーズは最近よく聞きます。長生きできてうれしい反面、どうやって生活していこうか?という不安をお持ちの方もいるかもしれません。実際、年金生活で生きていけるのでしょうか?...

iDeCo(イデコ)のデメリット(2)運用を自分でしなければならない。元本保証ではない

まあ投資ですからね。そういうものなんですよね。元本保証じゃないとか怖い!という方もいると思うんですが、そういう場合はコツコツと銀行などで預金をしていくのがいいのかなとは思います。

これはちょっと好みというか、性格にもよってくるので絶対に投資した方がいいですよ。とも言えないんですよね。

ただ今の銀行の金利、低すぎますよね。

試しに銀行に預金をした場合と、投資で運用がうまくいった場合でシミュレーションしてみます。

毎月1万円、30年間預金した場合と投資した場合を考えます。銀行金利は限りなく0に近いので、0としておきます。

【毎月1万円を30年間拠出した場合】

預金→1万円×12か月×30年=360万円
投資(1%で運用できた場合)→元本360万円+運用収益59.6万円=419.6万円
投資(2%で運用できた場合)→元本360万円+運用収益132.7万円=492.7万円
投資(3%で運用できた場合)→元本360万円+運用収益222.7万円=582.7万円

おおっ!てなりますよね。ただ、投資は元本保証ではありません。うまくいった場合ですね。

金融庁のシミュレーションツールの計算結果。月々1万円を30年間、3%の利回りで運用できた場合のグラフ金融庁のシミュレーションツールの計算結果。月々1万円を30年間、3%の利回りで運用できた場合のグラフ

ただ、投資にもなるべくうまくいくようなセオリーというものがあって(怪しい話ではないですよ)長期的に、コツコツと、分散して投資をすると、ある程度のリターンが見込めると言われています。

これも詳しくは以下の記事に書きましたので興味がある方はご覧ください。

【分散投資】卵を一つのカゴに盛るなとは?【投資格言】分散投資の重要性を説明するときに必ずといっていいほど引用される「卵を一つのカゴに盛るな」という投資格言。卵を一つのカゴに盛ると、落とした時全部割れてしまいます。それを投資に置き換えると・・?...

iDeCo(イデコ)のデメリット(3)手数料がかかる

手数用はよく考えないといけません。手数用はよく考えないといけません。

iDeCo(イデコ)は口座を開設するとき、そして運用するときにも手数料が掛かってきます。

金融機関によっても異なりますが、口座開設の時は最低でも2,777円、運用手数料は最低一カ月167円です。

なので、1年目は結構手数料がかかることになります。1年目の手数料は、

2,777円+167円×12か月=4,781円

となります。

iDeCo(イデコ)掛け金は、最低5,000円/月~となっていますので、仮に最低限の掛け金に設定したとすると、年間で6万円。手数料は掛けた金額に対して約8%にもなってしまいます。

まあ、これは初年度なのでしょうがない、と割り切っても、2年目以降も、毎年167円×12か月=2,004円は必ず最低でも手数料がかかります。月々5,000円の掛け金だとすると、掛け金に対する手数料の割合は3.3%です。

3.3%って結構大きいんですね。投資で比較的うまく運用しないと、利回りが平均して3.3%以上になるというのは意外になかなか難しい。下手したら、手数料だけで資産が目減りしていくことも考えられます。

これが掛け金を2.3万円にすると、0.7%になります。ちょっとこれでもう~ん。という感じもしますが、3.3%の手数料よりは全然いいとは思います。

なので掛け金が少なすぎると、手数料負担が意外に大きくなってしまう、というのは頭に入れておくべきだと思います

掛け金の上限は職業によって異なります。詳しくは以下記事をご覧ください。

iDeCo(イデコ)の掛け金上限は?年収によって節税額が変わる?iDeCo(イデコ)は職業によって掛け金の上限が違うのを知っていましたか?また、iDeCoのメリットの一つに「節税」がありますが、年収によっても節税額が変わってきます。このあたりをシミュレーションしてみました。...

また、職業別の掛け金の平均も以下にまとめています。iDeCo(イデコ)加入者の平均掛金は約1.6万円とのことです。

iDeCo(イデコ)の掛け金平均は?
iDeCo(イデコ)の掛け金の平均は1.6万円?【職業別に見る】iDeCo(イデコ)の掛け金をいくらにするか結構迷いますよね?加入者全体の掛け金平均は1.6万円です。では職業別にに見るとどうでしょうか?...

iDeCo(イデコ)のデメリット(4)よくよく考えると実は税金メリットが少ない

個人的には、これが一番の落とし穴というか、本当によく考えないといけないことだと思います。いわゆるiDeCo(イデコ)の出口戦略と言われているものです。

iDeCo(イデコ)のメリットとして、毎年所得税と住民税が節税できる、というものがあります。また、運用益も非課税なので、かなり税制面で優遇されていますよね。

これは間違いなく、メリットです。

そして、もう1つのメリットとしてiDeCo(イデコ)で運用した資産を受け取る時の税制メリットが大きいというのが挙げられています。

これ一番ピンとこないメリットだと思います。

iDeCo(イデコ)を受け取るときに、なるべく税金がかからないように大きな控除が適用され、これがiDeCo(イデコ)の3番目のメリットと言われています。

確かにこれはメリットではあるのですが、iDeCo(イデコ)の受取額と退職金を合わせた金額が大きいと、控除がしきれずに税金が多くかかってしまう場合があるのです。

詳しくは、とても長~くこちらで検証したので以下の記事を是非ご覧いただきたいのですが、

iDeCo(イデコ)出口戦略
iDeCo(イデコ)受取時の大きな控除とは何か?出口戦略を考えるiDeCo(イデコ)のメリットで一番わかりにくい「受け取り時の大きな控除」とは?受け取るときにきちんと考えないと今まで節税してきた額より税金を取られてしまうかもしれません。出口戦略を考えましょう。...

ざっくり言うと企業からの退職金をもらう場合、iDeCo(イデコ)の受け取り方を気を付けないと、節税できた金額より受け取るときにかかる税金の方が大きくなってしまう可能性がありますよ、ということです。

なんだ、毎年節税できてたと思ったら、結局最後に税金で全部持っていかれちゃうんだ。ということになりかねません。

iDeCo(イデコ)は税金を納めるのを繰り延べているだけだ、とう批判がありますが、こういうことです。

なので、しっかりとiDeCo(イデコ)を受け取る時のイメージを持っておくことが大切なんですね。

なお、退職金が出ない、もしくは少ない場合は節税額>受取時の税金となる場合が多いです。※受取時の資産状況にもよります。

iDeCo(イデコ) デメリットまとめ

iDeCo(イデコ)のメリットとデメリットを両方考えましょうiDeCo(イデコ)のメリットとデメリットを両方考えて判断しましょう

メリットばかり強調される感のあるiDeCo(イデコ)ですが、その半面、きちんと考えておかないとデメリットになりかねないこともある、ということが分かります。

個人的には節税、運用益が非課税、というのはかなりのメリットだと思いますし、長期的に投資をするからこそ享受できるメリットも大きくなるものだと考えています。

ただ、やはりiDeCo(イデコ)の運用資金を受け取るタイミングというのはしっかりと見極めながら、一番損をしないような方法のパターンを頭のなかでシミュレーションしておくというのが重要かなと思います。

まだ先の話ですけどね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

厳選3証券会社の中からiDeCo(イデコ)の資料請求をする

いくつかの証券会社から資料請求をして、比較検討してみてはいかがでしょうか?

マネックス証券でiDeCo(イデコ)の資料請求をする

マネックス証券は信託報酬が低い投資信託がそろっておりおすすめの証券会社の一つです。私はSBI証券ですが、マネックスも甲乙つけがたいです。

加入手続きの流れから、「iDeCoの申込書請求」で資料請求ができます。

→■マネックス証券でiDeCoを開設する場合はこちらから

SBI証券でiDeCo(イデコ)の資料請求をする

私はSBI証券でiDeCo(イデコ)の口座を開設しました。

ページ中央に「資料請求はこちら」の赤いボタンがあります。

→■SBI証券でiDeCoの資料請求をする場合はこちらから

楽天証券でiDeCo(イデコ)の資料請求をする

楽天証券はiDeCo(イデコ)専用の質問チャットを設けるなど、サポートも充実しています。

リンク先の「申込書請求をする(無料)」で資料請求ができます。

→■楽天証券でiDeCoの資料請求をする

iDeCo(イデコ)おすすめの証券会社に関する記事

iDeCo(イデコ)金融機関の選び方
iDeCo(イデコ)を始めよう!金融機関の選び方【おすすめは?】iDeCo(イデコ)を始めようと思ったらまず壁にぶつかるのが金融機関選びです。iDeCoを取り扱っている金融機関は約160もあり、このなかからどうやって選べばいいのか苦労してしまいます。今回は金融機関を選ぶポイントを解説していきます。...
iDeCo(イデコ)おすすめ金融機関
iDeCo(イデコ)おすすめの金融機関比較|デメリットから検証するiDeCo(イデコ)おすすめの金融機関で検索すると、だいたいSBI証券だと思います。でもSBI証券のデメリットってないんでしょうか?実際SBI証券でiDeCo(イデコ)を解説した私がデメリットを含めた検証をします。結論としてはマネックス証券の方がよかったのでは?というところです。...
ABOUT ME
うちたけ
うちたけ
新卒時、社員5名のベンチャーに入社。その後、誘われて社員3名のベンチャーに入社。 新卒の頃、出社したら「明日で会社終わるから」と言われた経験が、私の社会人としての耐久性をアップさせてくれました。 人生100年時代と言われる今、どう備えるか、どう楽しく生きるかを模索中。仕事や子育てをしながら、日々気づいたこと、感じたことなどを綴っていきます。