iDeCo(イデコ)

【徹底解説】iDeCo(イデコ)とは?シミュレーションを通して全体像を把握しよう

イデコとは?

こんにちは。FP2級のうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

iDeCo(イデコ)とは?といわれてパッと説明できる方は多くないかもしれません。

iDeCo(イデコ)ってお得な制度らしいよ。

ということは言えても、何がどう、具体的にお得なのか。メリットばかり強調されるけどデメリットってないの?と思われる方もいるでしょう。

この記事ではiDeCo(イデコ)のメリット、デメリット、そしておすすめの金融機関や銘柄選びのポイントまでを各種シミュレーションを通して網羅的にまとめています。

詳しく知りたい方は、各項目にリンクをつけていますので、リンクをたどってみてください。

●おすすめ証券会社でiDeCo(イデコ)の資料請求をする【厳選3証券会社】

SBI証券|口座開設数No.1。私も口座開設をしています。
→■SBI証券でiDeCoの資料請求をする場合はこちらから

マネックス証券|信託報酬が低い投資信託がそろっています
→■マネックス証券でiDeCoを開設する場合はこちらから

楽天証券|無料セミナーなどサポートも充実
→■楽天証券でiDeCoを開設する場合はこちらから

iDeCo(イデコ)とは?

iDeCo(イデコ)とは個人型確定拠出型年金の愛称で、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の1つです。

最近でこそ「イデコ、イデコ」とよく耳にしますが、もともとアメリカで導入されていた「確定拠出型年金401Kプラン」を手本にしていて、日本では2001年から導入されているものです。日本版401Kという名称はご存じの方も多いと思います。

iDeCo(イデコ)は何の略?と思ったら、厚生労働省のサイトに選定理由がのっていました。

■選定理由:
英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表している。

また、「i」には「私」という意味が込められており、自分で運用する年金の特徴を捉えていること。

「イデコ」は親しみやすい響きで、小文字と大文字の交互の組合せが、スタイリッシュでおしゃれな印象を与えること。

とにかく重要なのは「i」=私=自分で というメッセージですね。

iDeCo(イデコ)は自分で決めた額をコツコツと積み立てて運用し、60歳以降に受け取る年金です。

年金なんですよ(大事だから2度いいました)

積み立てる額を自分で決めて、自分で運用方法を選んで運用するというのがポイントです。

なぜ自分で年金を運用するのか?

年金をなぜ自分で?

漠然と年金だけでは将来の生活費が足りなくなるかも・・・と思っている方は多いと思います。

足りない分を補うために設計された制度がiDeCo(イデコ)なんですね。

実際に将来いくらくらい生活費が足りないのか?というのは以下の記事でまとめています。

人生100年時代の年金
「人生100年時代」とは?その意味。年金だけでは生きていけない!?人生100年時代というフレーズは最近よく聞きます。長生きできてうれしい反面、どうやって生活していこうか?という不安をお持ちの方もいるかもしれません。実際、年金生活で生きていけるのでしょうか?...

iDeCo(イデコ)のメリット

iDeCo(イデコ)のメリット

iDeCo(イデコ)は公的年金の不足を補うものなので、様々な税制優遇がされています。メリットは以下の3点です

①掛金が全額所得控除(節税)
②運用益が非課税
③受け取る時も大きな控除がある

以下簡単にメリットについてご説明します。

iDeCo(イデコ)のメリット(1) 掛金が全額所得控除(節税)

働いている人は、基本的に所得税と住民税を払っていると思います。
(所得税が発生しないような働き方をしている方※パートタイムの方などは除く)

iDeCo(イデコ)に加入すると、掛金年収に応じて、所得税と住民税が少なくなる、というのが1つめのiDeCo(イデコ)のメリットです。いわゆる節税と言われるものです。これが一番実感しやすいメリットでもあります。

具体的にシミュレーションしてみましょう。

30歳から60歳までこの掛金2万円/月で積立てた場合のシミュレーションしてみます。

シミュレーションはiDeCo(イデコ)公式サイトでできます。

年収500万円の場合

iDeCo(イデコ)による節税額は所得税と住民税を合わせて年間48,000円です。これが30年間なので、合計144万円の節税額になります。

年収500万、掛金2万円/月の節税シミュレーション年収500万、掛金2万円/月の節税シミュレーション

iDeCo(イデコ)の節税メリットについては、さらにこちらで詳しく考察しています。

イデコは所得控除のインパクト大。還付額でありがたみを実感イデコを検討しているけどちょっと躊躇している方へ。iDeCo(イデコ)のメリットは3つあるといわれています。その1つが「掛金が全額所得控除」されることです。どのくらい税金が減るのかシミュレーションしてみます。結構びっくりすると思いますよ。...

iDeCo(イデコ)のメリット(2) 運用益が非課税

運用益が非課税というのは投資になじみがないと分かりにくいかもしれません。

通常、投資をして利益が出ると(利益を確定すると)利益に対して20.315%の税金が課されます。

例えば10万円投資をして、1万円の利益が出たら(利益を確定したら)、1万円に対して約20%、つまり約2,000円が税金として差し引かれます。手元に残る利益は約8,000円です。

課税イメージ課税イメージ

iDeCo(イデコ)ではこういった税金がかかりません。これが「運用益が非課税」のメリットです。

実際に運用益ってどのくらいでるのでしょうか?こちらもシミュレーションしてみたいと思います。

掛金2万円/月で、30年間積み立てた場合を想定します。利回りは、3%の場合を想定します。

単純に投資をせずに月2万円を30年間積み立てていった場合は720万円になります。つまりこれが元本ですね。

利回り3%の場合

掛金2万円/月、年利3%で運用できた場合のシミュレーション掛金2万円/月、年利3%で運用できた場合のシミュレーション

元本720万円に対して、運用収益が445.5万円となります。元本と収益の合計は1,165.5万円となります。

通常の投資の場合、445.5万円に対して約20%の税金が課税されますので、約89万円が税金で引かれることになりますが、iDeCo(イデコ)はこの部分が非課税になります。

さらに詳しく、運用期間と掛金に応じたシミュレーションを以下の記事でしていますのでご覧ください。

iDeCo(イデコ)運用益非課税
iDeCo(イデコ)の運用益非課税メリットとは?掛金別シミュレーションiDeCo(イデコ)は運用益が非課税だと言われていますが、イマイチピンとこないかもしれません。そこで掛金、運用期間別にシミュレーションをしてみました。...

iDeCo(イデコ)のメリット(3) 受け取る時も大きな控除がある

iDeCo(イデコ)受取時の大きな控除

この3つ目のメリットがとっても分かりにくいと思います。

「受取時の大きな控除」というのは、例えばiDeCo(イデコ)で運用した資金を一時金として引き出すときに、税金がかからない、もしくは大部分が控除されて、課される税金が少なくすむ、というものです。

iDeCo(イデコ)の運用資産の受け取りは原則60歳になってからです。

なんだ先の話か。と思われるかと思いますが、きちんと考えて受け取り方法を選択しないと、メリット①や②の税金が浮いた分の大半が相殺されてしまうことにもなりかねません。

iDeCo(イデコ)の出口戦略とよく言われているものですが、知っているのと知らないのとではだいぶ違うと思います。

ただし、かなりややこしいので詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

iDeCo(イデコ)おすすめ金融機関
イデコ(iDeCo)おすすめの金融機関・商品比較。デメリットから検証する「イデコ おすすめ 金融機関」で検索すると、おすすめ第1位はだいたいSBI証券だと思います。でもSBI証券のデメリットってないんでしょうか?実際SBI証券でiDeCo(イデコ)を開設した私がデメリットを含めた検証をします。結論としてはマネックス証券の方がよかったのでは?というところです。...

iDeCo(イデコ)は誰が加入できる?

iDeCo(イデコ)は基本的に20歳以上60歳未満の全ての人が加入できるようになっています。

年間で拠出(投資)できる金額は職種によって上限が決まっており、以下の図の通りです。

職業によって掛け金上限が変わります職業によって掛け金上限が変わります

自営業者(第1号被保険者)は上限6.8万円/月
会社員または公務員(第2号被保険者)は1.2万円~2.3万円/月
主婦または主夫(第3号被保険者)は2.3万円/月

となっています。

職業別の掛金と、掛金ごとの資産シミュレーションについては以下に詳しくまとめているのでぜひご覧ください。

iDeCo(イデコ)の拠出額上限は?年収によって節税額が変わる?iDeCo(イデコ)は職業によって拠出額(掛け金)の上限が違うのを知っていましたか?また、iDeCoのメリットの一つに「節税」がありますが、年収によっても節税額が変わってきます。このあたりをシミュレーションしてみました。...

また、iDeCo(イデコ)加入者の掛金平均は1.6万円/月とのことです。職種別の掛金平均については以下にまとめています。

iDeCo(イデコ)の掛け金平均は?
iDeCo(イデコ)の掛け金の平均は1.6万円?【職業別に見る】iDeCo(イデコ)の掛け金をいくらにするか結構迷いますよね?加入者全体の掛け金平均は1.6万円です。では職業別にに見るとどうでしょうか?第1号、第2号、第3号被保険者別に掛け金の平均値について解説しています。...

iDeCo(イデコ)にデメリットはないのか?

iDeCo(イデコ)のデメリットとは

メリットばかり強調されると、逆に大丈夫なのか?と思ってしまうのが人間の心理ですよね。

iDeCo(イデコ)はデメリットとして、以下のことが言われています。

(1)原則60歳まで資金を引き出せない
(2)運用を自分でしなければならない。元本保証ではない。
(3)手数料がかかる

(1)に関しては公的年金を補完するものとして制度設計されている以上、個人的には仕方がないのかなと思っています。

(2)に関しては投資はそういうものだ、と言われればその通りかなという感じもします。どうしても元本保証ではないと怖いという方の場合には元本確保型の商品も一部ありますので、節税のメリットだけ享受する、という方法もアリかもしれません。

(3)は確かに少し考えないと損をしますので、シミュレーションしてみましょう。

iDeCo(イデコ)の手数料シミュレーション

iDeCo(イデコ)は口座を開設するとき、そして運用するときにも手数料が掛かってきます。
口座開設の時は最低でも2,777円、そして金融機関によっても異なりますが、運用手数料は1カ月167円+αです。

αの部分が重要で、0円のところから数百円のところまで様々です。必ず0円の金融機関を選ぶのがポイントです。

毎年167円×12か月=2,004円は必ず最低でも手数料がかかります。月々5,000円の掛け金だとすると、掛け金に対する手数料の割合は3.3%です。

これが仮に+αの部分が100円だったとしたら、掛金が5,000円/月だった場合、手数料の割合は5.3%となります。下手をすると、資産が目減りしていくことも考えられます。

なので、手数料は重要です。

iDeCo(イデコ)のデメリットについてはこちらでまとめています。

iDeCo(イデコ)デメリット
iDeCo(イデコ)のデメリット・注意すべきこと【意外な落し穴】イデコに加入したいと思っているけどデメリットが気になる方へ。メリットが多く協調されるiDeCo(イデコ)ですが、デメリットはないのでしょうか?実は分かりにくいのですがきちんと考えないとデメリットになりかねないことがあるのです。...

iDeCo(イデコ)にどうやって加入する?

iDeCo(イデコ)金融機関の選び方

iDeCo(イデコ)のメリット・デメリットについて把握して、さあiDeCo(イデコ)をはじめようと思ったら、次にぶつかる壁が金融機関選びです。

金融機関の選び方ですが、基本的には以下の3つがポイントになります。

(1)手数料の安さ
(2)投資信託の信託報酬の低さ
(3)投資信託のラインナップ

です。これにもう1点、加えなくてはならないのが、

(4)受け取り方法の選択肢の多さ

です。受け取り方法の選択肢の多いことが重要だというのは上の「iDeCo(イデコ)のメリット(3)受け取る時も大きな控除がある」で書いた通りです。

また、手数料は上で検証したように、月々の手数料の167円+αのα部分が0円であることがポイントです。

結論としては、マネックス証券が個人的にはおすすめです。理由は以下の通りです。

・手数料が安い(+αの部分が0円)、
・投資信託の信託報酬の低い
・投資信託のラインナップも充実
・受け取り方法の選択肢も3つ全部ある

※再度のご案内となりますが、自分はSBI証券です(笑)なぜなら、加入するときに(4)のメリットデメリットを把握していなかったからですね。

マネックス証券については以下の記事でメリットをまとめています。

イデコならマネックス証券の理由
イデコの口座開設をするならマネックス証券がイチオシの理由。商品はどう選ぶ?イデコの口座開設をしようと思っているけど、どこの証券会社にしようか迷っている方へ。おすすめの証券会社はマネックス証券です。理由は5つ。口座開設までの流れを含めて解説します。...

また、以下の記事ではおすすめ金融機関を比較していますので是非ご覧いただければと思います。

iDeCo(イデコ)おすすめ金融機関
イデコ(iDeCo)おすすめの金融機関・商品比較。デメリットから検証する「イデコ おすすめ 金融機関」で検索すると、おすすめ第1位はだいたいSBI証券だと思います。でもSBI証券のデメリットってないんでしょうか?実際SBI証券でiDeCo(イデコ)を開設した私がデメリットを含めた検証をします。結論としてはマネックス証券の方がよかったのでは?というところです。...

iDeCo(イデコ)に加入するだけであれば、おすすめの証券会社は、マネックス証券SBI証券or楽天証券

の順番です。なんかこれだけ見るとSBI証券と楽天証券が悪いように見えますが、全然そんなことはありません!

現在、約160の金融機関がiDeCo(イデコ)を取り扱っているんですね。その中のトップ3が「マネックス証券」「SBI証券」「楽天証券」で、その中で優劣をつけるなら、マネックス証券がいいかなという感じです。

まあ、私はSBI証券ですけどね(2度目)

マネックス証券 iDeCo

iDeCo(イデコ)の口座開設をする方法

どの証券会社も、基本的な流れは以下の通りとなっています。まず「資料請求」をするのが最初のステップです。

書類請求→必要書類を返送→手続き完了→掛金の引き落としがスタート

マネックス証券

加入手続きの流れから、「iDeCoの申込書請求」で資料請求ができます。

→マネックス証券でiDeCoの資料請求をする場合はこちらをクリック

SBI証券

意外と簡単!?「5ステップ」の新規加入手続き方法から「今すぐ資料請求」で資料請求ができます。

→SBI証券でiDeCoの資料請求をする場合はこちらをクリック

楽天証券

申込書請求をする(無料)」から資料請求ができます。

→楽天証券でiDeCoの資料請求をする場合はこちらかをクリック

大和証券

特に触れていませんでしたが、大和証券も+αの手数料が0円で上の3社と条件は同じです。商品ラインナップや信託報酬はネット証券に及びませんが、見劣りするレベルでもありません。大和証券の強みは、店舗で相談しながら申し込みができる点でしょう。ネットで不安な方は大和証券を検討してもいいかもしれません。

ダイワのiDeCo Webで資料請求」ボタンから資料請求ができます。

→大和証券でiDeCoを開設する場合はこちらをクリック

iDeCo(イデコ)運用商品の選び方

iDeCo(イデコ)運用商品の選び方

一難去ってまた一難。金融機関を選んだら、運用商品を選ばなければなりません。

運用商品の選び方ですが、何の方針もないまま、ただやみくもに選ぶのは、はっきり言って無理があります。

iDeCo(イデコ)の運用商品のメインは投資信託になりますが、投資信託もいろいろな特徴を持った投資信託があります。ざっとその特徴で分けると、

株式型/債券型
国内型/先進国型/新興国型

といった具合です。国内×株式や国内×債券、先進国×株式・・・といった組み合わせなどがあり、これらを組み合わせたバランス型の投資信託もあります。

もう全然わからないですよね。

ただし、重要なのは、運用商品をいきなり選び始めるのではなく、「運用方針」を決めることです。

運用方針の決め方については以下の記事でまとめています。

銘柄選びmain
iDeCo(イデコ)の銘柄の選び方【まず運用の目標額を決めよう】iDeCo(イデコ)を始めようと思っても、何に投資していいか迷いますよね。やみくもに選ぶよりは、ある程度方針を決めたうえで投資する銘柄を選びましょう。銘柄の選び方について、ステップごとに解説していきます。...

iDeCo(イデコ)とは?まとめ

iDeCo(イデコ)とは?

だいぶ長くなりました。逆に言えば、それだけ考える必要がある制度であるとも言えます。

将来設計、年金のこと、ライフプランetc…私自身、iDeCo(イデコ)に加入するときにそこまで考えたか?と言われると嘘にはなります。ただし、自分の将来のことを真剣に考えないといけない。と思ったのは事実です。

iDeCo(イデコ)に加入することでだんだんと見えてきたこともありますし、ライフプランを見直すきっかけにもなりました。

そういった意味ではiDeCo(イデコ)はただ単にお得かも?と思って加入するためのものだけではないのかもしれません。

ある意味、国から「自分で自分の将来のことを真剣に考えた方がいいですよ。」というメッセージだと受け止めておくことが重要です。

ちょっと重いですね。

まあ、基本的に私は人生何とかなると思っている人間なので将来を悲観していません。なんとかなるでしょう。

あなたも、これからの人生を見直すきっかけだと思って、イデコの検討をしてみてはいかがでしょうか?

おすすめ3証券会社の中からiDeCo(イデコ)の資料請求をする

おすすめ1位「マネックス証券」
マネックス証券 iDeCo

マネックス証券はeMAXIS Slimシリーズを含む手数料の低い投資信託を多数ラインナップしています。

また、見落としがちなiDeCoの運用資金を受け取る時の選択肢も多く、おすすめNo.1の証券会社です。

おすすめ度  おすすめNo.1
手数料  金融機関独自の手数料が0円
信託報酬  信託報酬の低い投資信託を多数ラインナップ
受取時の選択肢  一時金、年金、併用方式の3つ

マネックス証券公式ページ

イデコならマネックス証券の理由
イデコの口座開設をするならマネックス証券がイチオシの理由。商品はどう選ぶ?イデコの口座開設をしようと思っているけど、どこの証券会社にしようか迷っている方へ。おすすめの証券会社はマネックス証券です。理由は5つ。口座開設までの流れを含めて解説します。...
おすすめ2位「SBI証券」
【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

SBI証券はネット証券最大手で安定感があります。

証券会社選びのポイントである手数料や信託報酬など高いレベルの水準となっており、おすすめ証券会社の1つです。

オリジナルプラン、セレクトプランの2種類ありますが、セレクトプランは信託報酬の低い投資信託がそろっており、おすすめです。

おすすめ度  おすすめNo.2
手数料  金融機関独自の手数料が0円
信託報酬  セレクトプランは信託報酬の低い銘柄多数
受取時の選択肢  一時金、年金方式の2つ

SBI証券公式ページ

SBI証券でiDeCo(イデコ)の口座開設をするメリット
SBI証券でiDeCo口座を開設するメリット。資料請求の手順は?SBI証券でiDeCo(イデコ)口座を開設しようかどうか迷っている方へ。セレクトプラン・オリジナルプランはどちらがいいのかも迷いますよね。実際にSBI証券で運用を行う私が、SBI証券でiDeCo口座を開設するメリット・デメリットや、おすすめのプラン、資料請求の方法についてまとめています。...
おすすめ3位「楽天証券」
楽天証券 401K用プログラム
楽天証券も近年人気のある証券会社の1つです。

投資家にも人気の高い楽天バンガードシリーズの投資信託を取り扱っています。

iDeCo(イデコ)専用の質問チャットを設けるなど、サポートも充実しています。

おすすめ度  おすすめNo.3
手数料  金融機関独自の手数料が0円
信託報酬  楽天・バンガードなど人気の投資信託あり
受取時の選択肢  一時金、年金、併用方式の3つ

楽天証券公式ページ

iDeCo(イデコ)おすすめの証券会社に関する記事

iDeCo(イデコ)金融機関の選び方
イデコの金融機関はどこがいい?私がSBI証券を選んだ理由iDeCo(イデコ)を始めようと思ったらまず壁にぶつかるのが金融機関選びです。iDeCoを取り扱っている金融機関は約160もあり、このなかからどうやって選べばいいのか苦労してしまいます。今回は金融機関を選ぶポイントを解説していきます。...
iDeCo(イデコ)おすすめ金融機関
イデコ(iDeCo)おすすめの金融機関・商品比較。デメリットから検証する「イデコ おすすめ 金融機関」で検索すると、おすすめ第1位はだいたいSBI証券だと思います。でもSBI証券のデメリットってないんでしょうか?実際SBI証券でiDeCo(イデコ)を開設した私がデメリットを含めた検証をします。結論としてはマネックス証券の方がよかったのでは?というところです。...