iDeCo(イデコ)

30代でiDeCo(イデコ)のポートフォリオを組むなら?証券会社比較

30代ポートフォリオ

こんにちは。FP2級、イデコ歴2年目、30代サラリーマンのうちたけです。

iDeCo(イデコ)のポートフォリオの組み方、迷いますよね。
一体どうやって選べばいいのか。銘柄がたくさんあって選べない。そんな方も多いかもしれません。

そもそも金融機関選びもしなきゃならないし、銘柄選びをしてる頃にはかなり面倒くさくなっているはずです。私もそうでした。それでも選ばなければなりません。自分と家族の将来のために!

この記事に来ていただいた方は、なんかポートフォリオの組み方の目安みたいなものがないのかな~。と思って来ていただんじゃないかなと思います。

一般論として、ポートフォリオの組み方で参考になるのが

100ー自分の年齢=株式比率

という式があります。つまり、現在30歳なのであれば、100-30=70%程度の「株式」割合をポートフォリオの中に組み込み、残りの30%を「債券」に割り振るということです。

なぜ?と思われるかもしれません。

なぜと言われると私も一般的にそう言われているから。としか言えないのですが、考え方としては「なんとなくこんな感じなんだろうな~」と思ってます。

まず、株式はハイリスクハイリターン型、債券はローリスクローリターン型と言われています。なんとなくイメージわきますよね?

で、株式だけでポートフォリオを固めるのはリスクが高すぎる。怖い。逆に債券だけだとリターンが低すぎる、うまみがない。という具合になります。

なので株式と債券のバランスを取りながらミドルリスクミドルリターンくらいのものを狙っていく、というのがセオリーになります。

そしてなぜ「100-自分の年齢=株式比率」のように「年齢」が式の中に入ってくるのかというと、年齢によってとれるリスク許容度が異なってくるからです。

例えば、80歳の人がリスクをとって自分の資産を運用しようとするでしょうか?失礼な言い方をすれば、残りの人生がわずかなのにリスクを冒してまで自分の資産を増やす必要性がないということです。上の式でいえば、80%くらいを債券割合にして堅実に運用しながら、資産を切り崩していくような形になるでしょう。

逆に、20歳の人は人生これから長いです。ローリスクローリターンで堅実に資産を増やすのも一つの考え方ですが、ある程度リスクを取りながら資産を増やしていくことで得られるリターンも大きいはずです。仮にうまくいかなかったとしても、残りの人生でやり直せるチャンスもあるわけです。

なんとなくイメージできましたでしょうか?

株式と債券のバランスを年齢によってとりながら、同じミドルリスクミドルリターン型でも、ハイリスクハイリターン寄りのポートフォリオ、ローリスクローリターン寄りのポートフォリオというように年齢に応じてバランスを調整していきましょう。ということです。

この記事では「30代のポートフォリオ」を想定していますので、株式70%、債券30%くらいでポートフォリオを組むときに、どんな銘柄選びになるのか?という思考実験に近い形で人気の主要ネット証券3社(SBI証券楽天証券マネックス証券)ごとの銘柄をピックアップしてみたいと思います。

思考実験なので以下に紹介するポートフォリオを組むことを推奨しているわけではありませんし、実際、私もこのようなポートフォリオを組んでいるわけではありません。
あくまで目安としてお考えいただければ幸いです。

●おすすめ証券会社でiDeCo(イデコ)の資料請求をする【厳選3証券会社】

SBI証券|口座開設数No.1。私も口座開設をしています。
→■SBI証券でiDeCoの資料請求をする場合はこちらから

マネックス証券|信託報酬が低い投資信託がそろっています
→■マネックス証券でiDeCoを開設する場合はこちらから

楽天証券|無料セミナーなどサポートも充実
→■楽天証券でiDeCoを開設する場合はこちらから

イデコのポートフォリオの中身をどうするか?

まずポートフォリオの中身を検討します。

え?株式70%、債券30%でいいって言ったじゃん。と思われましたか?

はい、その通りなのですが、株式は株式でも国内株式なのか、海外株式なのか、海外株式でも先進国株式なのか新興国株式なのかなど考えなければならないことがまだあります。

めんどい。

そうですね。その通りです。面倒です。ただ、ちょうど以下の記事を書いているときに気が付いたのですが、

銘柄選びmain
iDeCo(イデコ)の銘柄の選び方【まず運用の目標額を決めよう】iDeCo(イデコ)を始めようと思っても、何に投資していいか迷いますよね。やみくもに選ぶよりは、ある程度方針を決めたうえで投資する銘柄を選びましょう。銘柄の選び方について、ステップごとに解説していきます。...

モーニングスターというサイトで目標利回りをもとにポートフォリオを提示してくれるのですが、目標利回りが5~8%のときに、株式70%、債券30%の割合のポートフォリオが提示されます。

モーニングスターのポートフォリオ提示画面モーニングスターのポートフォリオ提示画面

円グラフが右上に提示されていますが、その中身は

【国内株式】10%
【先進国株式】40%
【新興国株式】20%
———————–株式割合 合計70%
【先進国債券】20%
【新興国債券】10%
———————–債券割合 合計30%

となっており、ちょうど株式:債券=7:3になっています。
なのでこれを参考にポートフォリオの思考実験をしていきたいと思います。

イデコのポートフォリオ「銘柄の選び方」

ネット証券で人気の3社である、SBI証券楽天証券マネックス証券をピックアップします。
SBI証券は2018年11月からオリジナルプランとセレクトプランの2つに分かれたので、2つのプランとも検討したいと思います。

証券会社ごとにiDeCo(イデコ)で選べる銘柄は異なります。また「国内株式」や「新興国債券」などの各区分ごとにいくつかの投資信託の種類があるので、今回は「信託報酬」の一番低い銘柄をピックアップしたいと思います。

一概に信託報酬が安いから絶対に選ぶべき、というわけではないのですが、信託報酬の低さは重要な選択基準のひとつです。

運用方針は該当のWEBサイトから引用しています。同じ銘柄でも各証券会社ごとに多少説明が違うのはご了承ください。

SBI証券(オリジナルプラン)

信託報酬は低めに抑えられているものの、セレクトプランに比べると多少高め。

銘柄選択ページ

【国内株式】10%

三井住友-三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
信託報酬 
0.1728%
運用方針
主として東京証券取引所第1部に上場している株式に投資を行い、TOPIX(東証株価指数、配当込み)と連動する投資成果を目指して運用

【先進国株式】40%

ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス
信託報酬 
0.20412%
運用方針
日本を除く主要先進国の株式に投資することにより、MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指すインデックスファンド

【新興国株式】20%

SBI-EXE-i新興国株式ファンド
信託報酬
0.3794%程度
運用方針
ETF(上場投資信託)への投資を通じて、新興国の株式へ投資。新興国の株式市場の値動きと同等の投資成果を目指す。

【先進国債券】20%

野村-野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け)
信託報酬
0.2268%

運用方針
ベンチマークであるシティ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)の中長期的な動きを概ね捉える投資成果を目指すファンド

【新興国債券】10%

三菱UFJ国際-三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド
■信託報酬 
0.5616%

■運用方針
新興国の債券市場の値動きに連動する投資成果を目指します。新興国債券に投資するスタンダードなファンド

SBI証券でiDeCo(イデコ)の口座開設をする場合

SBI証券(セレクトプラン)

信託報酬の低さは圧倒的。5つの区分のうち、全ての区分で信託報酬の低さが1位。

銘柄選択ページ

【国内株式】10%

ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド
■信託報酬 
0.1512% 以内 ※【国内株式】3社内で信託報酬1位

■運用方針
日経平均株価(日経225)(配当込み)の動きに連動する投資成果をめざす。購入時および換金時の手数料は無料

【先進国株式】40%

ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
■信託報酬
0.107892%以内 ※【先進国株式】3社内で信託報酬同率1位

■運用方針
日本を除く主要先進国の株式に投資することにより、MSCI コクサイ インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざす。購入時および換金時の手数料は無料

信託報酬同率1位

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
信託報酬 
0.107892%以内 ※【先進国株式】3社内で信託報酬同率1位

運用方針
MSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)(円換算ベース)と連動する投資成果をめざして運用。原則として、為替ヘッジは行わない

【新興国株式】20%

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
■信託報酬
0.20412%以内 ※【新興国株式】3社内で信託報酬同率1位

■運用方針
新興国の株式を投資対象とし、MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)と連動する投資成果をめざして運用するファンド。原則として、為替ヘッジは行わない。

【先進国債券】20%

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
■信託報酬 
0.1512%以内 ※【先進国債券】3社内で信託報酬同率1位

■運用方針
先進国の債券を投資対象とし、FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)と連動する投資成果をめざして運用を行う。

【新興国債券】10%

大和-iFree 新興国債券インデックス
■信託報酬
0.2376% ※【新興国債券】3社内で信託報酬同率1位

■運用方針
新興国通貨建ての債券に投資し、投資成果をJPモルガン ガバメント・ボンド・インデックス-エマージング・マーケッツ グローバル ダイバーシファイド(円換算)の動きに連動することを目指す。

SBI証券でiDeCo(イデコ)の口座開設をする場合

楽天証券

決して信託報酬が高いというわけではないが、他に比べると多少見劣りするか。先進国債券のみ3社同率で1位の低さ。

銘柄選択ページ

【国内株式】10%

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
■信託報酬 
0.1728%

■運用方針
TOPIX(東証株価指数、配当込み)と連動する投資成果を目指して運用う。

【先進国株式】40%

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
■信託報酬
0.1696%

■運用方針
「楽天・全米株式インデックス・マザーファンド」を通じ、主として「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」に投資。

先進国というよりはアメリカ株式への投資ですね。有名な「VTI」というやつです。

【新興国株式】20%

インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
■信託報酬
0.5940%

■運用方針
主として、「海外新興国株式インデックス MSCI エマージング(ヘッジなし)マザーファンド」を通じて、新興国の株式に投資を行う。

【先進国債券】20%

たわらノーロード先進国債券
■信託報酬 
0.1836%
■運用方針
「外国債券パッシブ・ファンド・マザーファンド」を通じて、主として海外の公社債に実質的に投資し、FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ベース、為替ヘッジなし)に連動する投資成果をめざす。

【新興国債券】10%

インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券(1年決算型)
■信託報酬 
0.5616%

■運用方針
主として、「海外新興国債券インデックスLocal(ヘッジなし)マザーファンド」を通じて、新興国の現地通貨建債券に投資を行う。

楽天証券でiDeCo(イデコ)の口座開設をする場合

楽天証券で口座開設をする
>>楽天証券で口座開設する場合はこちら

マネックス証券

SBI証券のセレクトプランとほとんど遜色のない商品ラインナップです

銘柄選択ページ

【国内株式】10%

DIAM DC 国内株式インデックスファンド
■信託報酬
0.162%

■運用方針
「東証株価指数(TOPIX)(配当込み)」に連動する投資成果をめざして運用を行う。

【先進国株式】40%

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
■信託報酬
0.107892% ※【先進国株式】3社内で信託報酬同率1位

■運用方針
MSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)(円換算ベース)と連動する投資成果をめざして運用を行う。

【新興国株式】20%

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
■信託報酬 
0.20412% ※【新興国株式】3社内で信託報酬同率1位

■運用方針
MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)と連動する投資成果をめざして運用を行う。

【先進国債券】20%

eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
■信託報酬
0.1512% ※【先進国債券】3社内で信託報酬同率1位

■運用方針
FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)と連動する投資成果をめざして運用を行う。

【新興国債券】10%

iFree 新興国債券インデックス
■信託報酬 
0.2376% ※【新興国債券】3社内で信託報酬同率1位

■運用方針
新興国通貨建ての債券に投資し、投資成果をJPモルガン ガバメント・ボンド・インデックス―エマージング・マーケッツ グローバル ダイバーシファイド(円換算)の動きに連動させることをめざして運用を行う。

マネックス証券でiDeCo(イデコ)の口座開設をする場合

マネックス証券で口座開設をする
>>マネックス証券で口座開設する場合はこちら

イデコの銘柄で一番信託報酬が低かった証券会社は・・?

信託報酬が低い順で見ると、SBI証券のセレクトプランがいいというのはある程度予想はできていたのですが、マネックス証券がもほとんど遜色ありません。

PF組成割合 SBI
(オリジナル)
SBI
(セレクト)
楽天 マネックス
国内株式 10% 0.1728% 0.1512% 0.1728% 0.162%
先進国株式 40% 0.20412% 0.107892% 0.1696% 0.107892%
新興国株式 20% 0.3794% 0.20412% 0.5940% 0.20412%
先進国債券 20% 0.2268% 0.1512% 0.1836% 0.1512%
新興国債券 10% 0.5616% 0.2376% 0.5616% 0.2376%

やはり最近話題の「eMAXIS Slim 」シリーズは信託報酬の低さが際立ちます。
あとは信託報酬の低さでみれば楽天証券が意外に振るわなかった印象です。

まあ、いずれにしても金融機関選びはこれだけでは選択できない部分もありますが、一つの指標にはなりそうだなあ、ということが今回の検証で分かりました。

私自身はすでにSBI証券でiDeCo(イデコ)に加入しています。昨年時点ではオリジナルプランしかなかったのでそちらに加入済なのですが、セレクトプランが新設されたことにともない、プランを移行しようかどうか検討中です。

先日、SBI証券と三菱国際UFJ投信主催のブロガーMTGに参加してきました。オリジナルプランやセレクトプランの考え方について興味深い話が聞けましたのでこちらの記事でまとめています。

あらためてですが、この記事で検討したポートフォリオ及び銘柄は、推奨をしているというものではありません。

いってしまえば、信託報酬の低い海外株式100%という選択肢もあるわけです。そのあたりはご自身のリスク許容度などを鑑みながらご検討ください。

おすすめ3証券会社の中からiDeCo(イデコ)の資料請求をする

おすすめ1位「マネックス証券」
マネックス証券 iDeCo

マネックス証券はeMAXIS Slimシリーズを含む手数料の低い投資信託を多数ラインナップしています。

また、見落としがちなiDeCoの運用資金を受け取る時の選択肢も多く、おすすめNo.1の証券会社です。

おすすめ度  おすすめNo.1
手数料  金融機関独自の手数料が0円
信託報酬  信託報酬の低い投資信託を多数ラインナップ
受取時の選択肢  一時金、年金、併用方式の3つ

マネックス証券公式ページ >> 

イデコならマネックス証券の理由
イデコの口座開設をするならマネックス証券がイチオシの理由。商品はどう選ぶ?イデコの口座開設をしようと思っているけど、どこの証券会社にしようか迷っている方へ。おすすめの証券会社はマネックス証券です。理由は5つ。口座開設までの流れを含めて解説します。...
おすすめ2位「SBI証券」
【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

SBI証券はネット証券最大手で安定感があります。

証券会社選びのポイントである手数料や信託報酬など高いレベルの水準となっており、おすすめ証券会社の1つです。

オリジナルプラン、セレクトプランの2種類ありますが、セレクトプランは信託報酬の低い投資信託がそろっており、おすすめです。

おすすめ度  おすすめNo.2
手数料  金融機関独自の手数料が0円
信託報酬  セレクトプランは信託報酬の低い銘柄多数
受取時の選択肢  一時金、年金方式の2つ

SBI証券公式ページ >>

SBI証券でiDeCo(イデコ)の口座開設をするメリット
SBI証券でiDeCo口座を開設するメリット。資料請求の手順は?SBI証券でiDeCo(イデコ)口座を開設しようかどうか迷っている方へ。セレクトプラン・オリジナルプランはどちらがいいのかも迷いますよね。実際にSBI証券で運用を行う私が、SBI証券でiDeCo口座を開設するメリット・デメリットや、おすすめのプラン、資料請求の方法についてまとめています。...
おすすめ3位「楽天証券」
楽天証券 401K用プログラム
楽天証券も近年人気のある証券会社の1つです。

投資家にも人気の高い楽天バンガードシリーズの投資信託を取り扱っています。

iDeCo(イデコ)専用の質問チャットを設けるなど、サポートも充実しています。

おすすめ度  おすすめNo.3
手数料  金融機関独自の手数料が0円
信託報酬  楽天・バンガードなど人気の投資信託あり
受取時の選択肢  一時金、年金、併用方式の3つ

楽天証券公式ページ >>

iDeCo(イデコ)おすすめの証券会社に関する記事

iDeCo(イデコ)金融機関の選び方
イデコの金融機関はどこがいい?私がSBI証券を選んだ理由iDeCo(イデコ)を始めようと思ったらまず壁にぶつかるのが金融機関選びです。iDeCoを取り扱っている金融機関は約160もあり、このなかからどうやって選べばいいのか苦労してしまいます。今回は金融機関を選ぶポイントを解説していきます。...
iDeCo(イデコ)おすすめ金融機関
イデコ(iDeCo)おすすめの金融機関・商品比較。デメリットから検証する「イデコ おすすめ 金融機関」で検索すると、おすすめ第1位はだいたいSBI証券だと思います。でもSBI証券のデメリットってないんでしょうか?実際SBI証券でiDeCo(イデコ)を開設した私がデメリットを含めた検証をします。結論としてはマネックス証券の方がよかったのでは?というところです。...