iDeCo(イデコ)

【図解】iDeCo(イデコ)に加入している人が転職する時の手続き方法

iDeCo(イデコ)転職

こんにちは。FP2級、30代サラリーマンのうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

今の世の中、転職する人も多いですよね。

イデコに加入しながら転職する人もいるかもしれません。

転職先は決めたけど、そういえばiDeCo(イデコ)の手続きってどうすればいいんだっけ?と思ってこのサイトに来ていただいたのかもしれません。

転職するときのiDeCo(イデコ)の手続き、難しくはないんですけど、分かりにくいんですよね。とても複雑。

転職すると一言でいっても、次のようなパターンがあります。

会社員→会社員(DBあり、企業型DCあり、DB・企業型DCなし)
会社員→公務員
会社員→自営業
自営業→会社員(DBあり、企業型DCあり、DB・企業型DB・DCなし)
主婦→会社員(DBあり、企業型DCあり、DB・企業型DCなし)

このようにいろいろな場合分けがあります。

っていうか、DBとかDCって何?ってなるかもしれません。

DBというのは「確定給付企業年金」で、企業型DCというのは「確定拠出年金」の「企業版」です。ちなみにiDeCo(イデコ)は「確定拠出年金」の「個人版」です。

もうこの時点ですでに???となるかもしれないのですが、イデコに加入している方が転職する時の手続き方法について、なるべく図を使いながら解説していきたいと思います。

企業年金(DB、DC)の種類と特徴、iDeCo(イデコ)との比較

まず手続き関係について説明する前に、企業年金(DB、DC)とは何か?ということに簡単に触れたいと思います。

なぜなら転職先の企業に企業年金制度があるかないかでiDeCo(イデコ)の手続きが変わってくるからです。

確定給付企業年金(DB)とは?

従業員が受け取る「給付額」があらかじめ約束されている企業年金制度です。会社が運用の責任を負い、運用結果が悪ければ、企業が不足分を穴埋めします。DBとも呼ばれ、現在、最も普及している制度です。ろうきんの企業年金に係る役割発揮宣言より

企業年金連合会の「企業年金の現況」によれば、2018年11月現在、確定給付企業年金の加入者数は901万人とのことです。

確定拠出年金(DB)と異なり、企業が積立額を拠出し、運用し、給付するというものなので従業員にとってはかなり楽でお得な制度となっています。

確定拠出年金(企業型DC)とは?

会社が拠出する「掛金」が確定している企業年金制度です。加入者(従業員)が運用の責任を負い、運用結果によって給付額(年金資産)が変動します。

DCとも呼ばれ、確定給付企業年金(DB)に次いで普及し、かつ利用が拡大している制度です。なお、2012年1月からマッチング拠出制度が開始され、会社掛金に加えて、企業型DC加入者が自ら掛金を拠出することもできるようになり、企業年金に自助努力の側面も加わっています。ろうきんの企業年金に係る役割発揮宣言より

企業が掛金を拠出してくれるという点は確定給付企業年金(DB)と同じですが、運用を加入者の責任で行う、というのが大きく異なる点です。2018年11月現在、加入者数は685万人です。

iDeCo(イデコ)と同じで最終的に運用した資金に対する責任は自分自身にあるので、ちょっと大変だなあと思う人もいるかもしれません。しかしiDeCo(イデコ)をやってるひとであれば、まあそんなもんかな、という感じだと思います。むしろ企業が掛金を拠出してくれるなんてありがたいですよね。

iDeCo(イデコ)との比較

DB、企業型DC、個人型DC(iDeCoのことです)を比較すると以下の通りです。

確定給付企業年金
(DB)
確定拠出年金
(企業型DC)
確定拠出年金
(iDeCo)
拠出額 企業が拠出 企業が拠出 自分で拠出
運用 企業が運用責任 自分が運用責任 自分が運用責任
支給額 決まっている 運用成績次第 運用成績次第

それぞれの特徴がだいたい分かったところで、いよいよ転職した場合の対応について見ていきたいと思います。

イデコ加入者の転職時の手続きパターン(1)会社員→会社員(DBあり、企業型DCあり、DB・企業型DCなし)

ザックリとまとめると、以下のようになります。

DBあり→iDeCo(イデコ)の継続可能。ただし掛金の上限は12,000円
企業型DCあり→iDeCo(イデコ)への加入を認めていない場合がある。認めている場合の掛金上限は20,000円
DB、企業型DCなし→iDeCo(イデコ)の継続可能。掛金上限は23,000円

(図解)企業年金種別による対応パターン(図解)企業年金種別による対応パターン

確定拠出年金(企業型DC)の制度がある場合、iDeCo(イデコ)の加入を認めていない場合があるんですね。え~!って感じもしますが、まあ仕方ないですね。それぞれ見ていきます。

①確定給付企業年金(DB)を実施している会社へ転職する場合

加入者としてiDeCo(イデコ)を継続する事が可能です。ただし、加入者となる場合、掛金の上限は12,000円となります。継続して加入者となる場合、以下2点の登録情報の変更届が必要です。

・加入者登録事業所変更届
・転職先の事業主証明書

DBの規約がiDeCo(イデコ)の資産受け入れを可能とする内容となっていれば、確定給付企業年金(DB)への移換が可能です。iDeCo(イデコ)の資産受け入れが可能か否かについては、転職先企業の担当部署に確認が必要です。
また、資格喪失届を提出し、運用指図者になることも可能です。

②確定拠出年金(企業型DC)を実施している会社へ転職する場合

主に2パターンあります。

A.企業型DC規約でiDeCo(イデコ)への加入を認めている場合

引き続きiDeCo(イデコ)を継続することが可能です。掛金の上限は20,000円となります。

手続きとしては「加入者登録事業所変更届 」に、転職先が記入した「事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書 」を添付して、運営管理機関に提出する必要があります。

B.企業型DC規約でiDeCo(イデコ)への加入を認めていない場合

個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者の資格を喪失することになります。「加入者資格喪失届」を運営管理機関に提出する必要があります。主な手続きは以下の通りです。

・転職先企業が実施する企業型DCへ資産を移換する
・iDeCo(イデコ)の加入資格を喪失する手続きをとる
・転職先企業に移換手続きを申し出る

③確定給付企業年金(DB)も確定拠出年金(企業型DC)もない場合

引き続きiDeCo(イデコ)を継続することが可能です。掛金の上限は23,000円となります。DCと同様、継続して加入者となる場合、以下2点の登録情報の変更届が必要です。

・加入者登録事業所変更届
・転職先の事業主証明書

※資格喪失届を提出し、運用指図者になることも可能です。

イデコ加入者の転職時の手続きパターン(2)会社員→公務員(または自営業・主婦(夫)→公務員)

転職って色々あるよね転職って色々あるよね

あんまり多くないパターンかもしれませんが。

加入者としてiDeCo(イデコ)を継続する事が可能です。掛金の上限は12,000円です。

会社員→公務員の場合は「加入者登録事業所変更届」及び「転職先の事業主証明書 」の変更届が必要です。

自営業・主婦(夫)→公務員の場合は「種別変更届」及び「転職先の事業主証明書 」の変更届が必要です。

イデコ加入者の転職時の手続きパターン(3)会社員→自営業

転職というより、退職して独立、という言い方の方が正しいかもしれませんね。

加入者としてiDeCo(イデコ)を継続(新規加入含む)する事が可能です。

この場合には第1号被保険者となりますので、掛金の上限が68,000円となります。(ただし国民年金基金、国民年金の付加保険料と合算)

「種別変更届」の提出が必要になります。

※資格喪失届を提出し、運用指図者になることも可能 です。

退職時の手続きはこちらでまとめています。気を付けなければならないこともあるのでもしよろしければお目通しください

iDeCo(イデコ)退職
iDeCo(イデコ)退職時の手続き【忘れると大変なことに】フリーランスへの転身など、企業を退職するケースも増えてきていると思います。しかし、iDeCo(イデコ)の手続きをしっかり行わないと、だいぶもったいないことが起こります。手数料がどんどん引かれていってしまいますよ。...

イデコ加入者の転職時の手続きパターン(4)(5)自営業または主婦(夫)→会社員(DBあり、企業型DCあり、DB・企業型DCなし)

手続きは場合分けはパターン①とほとんど変わりません。

ただし、職業の種別が第1号被保険者または第3号被保険者から第二号被保険者にかわりますので、「加入者登録事業所変更届」に代わり「種別変更届」の提出が必要になります。

iDeCo(イデコ)加入者の転職時に必要な手続きまとめ

転職はiDeCo(イデコ)のことも頭の片隅において転職はiDeCo(イデコ)のことも頭の片隅において

やはり会社員に転職するときが一番複雑です。転職する際には、転職先の企業年金制度なども少し気にしてみるのもいいかもしれません。

一応、iDeCo(イデコ)公式サイトにも手続き方法や規約・届書様式が載っていますのでご参考になさってください。

私はこれを読み解くのにだいぶ苦労しましたが・・・。公式なので、正式なものです。

iDeCo(イデコ)公式|転職・退職された方へ
https://www.ideco-koushiki.jp/retirement/
規約・届書様式
https://www.ideco-koushiki.jp/library/style/

おすすめ3証券会社の中からiDeCo(イデコ)の資料請求をする

おすすめ1位「マネックス証券」
マネックス証券 iDeCo

マネックス証券はeMAXIS Slimシリーズを含む手数料の低い投資信託を多数ラインナップしています。

また、見落としがちなiDeCoの運用資金を受け取る時の選択肢も多く、おすすめNo.1の証券会社です。

おすすめ度  おすすめNo.1
手数料  金融機関独自の手数料が0円
信託報酬  信託報酬の低い投資信託を多数ラインナップ
受取時の選択肢  一時金、年金、併用方式の3つ

マネックス証券公式ページ

イデコならマネックス証券の理由
イデコの口座開設をするならマネックス証券がイチオシの理由。商品はどう選ぶ?イデコの口座開設をしようと思っているけど、どこの証券会社にしようか迷っている方へ。おすすめの証券会社はマネックス証券です。理由は5つ。口座開設までの流れを含めて解説します。...
おすすめ2位「SBI証券」
【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

SBI証券はネット証券最大手で安定感があります。

証券会社選びのポイントである手数料や信託報酬など高いレベルの水準となっており、おすすめ証券会社の1つです。

オリジナルプラン、セレクトプランの2種類ありますが、セレクトプランは信託報酬の低い投資信託がそろっており、おすすめです。

おすすめ度  おすすめNo.2
手数料  金融機関独自の手数料が0円
信託報酬  セレクトプランは信託報酬の低い銘柄多数
受取時の選択肢  一時金、年金方式の2つ

SBI証券公式ページ

おすすめ3位「楽天証券」
楽天証券 401K用プログラム
楽天証券も近年人気のある証券会社の1つです。

投資家にも人気の高い楽天バンガードシリーズの投資信託を取り扱っています。

iDeCo(イデコ)専用の質問チャットを設けるなど、サポートも充実しています。

おすすめ度  おすすめNo.3
手数料  金融機関独自の手数料が0円
信託報酬  楽天・バンガードなど人気の投資信託あり
受取時の選択肢  一時金、年金、併用方式の3つ

楽天証券公式ページ